FC2ブログ

青い海・穏やかな河

紺碧の外海が打ち寄せるプライベートビーチから車で1時間
渡された部屋のキーと簡単な地図を手に
向かった市街は艶やかな光でわたくしを出迎えてくれた

201509063993.jpg

「シルクのランタンが道案内をしてくれますよ」
ランチで別れたあの男性が教えてくれたとおり
魅力的なランタンをたどってゆくと
川沿いのプロムナードに出る

201509063176.jpg

日が落ち始めた南の空は虹色の残照を残し
海の青さを際立たせていた太陽は
穏やかな川面に夕焼けを映して沈んでいこうとしている

201509063116.jpg

黒く沈んでゆく河を彩るのは灯篭
ろうそくのゆらぎが意外な明るさで
ゆらり ゆぅらりと河を下ってゆく

繋ぎとめられた船に
昼間は緑々と茂っていた水草の根元に
寄り添うように惹きつけられてゆく

    201509063732.jpg

「いけない 待ち合わせの時間」
河を渡り旧市街を進む
彩りをクラシックに重ねたレストランの入り口も
モノトーンでまとめられたブティックのショーウィンドウも
急がなければならないわたくしの足を止める

201509063844.jpg

「小さな看板しかないから気をつけて」
そう石塚さんは言っていた
本当に小さいから
「迷子になったら表通りから動かないでいてください」とも

それなのに頭上の灯りさえここにおいでと
誘惑のささやきを途絶えさせはしない

201509063785.jpg

ふと見上げたそこに本当に小さな木の看板
その先の道は人がようやくすれ違えるほどに狭い道
それなのに右側には住人のものらしきバイクが連なる
わたくしを導くのは磨りガラスに
蘭を浮きだたせた街灯1つ

    201509063849.jpg

突き当たりにはあの方が待っていた
「Secret Gardenにようこそ」
揺れるランタンは柔らかく吹き抜ける風に揺れていた
「心細かったですか?手が少し冷たくなっている」
声を出さずに首を小さく横に振った
この場所にはささやき以上の声は
まだふさわしくないような気がして・・・

異国の空の下から

真っ青な海と空の下で
数日を過ごしております

いつか皆様に
この素晴らしい景色を
お届け出来る日が
来るかもしれませんね