FC2ブログ

初雪 36

「運転席まで聞こえそうだね、祥子さん。恥ずかしい音がまた。あんなにストッキングを濡らしてたのに、ほらまだ奥から溢れてくるよ。こんなに真っ白な愛液が」
「いやぁぁぁ・・・」 
あらゆる手段を使って火をつけられた身体は、石塚さんの節くれ立った太く長い指にさえ反応してしまうのです。
「ふふ そんなにいいかい。ほら、ここかな」 
中指の腹が擦り立てる腹部側の・・男性達が数の子だと悦ぶ感じやすいポイントは、ずくずくとした快感を送り込んでくるのです。
「ぁぁ・・だめぇ・・そこぉぉ・・」 
わたくしは山崎さんの塊に唇を押し当てる様にして、高まってゆく喘ぎ声を抑えていたのです。
「こんなに、僕の一本だけの指を締め付けて、ほんとうにいいですね。祥子さんの中は」
いつしかわたくしの身体は、出し入れされる指を惜しむ様に・・・縋るように締め付けていたのです。そして彼の指でも届かない再奥の、もっとも感じる部分にはより一層の疼きを溜め込みはじめていました。

「あと5分ほどで軽井沢の町です」 
カーテンの向こうのBGM越しに結城さんの声が響きました。
彼女の声にわたくしは、無意識にきゅっ・・っと石塚さんの指を締め付けてしまったのです。
「ああ わかった。今日は大丈夫だろう。大人しくしているからカーテンを開ける必要が出来たら教えてください」 
山崎さんが何の感情も交えないビジネスライクな声で・・・わたくしの唇と舌を彼の塊にまとわつかせたままで・・・結城さんに指示をします。
「さすがにこの姿を、隣に並んだ車には見せられませんね」
「そうだな。祥子さん、逝ってください」 

石塚さんの左手がパンティストッキングの縫い目を払いのける様にすると、 ストッキングに押さえつけられ・擦られ続けてきた真珠の表面に中指で触れたのです。
「あっ・・・あぁぁ・・ゆるし・て・・ぇぇ」 
一度引き抜かれた右手の中指は人差し指を添えられて・・・蜜壷に押し込まれます。

くちゅ・・はぁぁ・ん・・ちゅぷ・んぁあ・・いぃぃ・・・ちゅく・ぁぁあっ・・だ・・め・ぇぇ・くちょ・・

「そんなに腰を振って。いいんですね、祥子さん」 
激しく抜き差しされ、ひくつく内壁をこすりあげる石塚さんの指先と・・・触れられているだけなのに快感に跳ね上がり・・・揺れる腰の動きが自ら招いてしまう真珠への淫らな刺激が、わたくしを容赦なく追いつめてゆきました。
「あぁぁ・・だめ・・・ゆるして・・・」 
同性の結城さんのいるこの車内で・・・男性に蜜壷をかき回されて逝くなんて・・はしたないことだけはできません。
「逝きなさい。達するまで許しません。それともこの淫乱な姿を見せつけたいんですか。隣の車のドライバーに」
「ぃやぁぁ・・あぁ・・ん・・」 
軽井沢の駅前を抜ける18号線は片側2車線です。雪の豊富な今年のスキーシーズンの元旦・・・車の量は・・あっ・・だめ・・そんなこと。
「祥子さんは見られたいんですね。こんなに蜜を溢れさせて。あの日常の慎ましやかな姿からはとても露出好きとは思えませんでしたがね」
「ちが・・い・・はぁぁ・・ま・・すぅぅぅ」
指の動きを早め・激しさを強め・・・言葉にも淫らさを増して・・・わたくしを嬲るのです。
「この姿を、全く知らない男達に見られないと逝けないんですか、祥子さん。露出好きの淫乱熟女」 
「ひどい・・いやぁぁ・・」 
結城さんの前では言われたくなかった・・・あからさまな淫語での言葉責めにわたくしはうろたえていました。
「なら逝くんです。僕の指でね、山崎のを美味しそうにいつまでもフェラしてないで。ほら!!逝くんだ!祥子さん」
心の動揺は・・身体のガードを一瞬くずしてしまったのです。
わたくしの身体の揺れにまかせていた蕩けた真珠に添えられた石塚さんの左手の中指が、初めて意志を持って動きはじめたのです。
「はぁぁぁ・・・だめぇぇ・・いくぅぅ・・いきますぅぅぅ」 
一旦淫楽を受け入れた身体は、一瞬の内に内と外との刺激に悶え・・・頂上に駆け上がってしまったのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
こんにちは。
祥子さん、こんにちは。

昨日は遅くまでありがとうございました。

こちらは朝から小雨で名残り桜を楽しみにしていた方には残念でですね。
私は花には詳しくないですが、梅、桜、が終わると、そろそろツツジ、皐月の季節ですね。
最近季節の移り変りが早く感じるのは私だけでしょうか?

時間に急かされる日々ですが、まったり、のんびりとした時間を持ちたい気持ちだけは忘れないようにしたいですね。
現実は難しいですが・・・。
では、またお邪魔しますね。          ・・縄指導・・

2006/04/15 14:14| URL | 縄指導  [Edit]
りんくさせてください
もの凄い文才ですね。しのぶは、まったく文才がないのでM女ブログとしてはいまいちかも知れませんが、もし宜しければ相互リンクお願いします。今後楽しみに読ませていただきます。

2006/04/15 18:20| URL | しのぶ  [Edit]
今週末はひとりなのに…
彼が東京を離れているので、久々に心穏やかにゆっくり一人で過ごす週末です。時間があるのであちこち巡らせて頂いてます。
でも、こちらに伺って…妖しい気持ちになって来ました。
そうそう、今更ですがリンク頂いていて…気が付かず失礼しておりました。私も早速。


2006/04/15 21:41| URL | るり  [Edit]
花冷えでしょうか・・・
しとしととした雨と花曇りが繰り返されている週末です。
このところ、夜になると雨が降り始めます。

縄指導様
GWのころ、箱根の山のホテルの庭のツツジが
見事に咲き誇るのを縄指導様のコメントで思い出しました。
わたくしのPCの壁紙は桜から薔薇へと模様替えをいたしました。
もうしばらくしたら紫陽花に、そして鉄線へと変えてゆく予定です。
夏になるほど<青い花>が増えるのは
自然の優しい心遣いの様に思えてしかたありません。

しのぶ様
さっそく、しのぶ様のブログにも伺わせていただきました。
主様を思うお気持ちと、衝撃的な事実が淡々と描かれていて
ドキドキしながら読ませていただきました。
スレンダーでほっそりなさっているのに・・・なおウエストを締め上げ細くなんて
ふっくらとしたわたくしの身体とは全く逆のご様子なのですね。

リンクありがとうございます。
実は先日、一旦リンク先をまとめさせていただいたばかりなのです。
またしばらくいたしましたら、相互リンク先の追加を検討する予定です。
相互リンクにつきましてはしばらくお待ちいただけますでしょうか?
勝手なお願いで申し訳ありません。

これからもよろしくお願い申し上げます。

るり様
週末のお1人の時間を
少しでもわたくしのブログでお慰めすることができましたでしょうか?
リンクの件、ご挨拶にも伺わず失礼いたしました。
こちらのブログが立ち上がった当初から
るり様にはリンクをいただいておりましたので
第一次リンク先検討時に加えさせていただきました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

2006/04/16 08:25| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)