FC2ブログ

初雪 41

「静かに・・・一階から人が来ますよ」 
くちゅ・くちょ・ちゅぷ・くちゅ・ はしたない水音を立てるほどに激しく・浅く・深く・・・
山崎さんはいままでの欲求不満をぶつける様に・・わたくしの腰を抱いて塊を突き立てるのです。
「・・・ぁぁ・・っぁ・ぅくぅ・・・ぁぁ・・ぁ・・・」 
わたくしは手の甲を唇に押しあてて、堪えきれずに漏れる喘ぎを抑えようといたしました。
「ふふ 人が来ると言った途端に一段と締め付けが強くなりますよ。祥子さん」
激しい腰遣いを一瞬止めて囁くのです。そんな声さえ記念館の静寂には響くようにだったのです。
「本当に敏感で淫乱な身体ですね。あぁ いい。いいですよ。祥子さん」 
どんなに声を抑えても、わたくしの白く豊な腰肉と山崎さんの身体がぶつかる肉音は・・・抑えようもないのです。
辛うじて・・・激しい動きに落ちかかってゆくふかふかの厚いシャドーフォックスのコートが二人の腰を覆い・・音が漏れるのを防ぐ役割を果たしていました。
「・・ぃぃ・・・ぁ・・ぁぁぁ・・んん」 
山崎さんの太く・大きな塊と大きく張ったかりがわたくしを抉りたてます。
一番奥の・・・もっとも感じやすい場所まで・・・後からなのに子宮口をこじあけるほどに突き続けられるんです。
「そんなにいいですか。僕のをまるで握るように締め付けて。こんな場所で犯されて感じるなんてやっぱり見られると感じるのかな、祥子さんには」
「ちがい・・ま・す・・・ん・ん・・・」
露出に対するわたくしの心理的変化を山崎さんには悟られてしまったのでしょうか。
「・・・ゃぁ・・・もぅ・・だめぇ・・・」 
人気がないとはいえ、博物館のようなストイックなスペースで・・いつ人がくるか解らない状態で犯されることが・・・わたくしを狂おしく駆り立てていたのです。

「・・・ん・んんぁ・ぁぁ・・・」 
シャドーフォックスのしっとりとしたサテンの裏地が、後から突かれ・・・たふ・たふ・・と揺れる乳房の先端を舐める様に刺激するのです。
「こんな場所で感じて!いけない女だ。スパンキングできないのが残念ですよ。」
派手な音を立てるわたくしのヒップへのスパンキングまで欲していらしたなんて。
「ぁっ・・だ・・めぇ・・」
「ほら もっとだ!逝くんです。祥子さん」
言葉責めの間、くじるようにして奥を刺激していた塊を、また激しい抽送へと変えてゆきます。
「ぁぁぁっ・・もぅ・・」
身体だけでなく脳にも視界にも聴覚にも・・・幾重にも仕掛けられる淫楽の罠がわたくしを追い込むのです。
「ええ 僕もそろそろです。あぁ 祥子さん、。逝きそうです」
わたくしの身体の慄きとひくつきはもう止まらなくなっていたのです。

展示スペースの入り口近くで、まるで一般の見学者の風情を装い・・人の出入りを監視していた石塚さんがはじめてこちらに向いたのです。
「・・・ぁぁ・・ぁ・・ぃくぅぅ・・・」
長く・太く・堅い・・山崎さんのものが激しい動きとともに胎内で一段と容積を増す・・・。
それに気づいた時には・・・わたくしは今日一日の淫らな疼きを一気に燃やし尽くす様に・・・絶頂へと駆け上がっていたのです。
「逝きます!祥子さん あぁ いくっ!!」 
山崎さんはわたくしの上体を引き起こし、耳元に牡の喘ぎをぶつけたのです。
逝き切って白く蕩けて抵抗のできないわたくしのファーコートのフロントホックを一気に外し・・・。
カシャ・・・ 石塚さんの構えるカメラのフラッシュに、素肌に破かれた黒のパンティストッキングとブーツだけのわたくしの姿を晒しながら・・・彼の精液を注ぎこんだのです。

