FC2ブログ

初雪 62

「やぁぁぁ・・・」
欲望を露に素肌に戻された秘め所を見つめる男性達の視線に、わたくしの身体は反応を止めることができなくなっていました。
「男を惑わす花。僕たちはもうこの花の虜なんですよ、祥子さん」
石塚さんも立ち上がり・・・デジカメのモニターとわたくしを見比べるのです。
「縄を解いた椿の姿の祥子さんも欲しいね」
「はい」
美貴さんの言葉にわたくしの膝の縄を解き・・・両足首の縄をとくと・・・こわばった両脚を引き寄せて・・・テーブルから下ろしてくださったのです。
「申し訳ありません。あまりきつく縛ったつもりはなかったのですが・・・少し赤くなってしまいました」
「いや・・・これも風情があっていいよ」
石塚さんの指が膝上の痕をなぞるのです。
剃毛の間、緊張のあまり弛緩を繰り返した身体は、膝の上下の縄痕と白足袋の上に少しだけ走る縄痕を残していました。
「失礼します」
カシャ・・・カシャ・・・
「すべすべした下腹から脚まで翳りの無い熟した大人の女の白い肌。たまらないね」

「縄を解いて差し上げなさい」
美貴さんのひと言に、望月さんは広げられていた湯文字でわたくしの剃毛済みの腰を覆ったのです。
「祥子さん、おつかれさまでした。身体を暖めるためにも入浴をなさってらしてください。望月も一緒にな」
えっ・・・やはり・・・1人にはしていただけないの。
「ひとりで・・いたします・・・・」
「いえ、支度もありますからね。望月も祥子さんと同じように凍えたままです。それに、彼に一つくらいご褒美をあげてもいいでしょう。ね、祥子さん」
望月さんは雪の中でわたくしを守り続けてくださったのです。
そして今・・・わたくしの胸縄を解くために覆いかぶさってくる彼の下腹には・・すでに昂った塊の感触が・・・ありありとあったのです。
「わかりました」
望月さんが望んでらっしゃるなら・・・。
わたくしの手首の縄を解く望月さんの唇から、安堵のため息が漏れたのがわかりました。
「さぁ、どうぞ」
そう言った美貴さんがわたくしの肩に掛けてくださったのは・・・あの淡青の地に白侘助が描かれた長襦袢でした。
両手で前を掻き寄せて縄痕の付いた身体を覆ったのです。
寒さで凍えたままの身体を縄で縛められ・・・剃刀を当てられて・・・堅くこわばった身体を望月さんは優しく抱き支えて、先ほどのメインベッドルームへと下がりました。

ドアの先にあるベッドにそのまま倒れ込んでしまいたいほどに、わたくしは消耗しておりました。
でも、それは許されないことでした。
なぜなら男性の方達は、今夜まだどなたも満足なさっていなかったからです。こんなになるまで苛まれていても、彼らにとってはまだ前戯の域すら出てはいないのです。
わたくしへの責めは・・・これからでした。

望月さんの引き開けるドレッシングルームの中に入りました。
今日こちらに伺ってすぐに案内された時にはなかったもの・・・乱れ箱に何かが用意されておりました。
「これは?」
望月さんはわたくしを椅子に座らせると脚元に跪いたのです。
「このあとの祥子様のお召し物です」
長襦袢も湯文字も脱がせることなく、まず左足の足袋のコハゼを外したのです。
「申し訳ありません。お疲れなのは承知しているのですが、主もそして他のお二人もとても楽しみになさっているのです」
果物の皮を剥き下ろす様に・・・足袋を脱がせ、右足のコハゼに手を掛けます。
「どんなものなの?」
わたくしの足はようやく素足に戻ったのです。
わたくしの背後に回ると・・・簡単に髪を梳り、鏡の前に置いてあったヘアクリップで濡れないように軽くアップにまとめました。
「それは暖まれてから。まだ私共にお付き合いいただけますか? お辛いようでしたら私から・・・」
差し出された手に縋って・・・立ったわたくしの長襦袢の前を開くと、湯文字の腰紐に手を掛けて・・・望月さんはおっしゃったのです。
「大丈夫です。それに、そんなことを言ったら山崎さんや石塚さんはともかく美貴さんは許してはくださらないでしょう」
彼の手は腰紐を解き・・・立ち上がり様に湯文字を右手で取り去ったのです。

