FC2ブログ

女性運転手 結城 2




わたくしが、結城さんという、どちらかと言えば小柄でボーイッシュな女性に出逢ったのは、元旦の朝、ホテルのエクゼクティブ・ルームの扉の前でした。
山崎さんの社用車のベンツを運転する方だと聞かされていましたから、てっきり望月さんのような男性だと思っていたのです。なのに、そこに立っていたのは20代前半の仔鹿のようなお嬢さんでした。

意外だと思ったのは、わたくしだけではなかったようです。
「おはようございます。結城と申します、よろしくお願いいたします。」
彼女はわたくしを一瞥すると、ピクリと右の眉を上げて堅い声で挨拶をされたのです。
「時間通りだね。休日出勤で申し訳ないがよろしく頼みます。」
山崎さんが優しく声を掛ける時だけ、彼女の表情が年相応の女の子らしい可愛さに和みます。
あら、結城さんは山崎さんが好きなのね、とわたくしはピンと来たのです。その<好き>がどんな種類のものなのか、わたくしは計りかねておりました。
少なくとも上司として、信頼しどんなことをしても着いてゆくことを厭わない・・・そんな尊敬だけはストレートに感じ取れたのです。

わたくしは、そんな彼女を運転手に指名した石塚さんと山崎さんに安心していたのです。まさか、うぶな彼女の前で・・・わたくしとの淫らな遊戯に耽るようなことはしないだろう・・・と。
でもその希望は、関越自動車道に乗ると間もなく打ち砕かれてしまったのです。





「結城くんは、25歳になったところです。」
あの方はおいくつなんですか?そう聞いたわたくしに、山崎さんはそう教えてくださったのです。
「そうなのですか。もっとお若いのかと最初は思いました。でも運転の技術を見る限りではそんなに・・・とも思いましたし、ましてや山崎さんのドライバーをなさっているのですから。」
「たしかに、社用車の専属ドライバーで、女性の25歳というのは珍しいでしょうね。」
「ええ。」
「彼女は変わった経歴の持ち主なんですよ。」
雇用主として・・・社用車の中で時折二人きりの時間を持つ上司と部下として、知りうることを・・・少しずつですが山崎さんは話しはじめてくれました。




結城くんは、長野県茅野市の出身なんです。
お父様がアルピコハイランドバスで観光バスの運転手をしていたことから、女の子でしたが車や運転に小さい頃から興味があったそうです。
実家が山を持っていたらしくて、父親の手ほどきで私有地では14・5歳のころから随分車を乗り回していたと言ってましたね。
4月生まれだったからと、高校3年の時には免許を取得し早速手に入れたワゴンRをチューンナップしては、夜は門限があるからと苦手な早起きをしてまで毎日乗り回していたそうです。茅野は長野でも南の方になりますから、雪も重いですし根雪にもなりやすい。そんな土地で、実質4年以上運転をしていたのですから腕も磨かれたのでしょう。

うちにはドライバーで入社したのかって?
いいえ、彼女はパタンナーとして最初は採用されたんですよ。
結城くんは長女でしたが、実家には年の離れた弟がいるそうです。田舎のことですから、家は長男が継ぐ。女の子は早くに結婚をするか、いずれ独立して生活できるようにと手に職をつけるようにと両親からは常々言われていたそうです。
アーティスティックなことが好きで、感覚に優れていて、メカに強い。
不況だから普通のOLになっても将来が見えないし、だったらCADオペレーターなんかどうだと高校の担任に勧められたと言っていました。
CADと一口に言ってもいろいろあります。
結城くんはその中でも、女性としては一番取り組みやすいパタンナーへの道を選んで、高校卒業後、文化服装学院のファッション工科専門課程へ進んだそうです。

