FC2ブログ

梅雨入りから・・・

爽やかな風と密度の高い湿度が交互に訪れる様になると、そろそろ梅雨入りを意識します。
雨の季節はちょっと憂鬱だけど淑やかに華やかな花達に囲まれる季節。
今年は凛とした美しさの漂う水辺にご一緒しましょうか?

P60363341.jpg


その菖蒲園があるのは実は山の中。
丁寧に整地された公園は、菖蒲の時期が終わると一株一株手作業で株分けをして翌年の花の時期を待ちます。
花の時期ではない数ヶ月間に、池は様々な意匠を凝らされてお客様の訪れを待つのです。
今年の八つ橋をイメージした水路も、カメラ越しに見ると花菖蒲にぴったりなロケーションに思えました。


P60360831.jpg


「その黄色い花は<愛知の輝>って言うんだよ」
何度かこの公園にカメラを持って出かけるうちに顔見知りになった公園の管理人の方が教えてくださいます。
「ちょっと地味だけどね。花だけでなく葉も明るいグリーンだから、この一角のいいアクセントになるだろ」
「そうですね。なんとなく菖蒲園というよりもイングリッシュガーデン風な感じですよね。花も低い位置で葉に埋もれる様にして咲いてますし。」
「綺麗な黄色の花なんだ。こんなに引っ込み思案じゃなければもっと目立つのになぁ」
「ふふふ 言われてみればそうなんですね。美人さんなのにもったいない」
「だよな。今日はたくさん咲いてるからゆっくり見て行ってくれな」
「はい♪ ありがとうございます」
会釈をした頭を上げた時には、管理人さんはもう次のコーナーに花殻を摘みに向かっていました。


P60362491.jpg


ゆっくりといくつかの池をつなぐ木道をゆくと、その先には睡蓮を取り囲んで植えられた花菖蒲があります。
そこから、公園の中の東屋まであと少しです。
「花菖蒲とかきつばたとあやめの違いを解りますか?」
丁度反対側の池の畔でネイチャーガイドの男性が、4人組の女性たちに説明をしています。
「花びらの枚数で決まるとか?」
「ええっそうなの?」
「でもこのガイドブックには3枚の花びらのものも、4枚のものも6枚のものも・・・みんな花菖蒲だって書いてあるわ」
「前に花の付け根の模様が編み目なのがあやめだって聞いたことがあるけど」
「そうですね。あやめは綾目といって編み目のような柄があるのが特徴とされています。」
すごいわ 流石に博識ね さとみさんたら物知りだから・・・
ほんの少しの妬みが含まれた賞賛が、さきほどの黄色の花菖蒲のような儚げな雰囲気の女性に浴びせられます。
それを照れくさそうに顔を伏せる風情までまさに、さきほど見た愛知の輝そのものです。
「花菖蒲と杜若の違いは葉の形状にあります・・・・」

ネイチャーガイドの方の声を遠くに、わたしは足許の花にカメラを向けます。
そうね・・・こんなに違って見えても同じ花菖蒲なのよね。
3片の花びらの凛とした花と、しなやかに6片の柔らかな花びらを広げるたおやかな花。
2種類の花が不思議な調和を池の端で繰り広げています。
その向こうの睡蓮も小さな花芽をもたげはじめているようです。

どちらの生き方をしても花菖蒲であることに変わりはないのよね。
どちらの生き方も出来るのね。 優しい睡蓮たちに見守られながら。


P60361581.jpg


東屋の脇、公園の丁度中程にはその先の池と公園を囲む森林を見守るように咲いている一株の花菖蒲がありました。
雨が落ちそうな不思議に明るい曇り空を映した池がただ一人そこにいる彼女を守っているようです。
「この花はね、今年株分けするんだよ」
たくさんの花殻を摘み終えた管理人さんが、いつのまにかわたしの隣にいらしていました。
花殻は集められて、花の汁を絞って、草木染めの材料になると以前に教えていただいたことを思い出しました。
「その先の池に来年はたくさんそれと同じ花が咲くよ。また来年も見においで」
わたしはどんな顔をして、この一輪を見ていたのでしょう・・・
「そうだったんですか。一株ぽつんと寂しそうだったけど、心配なかったんですね」
「あははは そんな風に見えたのか。大丈夫だよ。来年はこの池も賑やかにするからね」
「はい。でも・・・あの・・今年もまだあと何回か来てもいいですか?」
「あぁもちろん歓迎するよ。こいつらの綺麗な姿をたくさん撮ってやってくれ」
「はい♪」

そろそろ花菖蒲祭りのはじまる時刻なのでしょう。
来場者の数が続々と増え続けています。
今年も山の中の菖蒲園は盛況なようです。