FC2ブログ

夢のかよひ路 1

ゲストハウスを出て国道へ向かう駐車場に、ブラックボディのセルシオはひっそりと停まっておりました。
その車と運転手を見た時にはじめてわかったのです。
今夜、あの石塚さんがわたくしのランジェリーを丁寧に扱ってくださったことや、最後の絶頂をわたくしの中で逝かれなかったことの理由が。

「祥子様、お迎えに上がりました。」
そういって、微笑んだのはいつもよりもずっとカジュアルなジャケット姿の望月さんでした。
「ありがとうございます。」
あらっ・・いいわね・・・ 黒塗りのセダンへ向かうわたくしに、周囲の羨望の眼差しと囁き声が投げかけられたのはわかっておりました。
その眼差しが高級車にではなく、後部座席のドアを開けた若くて素敵な男性の存在のせいであることも充分に理解しておりました。
こんな風に注目した方達の口から『でも、あの方パーティの間お見かけしなかったわね。』・・・なんていう意地悪な言葉が出る前にと、わたくしはまるで当然のことのように、心地良く冷やされた空気が流れ出る革のシートに身を沈めたのです。
バァゥッ・・・ リアドアを閉めると、望月さんは右の運転席のドアへと向かいます。
フロントガラスを横切る彼の姿さえ、ついわたくしは眼で追ってしまいます。
「お久しぶりです。お送りいたします。」
シートベルトを閉めると、望月さんはルームミラーごしにわたくしに声をかけてくださいました。
いつものように、ビジネスライクなほどに最低限の丁寧な言葉遣いで。
「わたくしの方こそ、ご無沙汰してしまって。お元気でしたか?」
「はい、おかげさまで。お気遣いありがとうございます。」
望月さんのアクセルワークはいつものとおりです。
滑るように車を発進させ、ブレーキも的確に、乗っているわたくしが些細なGを感じることさえないように細心の注意を払ってくださるのです。
たとえ、今夜のようにリアシートにわたくし1人だけだったとしても。

「今日は美貴さんはどうなさったの?」
「いまはNYに行っております。」
「そうなの。あちらもサマーバケーションのシーズンですのに、お忙しいのね。でも、ご一緒に行かれてないなら望月さんは夏休みの最中ではなかったんですか?」
「いえ、1週間ほど前に石塚様からご連絡があってお迎えに上がる様に指示されてました。お迎えに上がるのが祥子様なら、喜んでいつでもうかがいます。」
「ごめんなさいね。せっかくのお休みでしたのに。」
「祥子様は、美貴がいない車に私の運転で乗るのは、お嫌ですか?」
「ふふふ、何を言うの。」
わたくしは、花火帰りの群衆で渋滞を始めた通りを窓越しに見つめたのです。
「望月さんが迎えにきてくださって嬉しいわ。こうして二人きりでドライブなんて、お正月の時以来ね。」
「憶えていてくださいましたか、祥子様。」
「ええ、忘れる訳はないわ。だからあなたも思い出して。」
「何をでしょう。」
車はストップ&ゴーを繰り返しながら、ゆっくりと進んでゆきます。
こういった状況が、運転手として最も気を使わなくてはならない時だということは、わたくしにもわかっておりました。
だから、焦らさないで答えを教えてあげることにしたのです。
「あのとき約束したでしょう。二人きりの時は<様>なんて使わないでって。」

夢のかよひ路 2




美貴さん・山崎さん・石塚さんの3人の男性に招かれた雪の別荘での滞在は、予定よりも1日延びてしまいました。
それは、31日の夜から2日の明け方まで続いた淫らな戯れのせいでした。
4人、いいえ5人の男性からかわるがわるに趣向を凝らして求められる行為は、わたくしの身体を想像以上に消耗させていたからです。
1月2日の一日。
わたくしは望月さんの腕の中で、午後のお茶の時間になるまで微睡み続けておりました。
目覚めてからは暖炉の前で、望月さんのいれてくださった香り高い紅茶を前に、3人の男性ととセクシャルな香りのない、互いを知るための大人の会話を楽しみました。簡単な自己紹介やお仕事のことなど・・・わたくしはこの日の夕餉までの短い時間に、はじめて聞かせていただいたのです。

