FC2ブログ

深秋の御寺にて

紅葉の季節も終盤
竹やぶに囲まれた初めての御寺に呼び出された
美しい紅葉に囲まれているのに人気がない

201611283897.jpg

現れたあの方は
「今日は貸し切ったからな」と
赤い縄を出した
穏やかな深秋の景色が一瞬でかき乱される

201611284341.jpg

「ここで修行している若い僧は外に研修に出した」
縄でくくられ和服を乱された姿で
艶めいた声を押し殺す
わたくしを激しく責め立てながらあの方は言う
「居るのは住職と副住職くらいだ
 祥子の声を聞かせてやれ
 般若湯以上の若返りの薬になる」
鴨居から吊られた身体は片足の白足袋のつま先だけが
畳に未練を残すようにくねる

201611283986.jpg

「ああ祥子の身体はいい
 後で全て剥き上げてまたくくってやる」
「だめぇ 許して」
目の前の開け放った障子から
鮮やかに色づいた黄葉が見える
「逝くんだ このまま俺で
 見てるのは屋根の猿くらいだ
 さぁ これでどうだ」
「いやぁぁぁ」

201611284404.jpg

「ああ祥子はいい 逝くぞ」
「だめぇぇ」
「身体は正直だこんなにも締まる
 祥子が素直になれないなら
 この後 住職と副住職にも祥子を味あわせるか」
「あぁぁん だめぇ」
「反応したな 祥子
 一層しめつける
 この身体三人で嬲ってやろう」
「いってしまいますぅ ああん・・・いくぅぅぅ」

201611284467.jpg

したたかに放ったあの方は
膝を落としたわたくしを
力強い腕で支えて
ひくつく蜜壺を堪能しつづけた