FC2ブログ

シースルー・ナイト 8

「祥子さん 力を抜かないとけがしますよ」
「はぁぁ・・・ん トモくぅぅぅん・・・・はぁ・・・」 
ディープキスから解放されたわたくしは、喘ぎとも吐息ともつかない声をあげてしまいます。
柔らかくなったわたくしのアナルは彼の太い先端を飲み込み、かりの下でくぅぅっと彼のものを締め付けるのです。
「ああ 祥子さんの締め付けがきつくなった。2本差しはすごいな トモ」 
抱きしめた腕をゆるめ、下から乳房をこねる先輩の声もうわずっています。
「先輩のが大きいからですよ。アナルバージンを失った気持ちはどうですか 祥子さん」
「はっあぁぁ・・・」
実は2度目とはいえ、その衝撃は最初の時となにも変わりませんでした。
それも唇でさえ頬張るのがせいいっぱいの太い塊と同時に・・・薄い壁ごしに動かれるのです。
言葉を紡ぐことさえ出来なくなっていました。
彼は塊を押し入れ、ひろがったアナルにまたローションを垂らすのです。
加えられたぬめりでスムースになったアナルに、彼はゆっくりと抜き刺しを再開するのです。
「ああ・・すごい・・のぉぉ・・いい・・・あはぁぁ」 
薄く伸ばされたアナルの粘膜を擦り上げ、胎内を抉られる感覚にわたくしは翻弄されておりました。
高い声を押えきれず、もう身体をめちゃくちゃに犯される快感しか感じることができなくなっていました。
 
彼はいつもよりはゆっくりと、でもアナルを犯すには激しすぎるスピードで熱い塊を突き入れるのです。
「まるで唇だけきつくすぼめた口の中に出し入れしてるみたいだよ。祥子さんのフェラチオみたいに・・・舌が唇の中をまんべんなく優しくなでて うぅっ・・・やわらかく締め付けるそんな感じだ いいっ」
ノーマルなセックスとはちがう感触に、彼の性感も激しく刺激されていました。
狭いアナルの中でひくひくと塊が蠢くことすらわかるのです。
熱い塊がわたくしの内臓を行き来するのです。
「あん・・おかしくなっちゃう・・・アナルが変なの・・・いいぃぃ」 
譫言のようにわたくしは喘ぎを繰り返すしかできませんでした。
「僕のもきついくらいに締め付けているけど。んぁ もっとなのかい」 
下から太いものをこねる先輩が彼に聞きます。
「そうですね ほんとにちぎれそうだ。でもいいんですよぎりぎりな感じが。祥子さんもでしょう?」
「だめぇ・・・いいのぉぉ・・・両方ともいっちゃう・・いっちゃうの」 
さきほど一度上り詰めた女壷は、押し広げられかりで内壁をこすり上げられ奥を刺激されて、中に出された精液とともに真っ白な愛液をとめどなく溢れさせていました。
「はぁああ・・・いい・・・いくのぉぉ・・・いっちゃあうぅぅ・・・」 
はしたない声に前後の塊が一層激しく動き続けます。
「いくのがとまらないのぉぉ・・・トモくぅぅぅん・・・いくぅぅ・・・ああぁあああ・・・またぁぁ・・・いやぁあぁぁ」 
何度も何度も押し寄せる快感は、どれだけ高まっても静まってはくれないのです。ひと突きごとひと擦りごとにわたくしを淫らな女への染めてゆきます。
「いいですよ しまるぅ っく・・・いく!!祥子さん いきますよ」
下からわたくしを犯していた先輩は、何度か激しく腰を突き上げると深く押し込んだままでゆっくりと精液を吐き出しました。
 
脈打つような吐精の刺激が彼に伝わったのでしょうか・・・
「アナルにも中出ししてあげるよ。祥子さん いくよ」 
先輩が、噎せ返るような栗の花の香りを放つ女壷から塊を抜いた途端に・・・白い丸みに指をくいこませるようにして・・・いつものセックスのように激しくアナルを犯しはじめました。
「かんにん・・・トモくぅぅん・・・いっちゃう 祥子 アナルでいっちゃうぅぅ」
「もっといけ!はじめてでアナルで何度もいくなんて!!この淫乱!」
彼も2度目の射精に向けて、塊の熱が・・・ひときわたかまります。
「まだいくのか どれだけいったら満足するんだ!!」
ソファーからも羞恥を高める声が飛びます。
「あそこから精液をしたたらせてアナルでいくなんて、いやらしい女ですね」
わたくしの下から顔を見上げる先輩が、いましがたの満足すらうそのように言葉責めをするんです。
「ほらいやらしいいき顔を見せてください、祥子さん。トモにアナルでいかせてもらいなさい」
「いくぞ いくっ!!!」 
彼のものが根元まで押し込まれたと同時に、腸壁に熱い精液が当たる感触がしました。何度も・・・強く何度も・・・
「ああぁぁぁ・・・いくぅぅぅ・・・・・」 
射精の感触のあまりのリアルさにまた一度わたくしは高く上り詰めてしまったのです。