履歴書を見ても、学校の成績の優秀さは群を抜いていましたね。
人事担当者によれば、CADとパターンメイキングのセンスはキラリと光るものがあると、文化の先生も褒めていたようです。
そうそう、履歴書を見ていて印象的だったのはアルバイトの経歴について書いてあった部分です。
普通は、ファッション系の専門学校生の子はショップの販売員とか飲食サービスなどのこうお洒落なアルバイトをしたがるものです。もちろん、そういった場所で感覚を磨くことも大事な勉強の一つなんです。
なのに、彼女が文化に通っていた3年の間にしていたアルバイトは「宅配便」だったんですよ。実家に帰ったときは当然のように車を乗り回していたのでしょうが、よっぽど車好きだったのでしょうね。あれには、驚きました。





「本当に運転がお上手でしたもの。」
わたくしも、彼女ほどではありませんが運転はします。車のことも、乗っている人のこともきちんと考えて、なお走る事を楽しめる・・・彼女のドライビング・テクニックには卓越したものがあったのです。
「次のお酒はいかがなさいますか?」
雨が小降りになったのでしょうか。店内のボックス席は2組のお客様で埋まっていました。カウンターのバーテンも、はじめてここに伺った時の男性の方・・・この店のマスターに変わっておりました。
「今夜はオンザロックのウイスキーをいただこうかしら。なにかおすすめはありますか?」
「そうですね。シングルモルトがよろしければ、ボウモアなどいかがでしょう。」
そう言ってカウンターに出されたのは18年ものの限定ボトルでした。
「こんな雨の夜にはいいかもしれないですね。お願いします。」
「それじゃ、僕も同じのを。」
山崎さんのグラスもとうに空いていたのです。
「かしこまりました。」

二人の前に、まぁるい氷を浮かべたバカラのロックグラスが並ぶまでさほどの時間は掛かりませんでした。
その間、仲の良い3人が揃ってマッカラン好きになったことをマスターにからかわれて、山崎さんは照れ笑いをその頬に浮かべていたのです。

「学生とはいえ、そんなに優秀だったのに結城さんはどうしてパタンナーを辞めてしまったのかしら?」
カラン・・・ わたくしの疑問に山崎さんはグラスを回しながらゆっくり答えてくださったのです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
あらら・・・祥子様
朝見るとテンプレートが変わっていて、今見るとまた少し文字の色が変わってますね。

いろいろ試行中ですかあ?

2006/07/15 16:23| URL | 桜草  [Edit]
桜草様
ええ、そうなんです。
テンプレートのデザインは葉の陰にしたかったので・・・結局スタイルシートをさわってしまいました。

お話は、今回は語り手が3人います。
山崎さんと結城さんとわたくし。そして山崎さんとわたくし二人の語りと。
というわけで、前回よりも増えた視点に合わせて文字の色を変えてみました。
バイオレットピンクはわたくし、グリーンは山崎さん、ネイビーが結城さん・・・の予定です。

2006/07/15 17:24| URL | 祥子  [Edit]
なるほど…視点ごとに文字の色を変える。
読むこちらもスムーズに入り込める仕組みですね。

ミッションというのは「使命」ですよね。
どんな展開になるのか楽しみです。

2006/07/15 19:54| URL | eromania  [Edit]
イイ感じのお酒ですねw
実はしばらくお酒やめてるんです・・・
※といっても安酒ですがw

ウイスキー、ブランデーなつかしすぎますw
ああ・・・飲みたい

2006/07/15 23:39| URL | よしちょ  [Edit]
連休の初日の夜。お気に入りのバーでお酒を頂戴しております。
3連休・・・皆様はいかがお過ごしですか?

eromania様
<淑やかな彩>は種をあかせば実はわたくし1人の視点で
描かれた物語なのです。
全く違う方の語るお話を交えて・・・というのは、実は今回が初めてでした。
なので、試行錯誤の結果としての文字色の変更どうぞお許しくださいませ。

よしちょ様
ふふふ、お酒ですね。
山崎さんとわたくしの間には、常になにかのお酒が存在します。
その間合いを楽しんでいただけるなんて、とても嬉しいです。

2006/07/16 00:51| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)