FC2ブログ

女性運転手 結城 6

結城くんはショップではなかなか上手くやっていたようだ。
本社勤務の時は私服のままだったから、化粧っ気もなくいつもジーンズとシャツばかりだった。ショップで制服がわりに稼ぎ頭のブランドの服を着て、先輩の女子社員に言われて口紅くらいは引く様になって少しは女の子らしくなってた。

だが、百貨店部の懇親会で箱根へ社員旅行に行った時、プライベートの結城くんは少し元気がないように見えた。
入社して間もなくのころに先輩とのことで苦労したせいもあって、表面上は卒なく回りの人間と会話をこなしている。が、1人になったときふぅぅっ・・っとため息を吐いた背中が小さく見えて可愛そうになった。
本社に居た時、CADに向かった彼女は何時間でも疲れ知らずにパターン・メイクに取り組んでいたという。それが、一転して人との接触の多いショップ勤務だ。人と付き合うことがあまり得意でないタイプなら、それなりに大変なこともあるのだろう。
彼女に話しかけようと思っても、夜のパーティではあちこちの店舗のショップマスターに囲まれてチャンスを逸していた。
翌日は、百貨店部の有志でゴルフをする予定だった。3台の車に分乗していくうちの1台を結城くんが運転するとわかったのは、幹事が回してくれた翌日のメンバー表からだった。

翌朝、私は彼女の運転する車に乗った。百貨店部長とメンズのショップマスターが同乗した。
履歴書を見た時、結城くんが運転が好きなのだろうということぐらいはわかっていたつもりだった。が、彼女の運転技術は予想を超えていた。静かで穏やかで・・・早い。的確な操作技術を見せつけられたのだ。
結城くんはゴルフはしないらしい。車雑誌を手に、クラブハウスで待っているという彼女に昼食の前にようやく声を掛ける事ができた。申し訳ないね、退屈だろう・・・と。

「いいえ、思い切り運転出来て楽しいです。なんだか、わたし人付き合いがへたみたいで・・・。今日は景色のいいところでのんびりできてほっとしてます。」
それが結城くんの答えだった。





「そう、それで結城さんは山崎さんの専属ドライバーになってくださったのね。」
オレンジ色の香り高いマンゴーはイメージしていた以上にテキーラにぴったりでした。山崎さんも気に入ったのでしょう。次のひとかけらをフォークに刺していたのです。
「ええ、転属して1年半。ドライバーとしてよくやってくれますよ。」
「お正月休みまで付き合わせてしまって。」
あの石塚さんの雪の別荘までのドライブ。どれほど素敵なホテルだとはいえ、予定よりも1日多く一人きりで過ごさなければいけなかったお正月休み。
なのに、何も言わないで・・・山崎さんに従ったのだもの。

わたくしと彼女が顔を合わせたのは、別荘に着く前の道の駅の駐車場が最後でした。
別荘に着くなり望月さんに抱えられ・・・帰りは皆さんに見送られて望月さんの運転するセルシオで一足先に別荘を出たのですから。
はしたない声を・・・山崎さんと石塚さんとの行為を・・・年若い彼女に知られて、わたくしは結城さんの眼を直視することなど出来なくなっていました。
あの潔癖さなら、わたくしのことをなんて淫らな女なのだと思っていたことでしょう。




専務から元旦に休日出勤をしてくれないかって頼まれたとき、お休みまで一緒に過ごせると思ってとってもうれしかった。
どなたがご一緒なのですか?って聞いたときも、いつもの仲間だよ、って仰って。美貴様と石塚様のことは以前に何度か社用車でお送りしたこともあったから、あの方たちならきっと楽しいドライブができるとわくわくした。

なのに、指定されたホテルで出てきたのは、背の高い毛皮の似合うきれいな大人の女の人だった。「祥子さん」と、専務が会社の誰も聞いた事がないような甘い声で呼ぶ人。石塚様とも親しいみたい。
とっても感じのいい笑顔で「よろしくお願いします。」って挨拶されたけど、隣によりそっている専務を見るとぶっきらぼうにしか返事ができなかった。

車はレンジローバー。お金をかけた改造がしてあった。内装もだったけど、タイヤも足回りも、エンジン出力もなかなかだった。寒冷地仕様だったし、よっぽどじゃなければチェーンなんてなくても、あの別荘まで走り抜けそう。ETCも設定済みだった。
専務は当然のような顔をして、「祥子さん」と二人でリアシートに座る。
石塚様もリアに行きたそうにされていた。

その理由は、嵐山のパーキングエリアで石塚様から言われた言葉でなんとなくわかった。
「結城さん、道は大丈夫だね。途中、甘楽でもう一回休憩して碓氷軽井沢で降りてくれ。それから、ここのカーテンを閉めたらリアシートで起きていることは気にするんじゃない。その場で忘れてくれ。一切口外無用だ。いいね。」
石塚様は運転席の後にあるカーテンを指差す。本来は絶対に運転中に閉めちゃいけないカーテン。それを、閉めて走れということらしい。
こんな風に念を押す以上・・・専務もご存知だということだろう。
専務がおっしゃることなら、従うだけ。

でも、あんまりだった。
わたしはまだバージンだったから、後で起きていることがどんなことかなんてわからない事もあった。ただ・・・凄く淫らでいやらしいことが、専務と石塚様と「祥子さん」の3人でされていることくらいはわかる。
3人とも声を顰めてはいるけど、その分時折上がる喘ぎや、石塚様の命令口調、専務の愛語が・・・。耳を塞ぎたくて、でも運転しなくちゃいけないからJAZZのCDを大きく掛けて聞こえないようにした。
別荘にいくにつれて、いやらしくなってゆく様子になんど「やめて!!」と声を上げたくなっただろう。