翌日の朝。
ご一緒に朝食をとった皆さんから、わたくし1人だけが望月さんの運転するセルシオで帰途につくことになったと聞かされたのです。
「祥子さんと一緒に車の中なんていう密室で寄り添っていたら、また我慢できなくなりそうだからね。ははは・・・」
そう言って笑われたのは、石塚さんでした。
「皆さんはどうされるのですか?」
1台の車を1人で占領してしまうことに気が咎めていたのです。
わたくしの表情に気付いてくださったのでしょう。山崎さんが、そっと教えてくださいました。
「結城くんが車を持ってきてくれます。あのレンジローバーで4人ならゆったりと帰れますからね。」
そう、レンジローバーの助手席とリアシートにお二人なら、窮屈な想いをすることなくお帰りになれるでしょう。
往路で・・・カーテンに閉ざされたリアシートの空間でわたくしの事をお二人で責め続けられた時よりも・・・ずっと。
「この二人が随分なことをあの車でしたと、望月から聞いています。同じ車で初対面の結城さんと二人きりで帰るのは気詰まりでしょう。」
美貴さんは、わたくしが別荘に着いたばかりの時の様子をご覧になってなどいないはずなのに、<結城さん>という名前を耳にして戸惑う気持ちをそのまま代弁してくださったのです。
「本当は、僕は一緒に帰りたかったんです。でもね、この二人に阻止されてしまったんですよ。」
「あら、構いませんのに。」
「ゆうべのあみだくじで負けちゃいましてね。」
ははははは・・・果たしてどこまでが本当で、どこまでが冗談なのでしょうか。
確かに、美貴さんだって二人きりでいてずっと紳士でいてくださるとは限りません。
彼らに求められるままに激しい行為に応えて、少し窶れたわたくしを気遣っての、帰路の車の割り振りでした。

今朝、目覚めた時。
ベッドルームには太番手のシルクで柔らかく編まれた黒のニットワンピースと、裏地に鮮やかなオペラピンクのタフタが使われたヌートリアのショートコートが用意されておりました。
黒のリバーレースをオペラピンクでトリミングしたスカラップが美しいランジェリーのセットが一緒に置かれてありました。
胸のラインがくっきりと浮かんでしまうワンピースのためのフルカップのブラとTバックとスリップ・・・そしてお揃いのガーターとシルクのストッキング。
たぶん美貴さんか山崎さんのご趣味なのでしょう。
上質でシンプルで美しい、わたくしも好きな装いでした。
お部屋に付いている温泉が引かれた岩風呂にゆったりと浸かり、身を清めてから身支度をしたのです。
ランジェリーはやわらかく起伏に満ちた肌に添い・・・身動きするたびにキシキシと甘縒りのシルク特有の糸音を響かせるワンピースは、さらっと滑らかな肌触りでわたくしを包んでくれたのです。

夢のかよひ路 3

「そろそろまいりましょうか。」
朝食のテーブルを片付け終えた望月さんが、暖炉の前のソファーで三人の方達とお話しをしていたわたくしの背後から声をかけてくださいました。
「多分軽井沢までは凍っていると思う。気を付けていってくれ。」
「はい」
別荘の主の石塚さんは幾度か冬にいらした経験からでしょう、そんなふうに望月さんにアドバイスをしていました。
「暖かくしていってくださいね。日差しはあるけれどこんな日は冷えますから。」
「ありがとうございます。」
玄関に用意されていたのは柔らかな革がふくらはぎをぴったりと覆う黒のロングブーツでした。ファスナーを引き上げたわたくしの肩に、山崎さんがヌートリアのショートコートを掛けてくださいます。
ドアを開けた玄関先のうっすらと雪に覆われた石畳を、滑らない様にと望月さんは手をかしてくださいました。
みなさんそろって・・・わたくしに対してはとても過保護なのです。大丈夫ですからと言っても、手を貸すことを止めはしないでしょう。
「よろしく頼む。」
「はい、畏まりました。」
美貴さんの声に頼もしく答えると同時にわたくしの手をほんの少しですが力を入れて握りしめたのです。
安心してください、大丈夫ですから・・・とでも言う様に。