美貴さんは箱根での一夜の代償のように、いままでわたくしに対して他の方よりも一歩下がった立場で接してこられたのです。
事実、昨晩ホテルのメインダイニングでわたくしのお胸で逝かれたあと・・・美貴さんはわたくしにほとんど触れてはいないのです。今日のこちらへの道中もわたくしは山崎さんと石塚さんだけのものでした。
美貴さんだけが深くお持ちになっている嗜好は、まだ一度も満たされていなかったのです。

「ありがとうございます。祥子様」
掛け流しになった浴槽への扉を開けてくださいました。
「今頃はあの方達も温泉を楽しまれている頃でしょう。ほんの一時ですが、ゆっくり暖まってください」
望月さんはわたくしの肩から長襦袢を落とすと、わたくしだけを先に浴室に入れました。
「望月さんは? いらっしゃらないの」
先ほど美貴さんも仰っていたのです。望月さんも一緒に入ってこい、と。
「よろしいんですか? 祥子様。入浴はお1人でと・・以前から言っていらしたので、主はああ言っておりましたが遠慮するつもりでおりました」
無くしたばかりの茂みが恥ずかしくて・・・振り返るようにして問いかけたわたくしに・・・望月さんがほんとうに遠慮がちな答えを返してくださいました。
「暖まらないとだめです。望月さんなら・・・ご一緒してもいいです。いらしてください。」
羞恥に身を震わせながらも、彼の遠慮をはねのけるようにきっぱりと・・・まるで半分命じるように、今の気持ちをそのまま口にいたしました。

一瞬、望月さんが息を飲むような気配が伝わりました。
「ありがとうございます」と彼の声が聞こえてきました。
「すぐに参ります。祥子様もどうぞ少しでも早く暖まってください」
引き戸を締めると、彼の帯を解く音が聞こえてきました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
こんにちは。
日曜日の午後を、パソコンの前で、のんびりと過ごしています。

蘭の品種を具体的にお教えいただき有難うございます。
マリリン・モンローですか。これでイメージをわかせることができます。清楚な花びらの中心に淫らさを包み込んだ花ですね。

一草も残っていない裸身を、まず望月さんに曝される祥子さん。その気持ちが痛いほど伝わってきます。

これからも目が離せません。明日も楽しみにしております。

2006/05/14 12:55| URL | masterblue  [Edit]
ふたりでお風呂
 いいですねヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
ゆっくりあったまって・・・そしてしっぽり・・・
あんまり仲良くすると美貴さんが怒りそうです。
気が付かないようにポケットの蓋を閉めておこう。
(*'‐'*) ウフフフ♪

2006/05/14 13:32| URL | さやか  [Edit]
立ち上るのは…
二人で風呂に入る。
立ち上るのは湯気なのか、想いなのか、欲望なのか。

茂みを失った蘭の花はどんな花になるんだろう。

2006/05/14 19:05| URL | eromania  [Edit]
曇り空のおかげで・・・
爽やかな東京の郊外をゆっくりと散歩してまいりました。
緑がやさしい色を重ねていて・・・爽やかな皐月です。

masterblue様
ごゆっくりなさっているmasterblue様の午後に
ブログという形でほんのわずかな時間でも
寄り添わせていただけたなんてうれしいです♪

品種をお教えして・・・ぴんと来て下さるなんて流石にmasterblue様ですわ。
浴室へのお供に望月さんを選んでくださったのは美貴さんです。
それぞれに想いを抱かれてらっしゃるのに
こういう時には望月さんにほんの少しだけ譲られる
このお三方の真意がどこにあるのか・・・大変に気になるところです。

さやか様
ご協力感謝いたします♪(笑)
この別荘にはバスルームが2つあります。
メインベッドルームに付属しているわたくしのいる浴室と
ほんの少し小さめですが、ドレッシングルームの小さいタイプの
2つのゲストルームに面した浴室です。
美貴さんたちお三方は、いまはそちらで入浴中です。
そっと覗いてごらんになりますか?

eromania様
できれば温泉の香り高い湯気に
わたくしのはしたない表情も、二人の想いも・・・
霞む様に隠されてしまえばいいのにと願って止みません。
これから蹂躙されつくす・・・わたくしの
二つの花をいましばらくは休ませていただきたいのです。

2006/05/14 20:15| URL | 祥子  [Edit]
フランス租界
祥子様
フランス租界に出かけたかったのですが、あいにく、今日も休日出勤でした。来週またトライします。


2006/05/15 00:07| URL | yamatan  [Edit]
yamatan様
日本からご出張の方がいらっしゃると
休日でもアテンドが大変でらっしゃいますね。
お疲れさまでした。
今週もお仕事頑張ってくださいませ。

2006/05/15 08:26| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)