「結城くん、疲れていてわるいが君は万座プリンスに部屋をとってあるからそちらに行っていてくれないか。明日帰る予定だけど、時間はまだ決まってないからホテルに電話をするよ。スキーをしてもいいし、どのレストランで食事をしてもいい。贅沢できままなお正月を過ごしておいで。これは、お年玉だよ。気持ちだけだけどね。」
別荘でエンジンを止めて車を降りようとしたら、専務はわたしの膝に小さな包みを置いてそう言った。
皆さんが過ごすための別荘に、わたしは一歩も入る事さえゆるされないのだ。
「わかりました。ご連絡お待ちしています。」
それだけ言って、レンジローバーを出した。

ホテルの部屋は贅沢なダブルルームだった。
1人部屋で専務のくださった包みを開けたら、ガラスの犬の親子の人形が出てきた。

専務・・・わたしのことはあなたには一人前の女に見えてないんですか。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
ああ~~結城さんの胸の内がよくわかりますね
一人前の女・・・きっと彼女にとって祥子様は憧れより前に嫉妬の対象だったでしょうねえ。

結城さんはお一人で悶々とホテルで一人正月を過ごされたのですね・・・

2006/07/17 08:58| URL | 桜草  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/07/17 10:36| |   [Edit]
ガラスの犬の親子の人形は専務さんの趣味です。
間違いありません。

結城さんっておとなしい女性なんですね・・・
私の趣味としては印象の悪い女性ではないですがw
女性の仕草とか見てるの好きなもんで(笑)
でわでわw

2006/07/17 11:06| URL | よしちょ  [Edit]
結城さんのこと、一人の女性として見えてる。
でもそれを感じさせないよう心憎い大人の配慮がある。

時としてそれが邪魔な時もあるけれど(笑)。

2006/07/17 13:29| URL | eromania  [Edit]
海の日は、ほんの少し冷たい雨の月曜日になってしまいましたね。

桜草様
山崎さんの立場からすれば、最大限の結城さんへの思いやりだったのです。別のホテルをご用意するのって。
雪の別荘を準備するのと同じだけ手間を掛けてホテルの部屋を確保して、その間の全ての滞在費は山崎さんが持ったのですから。
でも・・・新作のウエディングドレスはわたくしとの時間のためにお持ちになったのですね。
ドレスのこと、結城さんは知りませんでした。
もし知っていたら・・・どうしたでしょうね。

よしちょ様
ガラスの犬の親子は、道の駅に併設された記念館のショップで山崎さんが買い求めたものです。
わたくしには、椿の絵が書かれたワイングラスを、結城さんには・・・なんですね。たしかに、山崎さんはそういう繊細でリリカルなものもお好きみたいです♪
結城さんは・・・そうですね、あまり自己主張はしないし、自分が納得出来ればそれでいいってそういう芯のしっかりしたタイプですね。
甘えたところがなかったり、人とのコミュニケーションを拒否している感じのある分、大人しくみえるのかもしれません。

eromania様
ふふふ、その理性的なところがeromania様の素敵なところです。
山崎さんはどちらかといえば<1人の女性>ではなくて<1人の大人>として結城さんを見ているというのが、正しい言い方かもしれませんね。

2006/07/17 13:58| URL | 祥子  [Edit]
 CADの才能はどうするんですか?
早く、元の職場に戻った方がいいです!

・・・あっという間に日常へ立ち戻ったさやかです。

 さやかといつもアニメの話をする男の子は
3DCADの製図を書いています。
あの、才能は人間ではありません!
ロボットか宇宙人に違いない。
もったいないのです。


2006/07/17 14:22| URL | さやか  [Edit]
祥子さんこんにちは。
会社の冷房が恋しい三連休を過ごしています。

レンジローバーを運転中の結城さんは、必死に堪らえていたのですか。
嫌らしいと思いながらも、祥子さんに嫉妬し、それを隠そうと精一杯に背を伸ばす。
きっと結城さんは、いつかどこかで、ぼっきりと折れてしまうでしょう。
そのとき、どなたが支えるのか、待ち遠しいですね。

2006/07/17 14:24| URL | masterblue  [Edit]
快諾ありがとうございました。
縦書き2段組、なかなか読みやすいと思うのですが、
ごらんいただけないのが残念です。

連載小説を読みやすいテンプレをGrimさんが考えていらしたのですが、具体的にはまだ形になっていないようです。(正直よくワカラン)

2006/07/17 15:10| URL | youya  [Edit]
気温は昨日よりも低くても、湿度は不快なままですわね。
すっきりと爽快な物語がお届け出来ればいいのですが・・・
ごめんなさい。今回はそんな雰囲気にならないですね。

さやか様
山崎さんもしばらくしたらパタンナーに戻すおつもりの様です。
次のドライバーを見つけて、
そのブランドの最古参のパタンナーが辞める時が・・・
彼女の現場復帰のチャンスのようです。
チーフデザイナーも待ってますしね♪
ただ、結城さんがその転属を望むかどうかは、ちょっとわかりませんが。

masterblue様
ご推察の通りのようです。
せめて運転手としてはプロで居たい。そう思う気持ちが彼女に堪えさせたのですね。
支える手・・・結城さんに相応しい出会いが、あると宜しいですわね。

2006/07/17 15:33| URL | 祥子  [Edit]
youya様
さきほど、youya様のブログに伺わせていただきました。
ありがとうございました。
なんだか・・・素敵なストーリーになっていて。
嬉しくて、少し照れくさいです。

明日からは、本当にセクシュアルな物語をお送りします。
お時間のある時にでも、ぜひお越し下さいませ。

2006/07/17 15:49| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)