まだ結城さんの運転するレンジローバーは別荘には来ておりませんでした。
この別荘に最初に着いた時に車を止めてくださったテラス側ではなくて、玄関の正面に黒のセルシオは暖気を済ませて停まっていたのです。
「寒いから、お部屋にいらしてくださいな。」
コートも羽織らずにシャツとセーターといったリビングでお話をしていたままの出で立ちで、3人の男性はお見送りにいらしていたのです。
「やぁ、大丈夫だよ。今朝は日差しがあたたかいからね。」
ご自身の微笑みが明るい太陽のような石塚さんは、一足先にセルシオにたどりつくと、わたくしの為にリアドアを開けてくださいました。
「ありがとうございます。」
革のリアシートに腰を下ろしたわたくしを確かめてから、望月さんは運転席に向かいます。
せっかく暖かくしてくださっている車内でしたが、お部屋に戻らない三人の方達のためにわたくしはパワーウインドウを下げたのです。
「また、東京でお逢いしましょう。」
「楽しみにしてますよ、いつでもあの店にいらしてください。」
「今度は僕がお誘いしますからね。」
口々に3人がおっしゃるしばしの別れの言葉と握手に、思いがけなくこの方達と過ごすことの出来た年末・年始の数日間のことを、あらためて嬉しく思い出していたのです。
「まいります。」
運転席から望月さんの声がいたしました。ルームミラーでわたくしにそろそろ・・・という視線を送ってらっしゃいます。
「それでは、失礼します。」
キッ・・ サイドブレーキを戻すと同時に柔らかく踏み込まれたアクセルを合図に、わたくしは開いた窓からひらひらと手を振って、雪の別荘と3人の男性にお別れをしたのでした。

「ごめんなさい、せっかく車の中を暖めておいてくださったのに。寒くなっちゃったわね。」
パワーウインドウを上げて、わたくしは羽織っていたコートを脱ぎました。
車内の空気は寒いというほどではなかったのですが、ニット越しに触れる肌には少し冷たかったのです。
石塚さんがおっしゃったように道は凍結しておりました。セルシオの車重がかかるたびパシっ・・・と軽く氷が割れる音がいたします。
「お気になさらないでください。コートが暑い様でしたらそちらにご用意したストールをお使いください。」
望月さんは慎重に・確実に運転をこなしながら、鏡の中のわたくしに答えてくれました。
「ありがとう。遠慮なく使わせていただきます。運転は大変でしょう。わたくしは大丈夫ですから気を遣わないでくださいな。」
「恐れ入ります。」
わたくしから見える望月さんの肩がふっと和やかにリラックスしたことがわかったのです。
望月さんは低く掛かっていたフルートを中心としたクラシックのインスツル・メンタルのボリュームをほんの少しだけ上げて、運転に集中しはじめたようでした。

夢のかよひ路 4

リアシートの中央は肘掛けの形に下ろされて、そこにはミネラルウォーターのペットボトルとエルメスのカシミアストールが用意されておりました。
深みのあるオペラピンクのストールを取り上げると、わたくしはすっぽりとワンピースの肩を覆ったのです。
窓越しの日差しは、かすかに流れてくる凍てつく空気とは反対に明るくあたたかでした。
そして肩を包む柔らかくて・暖かくて・軽い1枚の布は、車の振動と相まっていつのまにかわたくしを微睡みへと誘ったのです。

「祥子様・・祥子様」
わたくしは望月さんの声で、リアシートの肘掛けに凭れてぐっすりと眠りこんでしまっていたことにはじめて気付きました。
「ぁっ、ごめんなさい。眠ってしまってたのね。」
「申し訳ありません。よく眠ってらしたのに起こしてしまって。」
「いいえ。ここはどこ?」
「高坂SAになります。少し休憩なさいませんか。」
言われてみれば、随分な時間眠っていたようです。
朝食の後で彼が煎れてくれた珈琲が、わたくしを恥ずかしい生理的な欲求へと駆り立てていたのです。
「ありがとう。お言葉に甘えて、ちょっと化粧室に行ってまいります。」
「はい。」
すでにシートベルトは外していらしたのでしょう。すっと運転席から立たれると、回り込んでわたくしの席のドアを開けてくださいます。
「わたくしは、美貴さんじゃないのだからいいのに。」
外は、軽井沢とはまた違った強く冷たい風が吹いていました。ヌートリアのコートを着て車外に降り立ちながら、その風に紛れてしまわないようにわたくしは傍らに立つ望月さんの耳元にそっと囁いたのです。
「いえ、叱られますから。」
眼を見ることも無く、望月さんは独り言の様に呟くとわたくしが降りたあとのドアを閉めたのです。

わたくしの背後で車のドアがロックされる音が聞こえました。
途中、車が停められていれば気がついたことでしょう。わたくしが眠りこんだままだったということは、望月さんはずっと運転をしつづけていらしたのでしょう。
雪道の・凍る・峠道を。
頼もしく飼い主を守るゴールデンレトリバーのような彼の佇まい。
今日はリアシートから見つめるしかなかった彼の肩が、昨晩からわたくしを抱き続けていたせいだけでなく、気の張る運転でも堅く強ばってしまったのではないかと心配でした。

