FC2ブログ

ご紹介をいただきました♪

もう一人の祥子を描いてくださった<シフォンな手触り・・・Rosegarden of shouko>の作者でもあるmasterblue様。
今回はmasterblue様のブログにわたくしの電子書籍第一巻の販売画面に直接飛べるリンクを貼ってくださいました。

販売先で見つからない??って思っていらっしゃる方は、ぜひmasterblue様のブログにお立寄り下さい。
なお、スマートフォンのフォーマットだとリンクを見ることができません。
PCフォーマットで是非♪

     1302179343.jpg
春らしいお写真に♪ 遅い春にも薫り高く咲き誇る臘梅です。

第一巻追加配信先のご案内

3月1日より第一巻オペラピンクのランジェリーが下記のサイトから追加配信していただけることになりました。
お気に入りのサイトから、ピンク色の表紙を探してみてください。

検索のキーワードは、
書名:オペラピンクのランジェリー 
著者:加納祥子 
ジャンル:官能小説・恋愛・アダルト 
出版社:アットマーククリエイト
       のいずれかでヒットすると思います。

コンテン堂配信開始されました
ひかりTVブック配信開始されました
紀伊國屋BookWebPlus配信開始されました
GALAPAGOS STORE
セブンネットショッピング
漫画全巻ドットコム配信開始されました
NEOWING配信開始されました
BookPlace
BookLive 読むコレ配信開始されました
ブックパス
SonyReaderStore

なお、前回告知したのですが一度削除させていただいた、honto電子書籍ストア様からの配信も確認出来ました。
honto電子書籍ストア配信開始されました

ご紹介をいただきました♪

こちらのブログのわたくしのプロフィールや、作品中の艶めかしいイラストをプレゼントしてくださっているHAIREI様。
HAIREI様のブログで第一巻オペラピンクのランジェリーのご紹介をアップしてくださいました。
ありがとうございました♪
実は、電子書籍の奥付にあるわたくしのプロフィールイラストもHAIREI様のお作なのですよ。

HAIREI様はツイッターもなさっています。
よろしければ、一度HAIREI様のブログにお越しになってみてください。

     1302027955.jpg

咲き初めし梅の香に

小雪の舞う日が多いこの冬は
梅のつぼみもいつもより堅い

    1302027797.jpg

咲き初めた花の強い香りが放たれているはずなのに
隣を歩く女性の薫りが
私を強く惑わせてゆく

神聖な社の御前に居てさえ
目の前の社殿にではなく
隣にたたずむ菩薩のような女性にかしずきたくなる

    1302038346.jpg

まだ明るい午後
ティールームで彼女を待つ間
この後の時間を二人きりの場所で過ごしたいと
どう口にすれば許してもらえるのか
答えの出ないまま・・・私はまだ逡巡している

第1巻配信先のご案内

先日ご案内させていただいた
<淑やかな彩>電子書籍版 第1巻の配信先が決まりました。

配信開始日などは若干前後するかと思います。
また、出版社から依頼はさせていただいていますが
内容チェックで配信されないケースもあるようです。
(ふふふ、大人な内容だから・・・ですね)

よろしければよくご利用いただくサイトで、
<淑やかな彩>を探してみてください。
よろしくおねがいします。

ケータイ恋愛小説pink
ケータイノベルズ
TOP BOOKS
いまよむ for Android
Mobi-book
BOOKSMART Powered by Booker's
BOYS倶楽部
honto電子書籍ストア配信開始されました
どこでも読書配信開始されました
エルパカBOOKS配信開始されました

誠に恐れいりますが、現在PCで確認できるサイトのみ配信開始のご案内をさせていただいております。

ハートをひとつ

バレンタイン・デーにチョコレートではなく
わたくしのハートをひとつ
    1107037839.jpg

あの方のもとに置いてきました

い・え・な・い

お願い・・・もっと・・・
    1202116401.jpg

真綿のように降り注ぐ雪になら言えるのに
    1202137184.jpg

わたくしの肌に触れる柔らかな髪を抱きしめてしまいたいほど
身の内を蕩けさせられていても
ふれるなんてできなくて
口にのぼらせることができるのは
・・・だめぇ ・・・・いゃぁ ・・・やめ・て だけ
    1201303942.jpg
淑やかだった部分を淫らに変える魔法の舌と指は
そこだけ色づく愉悦の証を離れ
別の場所へと代償のような快楽を与えはじめる

でも・・・
ほんとうに欲しいのはそこじゃないの・・・さっきの・・・あぁぁぁ・・・
いえない もっと の代わりに
また先ほど口にした言葉を喘ぎ混じりの吐息とともに繰り返す


    1302027520.jpg
気の狂うような愛撫が全身を彷徨った果てに
たどりついた最初の愉悦の泉は
もう・・・彼の指先にしたたり落ちん・・・ば・か・り・・・