FC2ブログ

初雪 90

「両手を後に突いてください」 
宙に浮いた不安定な姿勢のままで・・・猛り狂う塊を唇に受け入れていたわたくしの両手を解放し、自分で上半身を支えなさいと・・山崎さんが漸くおっしゃってくださいました。
「あぁぁあん・・だめぇ・・・」
身体を起こし・また後に反らせるその動きだけでも、美貴さんの塊はわたくしの胎内で抉る向きを変え・・・自ら望んで快楽を貪っているかのような結果をもたらすのです。
「これでいつものフェラチオができますね」
わたくしの右側に立った山崎さんは・・・先ほどまでのイラマチオで唾液に濡れ光った塊をあらためて唇に押し付けるのです。
表面にまとわりつく粘液には、仄かに男性の精の香りさえ加わっておりました。
「んぁああ・・んぐぅぅっ・・」
足の小指と薬指を同時に含まれる妖しい感覚に喘ぎを漏らした唇に・・・ずぅぅぅ・・っと、昂ったままの塊を押し込まれてしまったのです。

「これじゃ我慢できないな」
右手でご自分のものを扱き立てながら、わたくしたちを見つめていただけの石塚さんが、足元に動かれました。
「さっきはアナルだったからな、祥子さんの花びら餅をこれで味合わせてもらうことにするよ」
満足なさったばかりのはずなのに・・・あぁぁぁ・・だめぇぇぇ・・・
「ずるいですよ。石塚さん」
山崎さんが、先ほど再度わたくしを欲しがる美貴さんに言われて一旦明け渡した場所です。 すでに満足されているはずの石塚さんに、それでもわたくしの唇から塊を抜き出すことも無く・・・腰を使ったままで山崎さんが非難の声を上げました。
「ふふ、祥子さんの薄い壁越しに石塚さんの大きなかりが動くのがわかりますよ。今夜は元気ですねぇ」
美貴さんまでもが揶揄するように、先輩に声を掛けます。
「久しぶりだよ、こんなに早く回復したのはね。ああ いい。アナルも良かったが、やっぱり祥子さんのここはいいね」
2つの塊が、反り身になったわたくしの中を埋めてゆくのです。ほとんど動くことの出来ない美貴さんに変わって、石塚さんは容赦なく激しい抽送をはじめたのです。
「ん・・くぅぁぁぁ・・・」
山崎さんの裏筋を舐め上げようとする舌の動きを、思わず止めてしまうほどの強烈な快感でした。
石塚さんの動きに合わせる様に、望月さんは反対の足指へ・・・の口戯をうつしはじめたのです。
「剃毛するとこんなに敏感になるものなんですね。祥子さん、凄い締め付けですよ。いいですか。ほら、ここがいいのかな」
角度を変えて・・深さを変えて・・奥の突き当たりまでを、大きく張り出した塊が突き上げ・擦りあげてゆくのです。

「口がお留守ですよ。祥子さん」
胎内からの2つの塊が送り出す刺激に蕩けそうになるわたくしを、山崎さんが声と彼自身の大きさとで引き戻すのです。
幾重にも押し寄せる淫楽は、わたくしをばらばらに引き裂いてゆきます。
「あぁ、2度目なのに。また祥子さんに逝かされてしまいそうだ」
わたくしの中で石塚さんが一段と太さを増してゆきます。
「うぐぅぅぅ・・・ぁ・・ぁぁくぅぅ」
抽送にも一段と早さが増してゆきます。蜜壷とアナル・・・口腔・足指・・そして美貴さんの指が這う背中。
わたくしはまた頂点へと追い込まれていました。
「祥子さんも逝くのか、あぁ奥が蠢いてるよ。逝くんだね。ああ逝くよ、祥子。逝くっ!!」
じゅぷ・じゅく・じゅぽ・・・淫らな蜜音を響かせながら、石塚さんは美貴さんとの間の肉壁を擦り立てると、最もわたくしが感じやすい最奥を突き上げた塊を引き抜いて・・・真っ白な熱い精液をわたくしのお腹から乳房の下辺までに・・・振りかけたのです。

「石塚さん。交代してください」
わたくしの唇をイラマチオから解放して、山崎さんはベッドエンドに立つ石塚さんの肩をたたきました。わたくしは・・・まだ美貴さんの長い塊に貫かれたままで・・・ぐったりと彼の上にその身を横たえていたのです。
下から抱きしめるような形で、でも美貴さんの手はすでにわたくしの両の乳首をいらっていました。
「あぁ、そうだな」
吐出の余韻の残る塊を石塚さんはあらためてひくつく蜜壷に押し込み、その感触を味わってらっしゃいました。快感に収縮する柔壁がに自然に彼の塊を排出するまで・・・ご自分の茂みを溢れ出る愛液と精液のカクテルにしとどに濡らしたままで・・・じっとなさっていたのです。
「逝き切ったあとの祥子さんも良くてね。なかなか離れられなかったんだよ」
薄く苦笑いを浮かべ、ゆっくりと身体を離しました。
「そんなにいいですか、楽しみですね」
山崎さんの左手は、凶暴なほどに猛った質量をほんの僅かでも落とさない様に・・・塊を自らの手で扱きつづけていたのです。
「白い肌を汚してすまないね」
ぐったりと眼を閉じているわたくしを見やると、湯で絞ったタオルを手に傍らに立つ望月さんとわたくしのどちらともなく、石塚さんはさりげないひと言を付け加えられました。
「ここも祥子さんの口できれいにしてもらいたかったが、あの様子じゃ無理みたいだね」 石塚様・・・と望月さんが差し出したタオルを受け取ると、石塚さんはまだ蜜が滴っている塊とぬめる茂みを丹念に拭ってくださったのです。

「こんなにたっぷり逝かされたのは久しぶりだよ。さすがに祥子さんだ」
石塚さんは満足気に頷くと、今度こそはベッドの下に・・・まだ望月さんの唇が触れていない・・わたくしのふくらはぎへとその舌を這わせたのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)