FC2ブログ

ジューン・ブライド 11

「あん・・・ね・・おねがいよ」
両手が自由になれば・・・トモくんの目からはずかしい場所を覆い隠すことができます。それだけでいいから手を自由にして・・・わたくしはそんな風に口にしてしまいそうになりました。
「あぁ まっしろい肌だ。それが黒のブラからこんなに溢れて。たまらない。」
ちゅぅぅぅ・・・ トモくんはまろびでた左の乳首を・・・乳輪ごと口にするとはしたない音をたてて・・吸い立てたのです。
「はぁっ・・あぁぁん・・・」
はじめて彼に抱かれた時は、ただ・・・貪るようにわたくしの乳房を口にしていただけでした。でも、いまは・・・淫楽の蕾がわたくしに与える妖しい響きを知り尽くしているかのように・・・トモくんの唇も舌も動き続けるのです。
「こっちはどうかな」
ちゅぷぅぅぅ・・・ いつのまにか引き下ろした右のブラに覆われていた淫らな大きさの先端には・・・彼の前歯と舌が同時にまとわりつくのです。
わたくしは妖しく腰を蠢かせてしまったのです。
「やぁぁ・・・ぅっ・・ぁ・ぁぁん・・」
左の乳首はトモくんの指が・・・ねっとりと載せた唾液のぬめりを塗り込めようとするかのように・・・扱き立てるのです。

「いい声を上げるね、祥子さん。夢にまで出て来そうだよ。」 
「いやぁぁ・・・そんなこといわないで」
右は甘噛みの痕がひりついているのに・・・トモくんの大きな手が掴みきれない白い乳房を指の間から溢れるほどに強く握りしめるのです。
「生理の時でも女の人のあそこって濡れるんですか?祥子さん」
わたくしの身体が・・・感じやすいバストへの愛撫だけで・・・はしたなくしとどに濡れそぼることを彼は知り過ぎるほどに知っていました。
「いじわる・・・しらない・・わぁ・・んぁぁ」
かぷぅ・・・ふたたび伏せられた彼の唇に啄まれた左の乳首は・・・わたくしの腰を淫らにひくつかせたのです。
「はじまって2日目でしょ。もっと生臭い血の匂いがするんじゃないの?祥子さん」
トモくんの手がわたくしの太ももの合わせ目に触れようと降りてきました。
「やぁっ・・・」
ショーツとタイツの上から触れようとする手から、バランスを崩しながらも逃れました。
わたくしが、彼に知られたくなかったのは・・・言い訳にした月のもののことではなく、4人の男性に摘み取られた茂みのことだったからです。

でも、却って両手を縛られた上半身は、トモくんの胸に・・しっかりと落ちていったのです。
「ふふ そんなにでかい胸を弄られるのが気に入ったのかな?祥子さんは」
「・・はぁぅん・・いわない・・でぇぇ・・トモくぅぅん」
わたくしの・・・萌え出たばかりの茂みは・・・サテンのショーツもタイツも透かして・・・ちくちくとした先端を露にしていたのです。トモくんの手が触れれば・・その感触にすぐに気づかれてしまったことでしょう。
「ほら、こうされたいの、祥子さん。」
トモくんの両の指からこぼれんばかりに掴まれた乳房を押し上げるようにして乱暴にもみしだくのです。
「あはぁぁん・・・やぁ・・トモくぅぅん」
掬い上げる様に押し当てられた彼の大きな手は、中指と人差し指の間に乳首を挟み込み・・・乳房全体だけでなく・・感じ過ぎる先端までもを同時に嬲っていたのです。
「このおっきな胸で扱いてもらいたくなっちゃうよ。」
ちゅぅぅりゅぅん・・・ 男性の握力で掴み上げた右の乳房を強く引くと、指の狭間でしこる乳首をすいたてるような舌使いでなめるのです。
「はぁぁっ・・・いいの・・ぉぉ」
「祥子さんはこんなふうに酷くされるのが感じるんだぁ」
ちゅぅぅくぅぅぅりゅう・・・ 今度は左を・・・わたくしは感じやすい乳房が熱を持ち始めたんじゃないかとおもうほどに・・・強く・きつく・・・何度もなんども・・繰り返すのです。
「あぁぁっ・・だめぇぇ・・トモくぅぅん・・・おむねでいっちゃうぅぅ」
立ったまま・後ろ手に縛られたままで・・・年下のセフレに秘め所への興味を削ごうと、望むままに与えつづけた2つの乳房は・・・もう限界でした。
トモくんは意識してはいなかったでしょう。でもわたくしの身体はGカップの乳房をきつく縄で縛り上げられる責めの快感を・・・知ってしまっておりました。それと同じ快感を送り込み続ける生身の男性の大きな手は、確実にわたくしを淫楽の淵に追いつめていったのです。
「こんなんでいっちゃうの、淫乱だなぁ、祥子さんは。」
「はあぁぁっ・・・いっちゃ・・うぅぅぅ」
容赦のない十指の動きに翻弄されたわたくしは・・・第一関節が食い込むほどに強く乳房を掴み上げられたところで・・・最初の絶頂を極めてしまったのです。




「ぁん・・・」
参道へ向かう大鳥居の手前、源氏池を牡丹園へと回り込む道でぬかるみに足を取られたわたくしを、森本さんの腕が支えてくださったのです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
『でもわたくしの身体はGカップの乳房をきつく縄で縛り上げられる責めの快感を・・・知ってしまっておりました』すでにそんな淫らな身体に躾られてたのですね?
その勃起した乳首も同様に淫らなのかな?

2006/06/24 16:46| URL | 青龍  [Edit]
休日の午後・・・ゆっくりよませていただきました・・・
森本さんとトモくんのお話・・どうシンクロしていくんだろうって楽しみです^^
初雪も最後まで読みました・・・わたしも淫靡な妄想を楽しませてもらいました・・・あんなことされたらとか・・・・


2006/06/24 16:58| URL | 悪夢(あむ☆)  [Edit]
さすがはトモくん、スピード感ある乳房責め。
おっぱいマニアのeromaniaにも伝わってきます。

さて彼はショーツの下に隠れてる祥子さんを見てどんな反応を示すのだろう。それが楽しみ!

2006/06/24 18:31| URL | eromania  [Edit]
朝の曇り空に今日も雨かと思っていましたが
昼すぎから夏を思わせる日差しが顔を見せましたね。
もう・・・夏はすぐそこにいます。

青龍様
縄でGカップの乳房をくびり出されることは・・・恥ずかしながら何度か経験をさせられておりました。
<唐紅><初雪>の望月さんや、<ムーンナイト・アフェア>の長谷川さんが、わたくしの身体に教え込んだのですわ。

悪夢様
いらっしゃいませ。
休日の一時をこちらで過ごしていただけたなんて光栄です。
<初雪>も最後までお楽しみいただけたのですね。
あんなこと・・・・ってどんなことでしょう♪ 今度内緒で教えてください♪

eromania様
eromania様もこんな風に乳房をお責めになるのでしょうか?
それともトモくんのような性急さではなく、もっとしっとり・ねっとりとお責めになるのかもしれませんね。
彼の反応はわたくしにもまだ想像がつきません。できれば・・・知られることなく、終わりにしたいのですが。 無理ですわね・・・・

2006/06/25 01:42| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)