FC2ブログ

初雪 42

「別荘まではあとどのくらいですか?」 
「車であと5分くらいだよ」 
先ほどまでの淫らな行為などなかったように、石塚さんがのほほん・・とお答えになります。
「えっ・・5分」 
わたくしはお二人の顔を見比べてしまいました。たった5分ならこんなことなさらなくても・・・。
「仕方ないじゃないですか。あんな祥子さんにずっと車で触れてたんです。我慢なんてできなかったんですよ。許してください」
車まであと少し・・その位置で山崎さんはわたくしを抱き寄せ頬にキスをするのです。

「もう それじゃ、あと5分は紳士でいて下さるんですね」 
お二人とも満足をされたのでしょう。あとはこのまま別荘へ・・・
「さぁ、それは祥子さん次第だね」
「僕たちを誘惑しなければ、ね」
運転席には結城さんが座ってらっしゃいました
わたくし達に気づかれたのでしょう。運転席から降りて・・・リアのドアを開けてくださいました。
「待たせたかな」
「いいえ、この後は別荘でよろしいんですね」 
まるで起こったことを知っているかのような、堅い声です。
「あぁ、真っすぐにやってくれ」
「わかりました」 
運転席に乗り込むと、そのままゆっくりと車を発信させました。

リアシートのカーテンは閉じられたままでした。
「あと5分、祥子さんの身体ならもう一回逝けるでしょう」 
あぁ・・許してはいただけないのね。
「やめて・・ぁ・・んく・・」
唇を山崎さんに塞がれ、お二人の手でコートの前を開かれて・・・。
右の乳房は山崎さんの指に・・・左は石塚さんの唇に・・・そして太ももの狭間には石塚さんの指がわたくしの敏感な真珠を・・・嬲りはじめたのです。
「・・ん・・ぁ・・やめ・・て・・・」 
先ほどの陵辱で、わたくしはもうこのドライブでの行為は終わりだと思っていたのです。
心理的なガードを全て外したわたくしの身体には・・・4カ所を同時に愛される淫戯を堪えるすべはありませんでした。
山崎さんの唇は・・・弱い耳元を・・首筋を・・・そしてまたわたくしの喘ぎの止まらない唇へと・・繰り返されるのです。
「おねが・・い・・ゆるし・・て・ぇ・・・はぁぁあ・・ぁん」
「さっき綺麗にしたばかりなのにこんなにぬるぬるに大きくして。いけない人だ、祥子さんは」
敏感な左の乳首をねぶる合間の言葉責めを石塚さんは続けます。
「もう見えてきましたよ、あと少しです。さぁ逝ってください」 
山崎さんの唇までもが右の乳首に移り・・・わたくしはまた・・あぁぁぁ。
「逝くんです。別荘に着くまでに逝かなくても、逝くまで車から出しませんよ。僕らにこうされている姿を迎えに来た望月くんに見せつけたいんですか?」
だめ・・・そんなこと・・・
「だめ・・・あぁ・・・い・・いっくぅぅぅ・・・」
シートにのけぞる様に身体をけいれんさせ達したのと、車が別荘のロータリーに止まったのは同じタイミングでした。

「お待ちしていました」
リアの左ドアを開けた望月さんの眼に飛び込んできたのは・・・石塚さんと山崎さんの間で、逝ったばかりのはしたない姿を晒しているわたくしでした。
「後は頼むよ」 
車を降り、石塚さんは望月さんの肩をぽんと一つ叩いて別荘に入ってゆきました。
「・っ・・祥子様」 
彼の声にわたくしはファーコートの前を慌ててかき寄せたのです。
でも・・・望月さんには下半身にレイプのように引き裂かれた黒のストッキングしか身に付けていないことまでわかってしまったのでしょう。

「結城さん、荷物を下ろしにきます。少しだけ待っていてください」
慌てたそぶりを抑えて結城さんにそう声を掛けて・・・わたくしを失礼のないように彼の胸に抱きとめると・・・まず別荘内へと連れて行ってくれたのです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
こんばんは。
またちょっとご無沙汰してしまいました。

春に三日の晴れは無いと言われますが、今日はうっとうしい天気でした。それでも、木々は若葉を輝かせ、もうじき初夏、連休です。ヽ(^o^)丿

一気に別荘へ行くのかと思ったら、道の駅でとうとう放出されてしまったのですね。洗面所へ清めに行く祥子さんの、焦りながらも、股間を合わせながら、ヨチヨチと歩む姿が想像でき、魅力的です。

そして、別荘に着いたとたん、望月さんに愉悦の跡をすっかり見られ、どんなお気持ちだったでしょう。
そして、望月さんの気持ちも・・・察して余りある、余韻を残しての、今回の幕切れでした。

そして、いよいよ幕開け・・・待ってましたぁ~

2006/04/23 19:49| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
わたくしもばたばたとしておりますが、masterblue様もお忙しい様ですね。
不安定な天候ですが体調を崩されませぬ様ご注意ください。

40話を超えてようやく別荘へ到着です(笑)。
これから同じくらいの時間を別荘での一時として楽しんでいただけると思います。
masterblue様のような責めにはなりませんが、
ソフトな紳士の方達のプレイをお楽しみください。

2006/04/23 20:36| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)