FC2ブログ

初雪 75

「・・もう・・少しです」
第三釦までを外し・・第四釦を外すためには、少しかがまなくてはなりません。
「・・あぅっ・・」
上体をかがめた途端に、美貴さんの指が第二関節まで押し入れられたのがわかりました。
「そう、その姿勢のほうが僕はうれしいですよ。少しづつ柔かくなってきてますね。祥子さんのアナル」
左手の中指を差し入れたままで、また少しローションを垂らすのです。
「やさしく・・して・・おねがい・・」
わたくしの手は石塚さんのベルトに掛かっていました。ピンをはずし・・・ウエストを緩め・・・
「はぁぁ・・っ・・だぁめ・ぇぇ・・」
美貴さんがゆっくりと中指を出し入れし始めたのです。一本だけとはいえ第一関節から根元までを・・・ゆっくりと・・奥まで押し入れた指先は、わたくしの胎内をやさしく擦り上げるのです。
「もう少しですよ、祥子さん。美貴みたいにあなたの唇でしてもらえないのが残念だが、僕のファスナーをその白い指で下ろしてください」
石塚さんの塊も次第に堅さを増しているのがわかります。わたくしはスライダーを・・下ろしてゆきました。
ばさぁ・・ 石塚さんのパンツが床に落ちます。片脚づつぬいた白のパンツは、望月さんが受け取りハンガーに掛けます。
わたくしは最後の2つのシャツの釦を外しました。
「最後まで祥子さんの手でお願いしますよ」
わたくしに背を向けた石塚さんのシャツに、手をかけます。
「ぁあ・・ぁぁ・・」
4人の中でも一番背の高い石塚さんのシャツを脱がせるためには、身体を起こし少し伸びをしなくてはならないのです。緊張させたからだの奥の一点を広げるような動きを、それでも美貴さんの指は一瞬たりとも止めてはくださらないのです。
「よく出来ましたね。祥子さん」
わたくしの手の中のシャツを望月さんが取り上げると、石塚さんはわたくしに向き直って淫楽に歪む頬にキスをしてくださったのです。

「次は山崎の番だな」
このままで山崎さんのドレスシャツも・・気が遠くなりそうでした。
「・・はぃ・・ん・・ぁっ・・」
でも、約束通りに終わらせない限りは・・鏡の前の責めは終わらないのです。

突然美貴さんの指が抜かれました。
「祥子さん、少しそちらへ行ってください」
ヘッドボードの方にわたくしは動かされたのです。
なぜ・・という問いを口にする前に、わたくしが先ほどいた場所にライトグレーのトランクスの石塚さんが上ってこられました。
「ここに来てください」
石塚さんが指示されたのは・・・彼の顔の上だったのです。
シャツ姿の山崎さんが立っているほうに頭を向けて仰向けに横たわった石塚さんは、一旦起き上がるとわたくしの腰に手を掛けて引き寄せるのです。
「そんなことできないわ」
男性の顔の上に腰を下ろすなんて・・・
「最初に逢ったときもしてあげたじゃないですか。さぁ」
そういえば・・あの時も・・・。でも・・いや・・。
「僕に祥子さんのきれいな花びら餅を楽しませてください。なんのためにあんな想いまでして剃毛したと思っているんですか。さぁ、早く」
ぐいと右脚を掴まれ・・石塚さんの頭を跨ぐ様に・・・強引に。バランスを崩した上体はベッドサイドに立つ山崎さんが支えてくださったのです。
「おねがい 見ないで・・」
わたくしの・・・茂みを剃り上げられ生まれたままの姿にされた秘め所を・・・とうとう真下から見上げられてしまったのです。

「あぁ 綺麗だ。想像していた通りですね。こんなに丘が高くて・・・奥にきれいな花びらと真珠が・・蜜にまぶされてピンクに光って、ほんとうに花びら餅みたいですよ」 
望月さんと入浴した時に・・・彼の唇で一度上りつめさせられていたのです。
いいえ・・・たとえそれが無くてもこれまでの淫戯はわたくしの身体を反応させるのに充分なものでした。 コメント
もう梅雨なのでしょうか。一日中細かい雨でした。
こんばんは。少しご無沙汰してしまいました。
その間に、すっかり辱められていましたね。滞在も延びたようで、ますます愉悦の時間が長くなります。読ませて頂いている私も楽しみが長くなりそうです。
どうぞ、ゆっくり、そして存分に悦楽の淵に沈んで下さい。

イラスト拝見しました。やっぱり豊かな胸!

(蛇足)
私のほうは、新しい物語を開始しました。お時間がありましたら、ご訪問下さい。


2006/05/27 18:23| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
お忙しい日々を過ごされている様ですね。
滞在が延びれば・・・それだけ・・・なのですが、
この方達のご用意いただいた様々なことを考えれば
わたくしとの時間をどれほど楽しみにされていたかがわかるというものです。
いままでの長い前戯もとうとう終わりそうな気配ですわ。

イラストご覧下さってありがとうございます。
実は・・・今朝ほどイラストのサイズを大きくして、もう一枚プラスしてみました。
その仕掛けはぜひご覧になって確かめてくださいませ。

2006/05/28 09:31| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)