彼がゆっくりと塊を引き抜いたあと、わたくしのアナルは閉じることも出来ず中出しされた精液を溢れさせていました。
広いパーティルームは3人の年若い男性の4回にわたる射精と、快感で汲み出される愛液の匂いで空気の密度を高めていました。
ほんの一瞬なのかもしれません。わたくしは気を失っていたようでした。
彼と二人の先輩に犯された姿勢のままで、バスローブを羽織る様にかけられていました。
「祥子さん シャワー浴びてきませんか?」 
彼が優しく揺り動かして声を掛けてくれます。
「いま、何時なの?」 
22時に彼らと待ち合わせてから、どれだけの時間がたったのかもわからなくなっていました。
「朝の6時だよ ごめん僕たち今日も仕事なんだ」 
シャワーを浴びた濡れた髪で、二人の先輩はテレビのニュースを見ています。
「ん・・・わかったわ ちょっと待っててね」
バスローブの袖を通し前を掻き合わせると、バッグの中に昨晩仕舞ったランジェリーを取り出しバスルームに向かいました。 
 
「ん・・っく・・すこし沁みる・・」 
ついさきほどまでの激しい行為を軽い痛みで思い出しただけで、改めて花びらを潤ませてしまいます。
先日は夢中なだけだった排泄器官での行為がこんなに・・・すごいなんて。
体内にぶつけられた熱い精液の噴出を思うだけで頬を染めてしまいました。
髪を濡らさない様に、一晩の汗と精液と・・・自らのはしたない愛液をシャワーで流し・・・コンビニでの行為と逆の手順でランジェリーを身につけてゆきます。
彼と二人の先輩がつけたキスマークは、わたくしの黒のレースのランジェリーにうまく隠れてくれました。
 
ランジェリーの上にバスローブを羽織って・・・昨晩バスルームで脱がされたワンピースを探しました が、見つかりません。
部屋に戻って、クローゼットをあけると・・・そこにはきちんとハンガーに掛けられた黒のシルクのワンピースがありました。
バスルームにワンピースをもって戻り、髪を整えてあらためて部屋に戻ります。
16も年下でも彼をセフレとして気にいっているのはこういうところなのよね・・・
「ふふふ」
わたくしの笑い声にトモくんが近づいて・・・軽くキスをしてくれます。
「満足した?」 
にやにやと・・・でもわたくしのはじめてを奪った自信が、彼をまた少し素敵にしていました。
「徹夜になっちゃったわ。くたくたよ」 
「ん 満足したみたいだね じゃ、行こうか」
 
部屋を出る時に・・・あの写真がないことに気づきました。
「トモくん あのお写真はどうしたの?」
「ここさ」 
下りのエレベーターの中で、彼はジャケットの内ポケットから10数枚の写真をとりだしました。
「祥子さんが写真を撮らせてくれるまでこれは僕があずかっておくからね。大切にするよ、かわいい祥子さん」
写真の中のわたくしにキスをして、彼はまた内ポケットに写真をしまい込んだのです。


祥子からの手紙-4
こんにちわ 祥子です。
自宅でシャワーを浴びて軽い朝食をいただきながらこれを書いています。
たった一本のお電話で夕食に出かけたはずが
長い眠れぬ夜を過ごす事になってしまいました。
 
あのあと最寄り駅まで彼の車で送ってもらいながら
二人の先輩の方のお年をうかがったら28歳と31歳でしたの。
彼も若いので予想はしていましたが・・・・
かえってわたくしの年令を聞かれてお答えしたら
びっくりされてしまいました。
 
やはり同じ夜を過ごすなら
お気に入りの彼と共にが格別ですわね。
 
さ、これから少しお昼寝をさせていただきます。
この次は夢で・・・お逢いいたしましょう。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
久々に、ゆっくり読み直してます。
本にしおりを挿むように…
いつものように
読み終えたところにコメントを挿んでいきます♪
行方不明になってたエッチモードが…
ちらりちらりと顔を覗かせて…。
眠れなくなっちゃったら、どうするのよぅ~ホントにもう~~(笑)


2006/01/30 22:58| URL | めい  [Edit]
めい様
ようこそいらしてくださいました。
msnにはおいでになれないって伺っていましたから
こちらを見ていただくのはとても嬉しいです。
わたくしのブログの一番最初の女性ファンのめいさんですから、こちらでもぜひ楽しんでいかれてください。
少しずつ加筆訂正もしてますので、間違い探しも楽しんで♪

2006/01/31 18:14| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)