FC2ブログ

北の国では

昨日まではこの街らしくない梅雨空だったという
今朝も町は晴れていたのに
山の中腹には濃い霧が立ち込めていた

2018071759612.jpg

「出来れば静かなラベンダー畑が見たいけど無理かしら」
いつも控え目なあの女性のリクエストだからこそ
ぜひ応えてあげたくなった

2018071746342.jpg

そもそもは新しいホテルの竣工式があったからというのが
この街に来た理由だった
「7月の中旬はラベンダーのハイシーズンですから
    よろしければどなたかとご一緒にいかがですか?」
ホテルの支配人の一言でこの女性を連れてくることを決めた

2018071754732.jpg

「人のいないラベンダー畑は早朝しかないですね」
予約をしたタクシーのドライバーはそう言った
「何時にスタートすればいい?」
「午前4時ですね」
なので、昨夜はあの女性とはキスしか交わしていない
ラベンダーの香りのシーツはだから一層悩ましかった

2018071755972.jpg

「霧がなければもっと良かったですね」
「ううん こんな景色きっと二度と見ることができないもの」
俺の隣でこの女性は静かに首を横に振る
「霧に包まれて香りを纏っているようだわ」
白い肩にラベンダーの薄いストールを見た気がする

2018071792892.jpg

揺れる花穂
飛び交う虫たち
密やかなここだけの交歓
肩を引き寄せたくなったが
それ以上を我慢する自信が今はない

2018071797212.jpg

「ショップは開いて・・・いるわけがないわね
                  ごめんなさい」
「いいえ 気に入ったのなら
              後でまた来ましょう」
思い出以上のものを欲しがったことがないこの女性に
何をプレゼントしようか・・・今から楽しみになった


梅雨の間に

約束した日は珍しく雲の厚い朝だった
御堂の傍らには石仏たちが肩を寄せ合い
祈りを込めた結び紐が
御堂の中を虹色に染める



「晴れていたらもっと綺麗だったかもしれないわね」
手を合わせる横顔に雲の切れ間から
差し込む日差しが彩りを添えてゆく
「客殿で一休み、いかがですか?」
長い車移動の気分転換に
インスタグラムで人気だという
ここに立ち寄ってみた

201805281229.jpg

目玉はここの客殿だという
流行に敏感な男を演出したくて連れてきたわけではない
それでも、平日の朝早く 
この時間なら物見高い観光客も少ないだろう
そのぐらいのことは考えていた

201805281317.jpg

『そこまで頑なに考えなくてもよろしいのやおへんか』
天井画から夏の装いの舞妓さんがそっと囁く
「猪目窓のお寺さんてこちらだったのね
 雨が上がったのかしら
 外が明るいこと」
明るい緑の窓の景色が彼女の目を引く

201805281275.jpg

「今日はこの後結婚式の前撮りの方がっ・・・・」
お寺の方が息を飲むのがわかる
猪目窓の前で
艶やかに立ち尽くす彼女の唇を
貪るように奪った


紫陽花の道

梅雨に入るにはまだ少し間がある涼やかな日
初めて川沿いの紫陽花の小道を見つけた

  201805282187.jpg

日差しを遮るほどの大樹はない
そのせいだろうか
早咲きの紫陽花の花色が他所よりも
鮮やかさを増していた

201805282363.jpg

「幕末の歴史好きな方なら
        きっと喜ばれるでしょうね」
「あまりお好きではないですか?」
「わたくしは同じ歴史でもものづくりの皆様の
        歴史の方に興味がありますわ」
ふふふ と微笑むこの女性の目指す場所は
もう少し先に見えるはずだ

201805282404.jpg

ゆらりゆられて
差しつ差されつ
いつかこの柔らかな肌を腕の中に
そんな時間を夢見たくなる場所

  201805282609.jpg

歴史の英雄たちと重ね合わせた
男のロマンなどという安っぽい言葉は
この女性の前では使いたくはない

青紅葉の部屋

桜の季節の後、数週間だけ楽しめる景色を求めて
ここに足を運んだ

  201804302607.jpg

歴史ある建物と庭園の全てが柔らかな緑に染まる

  201804302449.jpg

一足ごとに静けさと青紅葉に溶け込んでゆく
隣にそっと佇む男性とともに

言葉を交わさなくても触れる指先で想いが伝わる

  201804302473.jpg

そのひと時を堪能する
優しく触れる腕に
時折耳たぶにかかる吐息に

  201804302615.jpg

洛中を避けて

この時期あの女性がここにいるのはわかっていた

私の町家があるのをわかっていても
宿を取りにくいこの時期であっても
いつも決して甘えてきたりはしない

201804019920.jpg

例年より4日ほど早く見頃が訪れた桜花
きっと一人で楽しむには足が必要だと思って
桜が盛りの社で待ち合わせをした

201803314770.jpg

人で溢れかえる洛中を避けても
今年は楽しむ桜に事欠くことはない
宇治の地で紅枝垂のシャワーを浴びるあの女性の
横顔を見つめるうち午後の陽は落ちていった

201804011733.jpg

「お食事はやっぱり洛中ですのね」
まるで意地を張るかのように街中に戻らなかった
私と望月にゆったりと微笑みかける
その頬は春にしては強すぎる日差しに
ほんのり赤く染まっていた

今夜の肌に刻まれる縄痕を想い少し昂った