FC2ブログ

初雪 65

「祥子さま」
立ったままのわたくしの太ももの狭間に彼の唇が触れ、露になった花びらへの小高い入り口を彼の舌が割ってゆくのです。
「・・ぁぁあっ・・ん・・」
熱を持った舌先はすぐに真珠をとらえ・・シャワーで流されたばかりの花びらにもう一度蜜を呼び出したのです。
「だめ・・ぇ・・・望月さん・・・」
「祥子様の花びら餅美味しいです。まだ誰も触れていない・・子供のころに帰ったここ・・最初に・・・私の愛撫で・・・逝ってください。私に最初の蜜を飲ませてください」
彼の唇が・・・わたくしの丘をくじり・・・直接に真珠を・・花びらを吸い立てるのです。
「わたくしでは・・逝って・・・くださらなかった・・の・に・・・」
「祥子様は逝くんです。さぁ」
蜜をやさしく掻き出す舌先は幾度も幾度も・・・敏感な真珠をねぶるのです。
「ぁああぁ・・ん・・だ・・め・・もちづき・・さぁ・・ん・・・いっちゃ・・うぅぅ」 両手で彼の頭に縋るようにして・・・わたくしは浴室でも逝き果ててしまったのです。

「申し訳ございません。祥子様」
くったりと力なくくずおれたわたくしにもう一度シャワーを掛けて・・・そしてまた浴槽へと誘ったのです。
わたくしはなんの抵抗もなく、彼に抱かれる様にして浴槽に身を沈めました。
「ありがとうございます。逝ってくださってうれしかった。それに、すべすべでした。さすがに石塚様です。」 
望月さんはつい先ほどまでわたくしの花びらを嬲っていた唇で、わたくしの耳朶へのキスを繰り返すのです。
「いぢわる・・・」
大人になってはじめてはしたない姿にされた場所を・・・他の誰でもない、望月さんに最初に可愛がっていただけたのは嬉しかったのです。でも、その時の身も世もない乱れ方が恥ずかしくてわたくしは拗ねてみせるしかなかったのです。
「その濡れた瞳であれをお召しいただいたら、きっととてもお似合いです」
美肌の湯だと説明された温泉を柔らかなガーゼに含ませると、望月さんは頬を染めたわたくしの顔をゆっくりと拭ってくださったのです。
「温泉で上気した頬とふっくらとした唇。祥子様は素顔のままが一番そそります。」
ちゅ・・・啄むような小鳥のキスを唇に降らせるのです。でもそれはもう先ほどまでの欲情にまみれた行為ではありませんでした。
「みなさんが待ちくたびれてしまいそうです。さぁ・・・上がりましょう」
わたくしを抱えて浴槽を出ると、扉の外に用意したバスタオルを広げ・・・わたくしの身体の水滴を優しく拭ってくださったのです。

胸元にバスタオルを巻き付けると、わたくしを鏡の前に座らせました。
先ほどまで身に着けていたものは、足袋に至るまで全て片付けられておりました。
望月さんは手早くお召し物を身に着けるとあの乱れ箱を手元に引き寄せられたのです。
上を覆っていた薄紅のちりめんを取り去ると、その下にあったのは・・・堆い純白のレースでした。

望月さんはまずわたくしの髪を梳りはじめました。
ポニーテールを作る位置で一つにまとめ、左手で乱れ箱から取り上げた一片のレースで結び止めたのです。たっぷりとした巾のレースは肩先まで垂れて、わたくしに白のベールを付けたような彩りを見せました。
「これをどうぞ」
足元に差し出されたのは白のサテンのミュールのような室内履きでした。3センチほどのヒールの付いた上品なものだったのです。
「立っていただけますか」
差し出された手をとってゆっくりとその場で立ち上がったのです。
「失礼いたします」
「あん・・」
望月さんはわたくしの胸元のバスタオルを取り去ったのです。

「祥子様。こちらに」
次に脚元に広げられたのは夥しい白のレースでした。
優雅な透ける白のリバーレースの輪の中に、わたくしはサテンのルームシューズごと足を踏み入れました。
望月さんがゆるゆると身体の線にそってレースを引き上げてゆきます。

それは足首までのロングドレスになっておりました。
襟元はハイネックに、袖は手首まである長袖のものですのに・・・背中は肩甲骨の下まで開いているのです。
ドレッシングルームの鏡越しに見えたのは、まるでウエディングドレスのような美しい総レースのドレスだったのです。
本来ならサテンのロングキャミソールをインナーに纏うもののはずです。そうしなければ全てのランジェリーの存在を、繊細な花柄を織り出したシルクのレースごしに晒してしまうからです。
いまも本来ならエレガントなレースが・・・わたくしの身体を・・・何も身に纏っていない時以上に淫らに際立たせていたのです。
辛うじてはしたない茂みがないことで・・・もっとも恥ずかしい姿を晒すことはありませんでしたが・・・両の乳房の先端の鴇色の色味だけが羞恥の存在を主張するかのようでした。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
こんばんは。

祥子さんは望月さんに、本当に心を許したいるのですね。
すべすべの狭間を嬲られ、抗うこともなく逝ってしまうなんて。
心から安心しきって身を任せたのでしょう。

ハイネックから軀に沿って垂れるレースのドレス、素敵です。
湯ががりのピンクに染まった祥子さんの肌が、ほのかに透けているさまが目に浮かびます。

さて、まだ夜は長そうです。男性の方々と一緒に楽しませていただきます。

2006/05/17 21:05| URL | masterblue  [Edit]
レースのドレス♪
 ステキですね。
衣装に凝って相手に喜んでもらえるのって
すごくいいと思います。
昔、流行っていたオーガンジーが重ねてある
ひらひらのネグリジェ・・・・。
今では、お目にかかれませんが
なぜでしょう?
少女の頃の私はお姫様のような
あのネグリジェが大好きでしたのに。

2006/05/18 02:41| URL | さやか  [Edit]
台風
台風が接近していて、その準備で忙しかったです。
明日の午後に上海通過の見込みです。
大きな被害にならなければいいのですが、、、

2006/05/18 07:01| URL | yamatan  [Edit]
台風1号が発生したようですね
masterblue様
恥ずかしいのですが・・・この年下の男性にはわたくしは抗えないのです。
どんなにわたくしを強く縛め、主の命に逆らう事無くわたくしを責め立てても
望月さんだけは・・・・。
これは<恋>なのでしょうか。

さやか様
あのオーガンジーのネグリジェ。
わたくしも大好きでした。
白やピンクのふわふわな衣をまとって、
何度ディズニープリンセスごっこをしたことでしょう(笑)。
いまでは、あれほどのものはインポートのランジェリーショップでないと
手にする事はむずかしいのでしょうね。

yamatan様
日本は前線が活発になって雨が・・・というくらいですが。
もう上海は上陸してしまうのですね。
被害が少ない事、yamatan様がトラブルに巻き込まれない事を
こころからお祈りいたします。

2006/05/18 15:19| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)