FC2ブログ

初雪 51

ソファーの背に反るようにして腕を望月さんに掴まれながらも・・・わたくしは両脚を堅く閉ざしておりました。
石塚さんに開かれた裾も・・・深くソファーに腰掛けた姿勢のために茂みまでを晒すことはなく、太ももの中程までしか露にしていなかったのです。
「本当ですね。まるで今日の器のような艶やかさです。」 
山崎さんがため息のような言葉を漏らします。お三方は暖炉の手前まで下がり・・・わたくしの姿を<鑑賞>なさっていました。
「まるで祥子さんが椿の花芯のようですね。赤い湯文字が・・・こんなに艶かしく見えるとは」
着物姿のわたくしを、独り占めして嬲り尽くしたことのある美貴さんまでもがそんな風におっしゃるのです。
「祥子さんの太ももからふくらはぎにかけての白さや柔らかさは格別だね」
石塚さんのひと言は、わたくし自身に羞恥の愉悦を誘いそそるような・・・言葉でした。
「おねがい・・・ゆるして・・・」
腕を取られ・・・革のソファーに押さえ込まれているだけで・・・僅かな身動きさえ封じられていました。
「いいですか?」 
わたくしにではなく石塚さんと美貴さんだけに許しを得て・・・山崎さんが近づいてきます。
「あぁん・・やめて・・くだ・・さぁい・・」
襟元に手を掛けて・・・力の限り胸元を左右に割るのです。
 
「やぁぁぁ・・・」
「ああ いいな」 
石塚さんの唇からこぼれたのは、体芯から漏れるような・・・栗の花の香りが微かに漂うような声でした。
きちんと着付けられた着物の胸元は、力づくでくつろげられても自然と閉じようとして、Gカップの白い両の乳房を締め付ける様に持ち上げるのです。
「おねがい・・・みないで・・」
わたくしは望月さんだけに聞こえる様に、哀願の声を上げたのです。頭上から見下ろす彼の視界には・・・より淫らな姿が映っていたに違いないからです。
「ミルクを溶かした肌の色。ふふ その量感の乳房に相応しい色ですね」
美貴さんの視線が胸元を嬲ってゆきます。その視線だけで、乳房の先端を堅く・・堅く変えてゆくのです。
「脚もそうだよ。いま時の、生脚をためらいなく晒す女性たちのかさついた脚とは格段に違う。ストッキングに常に覆われているしっとりと滑らかな白い肌。そのむっちりとした太もももたまらないね」 
ソファーに深く腰掛けているとはいえ、着物の裾はふとももの中程より少し上まで開き・・・普段ガーターストッキングに覆われている部分は全て曝け出されているのです。
「触れずに見ているだけというのも、乙なものですね。そんなにしっかり脚を閉じなくても大丈夫ですよ、祥子さん。」
僕たちは視姦しているんだよ・・・と、山崎さんは言外にもっとしどけない姿を要求してきました。
確かに、両手を望月さんに捕らえられ何一つ隠すことは出来ません。だからといって、自らはしたない姿を晒してゆくなんてわたくしにはできません。ただ一つ遺された<しっかりと脚を閉じ合わせること>だけを守り続けていたのです。

「脚を開いてくれませんか。祥子さん」
「いや・・だめです」
この姿のままで脚を開く・・・想像は出来た言葉だとはいえ・・・そんなはしたない姿・・できません。
「祥子さんの花びらを見せてください。さぁ」
美貴さんの声が重ねられます。
「そんなこと・・・」
「ご褒美をくださるんでしょう」
「・・・でき・ないわ」
「僕たちはこの豪奢な衣装に包まれた祥子さんを楽しみたいんですよ。もう一度言います 脚を開いてください」
「・・ゃあ・・・」
「望月!」
次の声は鋭い命令の声でした。
「やめて・・・」
望月さんが押さえていた手首に、縄の感触が這ったのです。
わたくしは静かにはしていられませんでした。身体を捩り、彼の手から逃れようと抗ったのです。
「そうして暴れる姿さえもそそりますね、祥子さん。あぁそんなにバストを揺らして」
山崎さんのひと言に、わたくしは身を堅くしてしまったのです。
その一瞬を逃さず、止めつけられた手首の縄がぐい・・と後に引かれたのです。
望月さんが引き下ろした縄尻を、ソファーの脚に結びつけたのです。
「もうこれ以上は言いませんよ、祥子さん。貴女の意志で脚を開いて僕たちに見せてください」
美貴さんの最後通告です。逆らえば・・きっとこの方達の手でこの脚を押し広げられてしまうのです。でも・・・
「ゆるし・・て・・おねがい」
わたくしには4人の男性の前に許しを乞うたのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
1回(数回?)読んでいるのに、またこうやって読み返すと
いいものですね(笑)
祥子さんの書くお話は、情景が浮かぶので入りやすいです。

2006/05/02 13:10| URL | ひな  [Edit]
ひな様
ありがとうございます。
ひな様はmsnの方にもお越し下さっているのですね。
数回読んでいただいても・・・まだ、感じていただけますか?(笑)
よろしければ今度は賞味期限のほど
お教えくださいませ♪

2006/05/02 13:33| URL | 祥子  [Edit]
おいで頂いたのに。明日には書こうと思っていますので。
縛りは美しく縛るのは視覚的な楽しみ、自分の為ではないですね。でも拘束の身の不自由さに耐えるとその向こうには…。

2006/05/02 21:10| URL | るり  [Edit]
こんばんは。
どうやらお休みしないで済みました。

祥子ワールドが確立されている中には、結城さんは無理なのかもしれませんね。
いよいよ始まりました。4人の男性との間に、どうぞゴージャスな、濃厚なそして艶やかなお正月を堪能してください。

祥子さんの苗字と同じ加納朋子を読み始めました。前に数冊読んだのですが、ここのところはご無沙汰していました。
これが終わったら、小池真理子の美神(ミューズ)が控えています。祥子さんもそうですが、女性の作家は同じことを書いても表現に艶があります。色気があります。優しさがあります。それがたまらなく好きです。

そんなことを書きながら、自分のサイトは・・・(^^ゞ。少しは反省しなくてはと思いつつ・・・

おやすみなさい。

2006/05/02 21:53| URL | masterblue  [Edit]
気持ちのいい休日
天候の安定しないGW前半から打って変わって
青空が美しい気持ちのよい祝日です。

るり様
美しい緊縛が肌に与える緊張を
もう一つのひりつくような愛撫だと捉えるのは
わたくしの考え過ぎでしょうか。
無駄なゆるみやねじれの無い美しい縄は、
過不足なくわたくしの肌や筋肉を戒めて
止まる事の無い責めを与え続けてくださるのですよ♪

masterblue様
今日の休日はいかがお過ごしでしょうか。
少しは骨休みが出来ていればよろしいのですが・・・。

結城さんは、この方達のどなたかが彼女を愛していたなら
この場にご一緒していたのかもしれません。
わたくしも彼女を受け入れたことでしょう。
でも、たとえ直属の山崎さんからしても<従業員の一人>でしかないことが
彼女に別の夜を与えた一番大きな理由です。

masterblue様は読書家でらっしゃいますね。
わたくしはついこの間まで千里眼シリーズを読んでおりました。
いまは次の夢中になれる作家さんを探している最中です。
感情に流されすぎない、心地よい言葉。
masterblue様がお好きな作家さんの共通項のような気がいたします。

2006/05/03 12:34| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)