FC2ブログ

ジューン・ブライド 13

彼のまっすぐで大きな塊は、その先端だけが一段と大きく・・・わたくしの喉を時折塞ぐほどに奥まで付き入れられていました。とても・・・喘ぎ声さえも・・・上げる事ができないほどでした。
なのに・・・答えを強いるのです。
わたくしの髪を引く様にして、口を犯したままで視線だけを上げさせると、眼を合わせて・・・もう一度・・・。
「好き? これがすきなの? 祥子さん」
「・・す・・ひぃぃ・・・トモ・くぅ・・んんのぉ・・・す・・き・・ぃ・・・」
わたくしの声を聞いて、口内に暴れる塊はぐぅぅっと太さを増したのです。
じゅるるぅっ・・・ちゅるるぅん・・・ とわたくしは吸い立てるようにして塊に舌をまとわりつかせました。
ここでトモくんに満足してもらえば・・・わたくしの恥ずかしい身体の秘密を知られる事無く、一度は冷静に話が出来るはずです。
一杯に広げられ出し入れされる度に、彼の塊にまとわりついた粘液がしごき落とされているかのように唇に留まりました。まるで唇そのものが自ら蜜を溢れさせたとでもいうように・・・ねっとりと滴るほどにまとわりつくのです。
「ああ これ以上はだめだ。でちゃうよ。」
ちゅくぅぅ・・・・トモくんの逞しい腕がわたくしの頭をひきはなしました。

「・・ぁあ・・・ん・・」
あと少しだったのに。彼は猛々しく昂ったまま・・・わたくしの唇から離れてしまったのです。
「おねが・・い・・・もっとぉぉ・・」
後ろ手に縛られて不安定な上半身を倒し・・・わたくしの顔を自らトモくんの塊にすりつけるようにして・・・わたくしは続きをねだりました。
はしたなく開いた唇から伸ばした舌先が、彼の先端から溢れる透明な滴に触れる前に、トモくんの両腕が伸びて来て・・・わたくしの肩を押し戻します。
「おあずけだよ、祥子さん。」
「あぁぁっ・・・」
「相変わらずフェラ好きなんだね、祥子さんは。僕と続けてくれれば、いつでも何時間でも気が済むまで舐めさせてあげるのに。」
蕩けかけた理性に、若い・わたくし好みの肉体というアメを差し出すのです。
わたくしの思惑も知らずに、トモくんはわたくしから別れ話を撤回するという言質を取ろうとしていました。どんなことがあっても・・・結婚をする彼と、結婚後までセックス・フレンドという関係を続けるつもりはありませんでした。
翻意を促す視線をおくりながら、彼は下ろしかけていたトランクスをまたもとのようにきちんと履き直しました。昂ったままの塊は、そのシルエットの形の沁みをつくり・・・欲望がまだそこに留まっているのだと主張するように大きく前を張り出しておりました。

「だめ、これが最後よ。」
「強情だね、祥子さんは。さっきまでの蕩けた顔も好きだけど、強気の大人の女のきつめの顔も好きだよ。スーツ姿のままで立たせて後からめちゃくちゃに犯したくなる。」
以前、わたくしからトモくんを呼び出した夜に、二人の先輩の目の前でホテルの扉のすぐ側の壁に手を付かされて・・・彼にそうして犯されたこともあったのです。
「さぁ、その邪魔なランジェリーを脱がせてあげるよ。本当は、水槽の青い明かりの前で祥子さんが自分でストリップしてくれるといいんだけどね。」
トモくんは、わたくしの肩を掴むと、もう一度熱帯魚が泳ぐ水槽の前に立たせたのです。そして・・・手首をネクタイで縛めたままで、好みのストラップに変えるための左の金具をついっと横に引いたのです。
「あっ・・・」
フルカップのシンプルなサテンのブラは、ストラップの支えが亡くなった途端に・・・花びらのようにトモくんに向かって開いていったのです。
「前に祥子さんが教えてくれたんじゃないか。ランジェリーのこと、たくさん。ここがこんな風になっていることも。」
続いて右の金具も・・・乳房の重みに耐えかねたブラは白い果実を彼に捧げるかのようにゆっくりと・・・Gカップの白い肌を晒していったのです。
「いゃぁ・・・」
トモくんがこんなことを憶えているとは思ってもいませんでした。確かに、何度目かの逢瀬の時に彼にこんなことを教えたこともありました。わたくしすら忘れていたことなのに・・・彼は憶えていたのです。
ブラを取り去るためには手首の縛めを解かなければならない、その時が・・・自由になるチャンスだと思っておりました。
なのに、その僅かな機会さえわたくしは逸してしまったのです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
白くボリューム感があり形の良いバスト・・・
薄っすら透き通った血管・・・
恥ずかしいくらいに勃起した乳首・・・

理想の乳房です。

もちろん縛って苛めるのに理想なんですが・・・


2006/06/26 18:00| URL | 青龍  [Edit]
こんばんは。
トモ君はお見通しでしたか。

トモ君にどんな言い訳をするのか・・・楽しみです。
「祥子さん、どうするの。恥ずかしいよ~」と、そばで囁いてあげたい。

ブラジャーのストラップって、交換できるのですか。知らなかったーもっと勉強しなければ。

2006/06/26 20:44| URL | masterblue  [Edit]
青龍様
青龍様もトモくんのように・・・お好きなのですね。
縛られると縄痕が紅く残るこの乳房が。

masterblue様
もう・・そんな言葉を囁いたりなさったらだめです。
トモくんの視線と身体だけでも・・・いたたまれませんのに。

ストラップを交換できるタイプのものは増えていますね。
肩をあらわにするお洋服の時には便利なのですが・・・
適度なサイズの方だと・・・ストラップレスで付けることもできるのですが
わたくしの場合はそんなふうには付けられなくて。
透明なシリコンのストラップに付け替えたりします。

2006/06/27 02:02| URL | 祥子  [Edit]
夏は女性の胸元が気になります。
きりりと引き締まったウエストに豊かなバストが理想です。

2006/06/27 07:27| URL | yamatan  [Edit]
立ち寄らせてもらいました・・・これからもよろしくお願いします。相互リンクさせて下さいませ。
マゾな祥子さんですね。サドな私は男の立場からやはり見てしまいます。妄想を掻き立てられてしまいます・・・

2006/06/27 08:30| URL | kaoru  [Edit]
今日は少し太陽が顔を出しています。
でも青空は薄い雲のベールの向こう・・・
やっぱり梅雨空のうちなのだと実感してしまいます。

yamatan様
上海はもう<夏>なのでしょうか。
女性にとっても理想的なそんな素敵なプロポーションの方が
いまもyamatan様の目の前を通ってらっしゃるのかもしれませんね。

kaoru様
ようこそいらっしゃいませ。
ほんの少しでもお気持ちに触れられたのでしたら・・・幸いです。
相互リンクの件、お申し出ありがとうございます。
実はつい先日、リンクを確定したばかりなのです。
なし崩しでのリンクは避けたいと思っておりますので、こちらからのリンクは
もう少しだけお待ちいただけますでしょうか?
勝手なお願いをして、申し訳ございません。

2006/06/27 12:04| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)