「脚を閉じていてください」
携帯をしまった石塚さんは駆け寄ると・・コートのポケットから出したハンカチをわたくしと山崎さんの結合部に当てたのです。
いつになく山崎さんの射精は長く・・・たっぷりと注ぎ込まれていたのです。展示場の床にはしたない体液が落ちない様に・・・山崎さんもわたくしの身体から身を引くと素早くご自分のものを拭われたようです。
「はぁぁっ・・」
立ったままで達したわたくしは、惚けたように石塚さんに縋りその場にへたり込まない様にするのが精一杯でした。彼の手にコートの前のスナップを止める行為を委ね・・・弾む息を懸命に抑えようとするのが精一杯です。
「化粧室へ行きたいでしょう。僕は下のショップを見ていますから、ゆっくり戻ってください」 
身支度を終えた山崎さんにわたくしを預けると、石塚さんは一足先に階下に降りてゆきました。

「素敵でしたよ。祥子さん」 
山崎さんはほつれかかるわたくしの前髪を耳に掛けると、頬にキスをしてくださいました。
「きっと別荘にはもう温泉の準備が出来ていると思いますが・・・そのままというわけにはいかないでしょう。きれいにしてきてください」
もう一階に声が響きかねない場所で、やはり耳元に顔を寄せこっそりと囁くのです。
「・・・いじわ・る・・」
花びらに当てられたハンカチを落とさない様に・・そのハンカチにとろりと流れ出す山崎さんの精液を感じながら、優しくすべらかな山崎さんの手に縋ったのです。
一階の奥に化粧室はありました。
「ちょっと待っていてください」
小声で山崎さんに告げ、わたくしは記念館の化粧室に向かいました。

「お待たせしました」
閉館の時間が迫っていました。
気が急きながらもわたくしは身体を清め、石塚さんのハンカチをとりあえず洗ってお二人に合流したのです。
山崎さんがショップでお会計をされていました。
細長い包みと小さな包みがショーケースの上に用意されていました。
「何をお買い求めになったんですか?」
幾度もいらしているのなら、改めてここで買うものなどないでしょう。
そうでなくともベネチアングラスのショップなのです。男性の興味を引くものがあるとは思えませんでした。
「あとでね」
そう言うと茶目っ気たっぷりにウインクしてみせるのです。
「さぁ 結城くんが待ちくたびれてるだろう。車にもどろう」 
ありがとうございました・・・ミュージアムショップの店員さんに見送られわたくしたちはその記念館を出たのです。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
 あーん。やっと、逝くことが出来ました。
祥子さんが、焦らされている間
さやかも、だんだんと高まるばかりで
ぴんとはったまま、どきどきと待ち構えていたんですよ。
今日は、ほっとしてゆっくり眠れそうです。

2006/04/21 19:04| URL | さやか  [Edit]
自分のブログが上海からみれない状態が2日ほどあり、心配していましたが、ようやく回復しました。
検閲されたのかと思うと気分は良くないですね。

祥子様のコメントもその関係で控えていました。
毎日楽しんで読んでいました。

2006/04/22 07:06| URL | yamatan  [Edit]
鮮やかな緑のペーブメント
つい先日まで桜色だった通りがいまは爽やかな緑です。
真っ青な空に入道雲のようなむくむくの白い雲。
初夏の気配がもうそこにはしています。

さやか様
お待たせいたしました(笑)
昨晩はゆっくり&ぐっすりお休みになれましたでしょうか。
またしばらくすると・・・お休みいただけない日々が続きます。
今夜までは英気を養ってくださいませ♪

yamatan様
事情がわからない分、アクセスできないことへの不安が募りますね。
検閲・・・ ん・・・わたくしのブログがけしからん!!なんて
検閲されていたらどうしましょう♪
現状復旧されてよかったです。
これからもよろしくお願い致します。

2006/04/23 00:37| URL | 祥子  [Edit]
おひさですw
この頃やる気がなくて・・・
ちょっとだけ元気が出たのでコメントして行きます。
『よ』

2006/04/24 12:07| URL | よしちょ  [Edit]
よしちょ様
昨晩ブログにお伺いしてみました。
忙しくて落ち着かないときはどうしても更新が滞ってしまって・・・
わたくしも時折さぼってしまいます(笑)
気候が安定しませんが、風邪など召されませぬように。

2006/04/25 14:16| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)