美貴さん・山崎さん・石塚さん・・・望月さん。
その4人の男性に、目覚めてから眠りに落ちるまでの20時間あまりを交互に責め・嬲られた後、わたくしは鏡張りのキングサイズのベッドの部屋で世話係だと言われて部屋に残された望月さんと二人きりでやすませてもらったのです。
わたくしの身体は、長時間の度重なる責めで想像以上に消耗しつくしておりました。
そのことをご存知だったせいもあるのでしょう。
望月さんはわたくしの身体を彼の腕の中にすっぽりと包んで、ベッドに横たわっても抱きしめる以上のことはなさらなかったのです。
恥ずかしがるわたくしの言葉通り入浴をご一緒することも遠慮してくれました。それでも、湯上がりの香りを漂わせる身体に寄り添い濡れたわたくしの髪を結い上げ、銘仙の着物を着せ付けてくださったりはするのです。
二人きりの部屋でそれほどに近くに居ても、彼はとうとうキスすらもせずにこの帰路へ付いたのです。

あの2泊3日は(実際は3泊4日になってしまいましたが)わたくしがいままでに体験したことがないほどに、官能的な時間でした。
だから・・・もしかしたら、望月さんはわたくしに飽いてしまっていたのかもしれません。
まるで20代の男の子の様にわたくしの身体を求めてくださる望月さんが、小鳥のようなキスすらなさらないのですから。

夢のかよひ路 5

化粧室で用を足し、車の中で寝乱れていた髪をサテンのリボンで首筋あたりに簡単にまとめてから出てまいりました。
目の前には、てっきり暖かな建物の中か車で待っていて下さると思っていた望月さんが、どなたかの飼い犬なのでしょう・・・ゴールデンレトリバーと戯れていたのです。
「お待たせしてごめんなさい。」
「あっ、祥子様。いえ、私の方こそこんなところで・・・。」
飼い主の方が戻ってこられたのでしょう。
ぶんぶんと尻尾を振っているレトリバーに、またな、と望月さんは明るく声を掛けて手を振っていました。
「かわいいわね。」
「はい。子供の頃から動物を飼うのを許してもらえなかったのでつい留守番をしている犬を見ると構いたくなってしまうんです。」
「わかるわ、その気持ち。」
「子供みたいですよね。」
はははは・・・無邪気に望月さんが笑います。
あのそれぞれに一流の男性達に囲まれていながら、それでも望月さんが卑屈になったり萎縮しているところをわたくしは見たことがありませんでした。
ただ、こうして明るい光の下で二人きりでいると、少しだけかもしれませんが無理に背伸びしていたのかがわかりました。
「ずっと運転していたのでしょう。疲れてない?」
「はい。いつものことですから、大丈夫です。」
朗らかな表情はそのままに、答えてくれます。わたくしは、ほっといたしました。

コートを着ているわたくしと違って、望月さんはジャケット姿のままです。そろそろ寒くなってきたころでしょう。
「あの、祥子様。」
車へと戻りかけたわたくしの背中へ、望月さんは声を掛けたのです。
「なぁに。」
振り返って見上げた彼の顔には、いつものしっかりしていて、頼もしくて堂々としてみせている彼にはない34歳という年齢のままの素直なはにかみが浮かんでおりました。
「祥子様は、明日はもうお仕事ですか?」
「いいえ、あと一日お休みなの。わたくしのお仕事は5日からだから。」
「あの・・・それでしたら」
思い切る様に、望月さんはわたくしをまっすぐに見つめました。
「今日一日を私だけに下さいませんか?」
答えもせず、わたくしはじっと彼を見つめ返したのです。
「お疲れでしょうから、無理はさせませんし、いたしません。どうか、二人・・」
わたくしは優しい望月さんの唇にもういいのよ・・・という気持ちを込めて左手の人差し指をそっと押し当てたのです。
「わたくしのお願いも聞いてくださる?」
コクコクと望月さんは首を縦に振るのです。
「二人きりの時は<様>なんてつけないこと。車の助手席に乗せて下さること。優しいキスをしてくれること。その3つを聞いてくださるなら、明日の朝送ってくださるまでご一緒するわ。」
「ありがとうございます。祥子さ・っ・」
ちゅっ・・・ わたくしは少し背伸びをして、いつもの様にわたくしを呼ぼうとする望月さんの唇を奪ったのです。
「だめ、祥子って呼んでくださらなくちゃ。」
「呼び捨てなんて出来ないです。祥子さん、でもいいですか。」
「ふふふ、しかたがないわね。」
「よかった。それじゃ、車に戻りましょう。」
望月さんが差し出してくださる逞しい腕に手を絡めて、ふたりはセルシオへと戻ったのです。