FC2ブログ

雪の夜

正午を回る頃から雪がしんしんと降り続いていた
あの女性はいつもなら肩に白いものが積もり
柔らかな黒髪が濡れそぼるのも構わず
この街を歩き 変わり続ける景色を堪能する

たが今日は昼食に帰った後
二人きりの部屋から出さなかった

細く空けた障子の向こうに舞う雪を見て
我に返り身繕いをしようとするあの女性の腕を
何度引き戻し愉悦の芯をねぶっただろう
外の景色を聡明な脳裏から追い出すほど
何度絶頂に追い込んだことだろう

やっと微睡んだあの女性の
柔らかな寝息を胸に感じながら
部屋の中の空気すら冷えてきたことを
私の頬は感じている


次にあの女性が目覚めた時
狂ったように舞っていた雪は
嘘のように降り止んでいた

「きれいな寝待月ね でも今夜はやけに高いこと」

白い肩をあらわに
障子の向こうを見上げるあの女性にはもう逆らえなかった

「近くに美味しいピザの店がありますが?」
「ふふふ 素敵ね」
「暖かくして出かけますか?」
「いいの?」
黒めがちの瞳が潤んでいる
あんなに注ぎ込んだのに新たな衝動が芽生える
だが、二人ともお腹がすいていた
「暖かくして出ましょう」
「うれしい♪」
「でも、シャワーはだめですよ」
「えっ」
「私のを祥子さんの中におさめたままなら」
寒さに透き通るようだったあの人の頬が染まる
溢れるほどに注ぎ込んだミルクはまだ
あの人の蜜壷の中を満たしているはずだ
「でも・・・」
「大丈夫ですよ 着物で暖かくして出かけましょう」

絹襦袢に深紅の裾よけ
紬のアンサンブルに名古屋帯
大きなストールはセーブル
長い髪をラフにまとめて
足許は爪掛け付きの塗りげたを用意した

町家の前の道は半分凍りかけていた
私のコートの腕にあの女性を縋らせて
夜の雪の積もった街をゆっくりと歩いてゆく

空に星は見えないものの
薄い雲の向こうに月がおぼろに輝いている

「こんな夜もすてきね」
腕に押しつけられる着物ごしの豊かなふくらみが
再び私を欲情させる
街に積もる雪が理性を呼び覚ます
「あなたと歩くにはぴったりです」
「お店は遠いの?」
「5分くらいですが 
 足許が滑り易いですからゆっくり行きましょう」
私の身体の芯はもう熱を溜め始めている
冴え冴えと光る月に責められても
こればかりはもう譲れない
美味しいワインとイタリアンを堪能したら
またあの白い肌を・・・

「ほら、あの灯りがそうです」
滑る足許に視線を落としていたこの女性は
ゆっくりと顔を上げる
「あたたかいお食事がいただきたいわね」
「そうしましょう」

あたたかく匂やかな貴女の肌のほうが私は・・・
まるで狂うがごとくに降り積もった雪のように
私の欲望もしんしんと高まってゆく
今夜はもう眠れないかもしれない


  1501019316.jpg

あけましておめでとうございます

旧年中があまりに忙しく
年賀状の準備すらできない状態でした
お世話になった皆様には新年のご挨拶もならず
誠に申し訳ありませんでした

本年もしばらくはこの調子かとは思いますが
わたくしなりのペースを取り戻しつつ
新しい1年を過ごしたいと思います

どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます

  1501016585.jpg