FC2ブログ

桜陰 5

春物のあでやかな色の商品が並ぶショーウィンドウを眺めながら、高梨さんがわたくしを連れていったのはインポート・ランジェリーの専門店でした。
「こちら?」
「あぁ 買うのはランジェリーじゃないけどね」
この方がランジェリーを・・・お買いになるのかしら?
いらっしゃいませ・・声を掛けてくださるスタッフを片手を上げて制すると、高梨さんが向かわれたのはナイトウェアのコーナーでした。
 
まるでドレスと間違えそうな・・・美しいオーガンジーやレースやトリコットのフルレングスのナイトウェア。
「いつ見ても、こちらの商品はきれいね」
「祥子さんは普段はこんな感じだろう」
高梨さんが手にされたのは、シルクトリコットのシンプルなノースリーブのナイトウェアでした。
「ふふふ、良くお判りね」
「この肌は夜な夜なシルクと男の手で磨かれてるんだな、ははは」
「もう いやな人」
わたくしが、艶話に近い会話に照れ笑いを返すころ、彼の手がハンガーに吊るされているものから一つの商品を選び出しました。
「これでサイズは大丈夫かな?」
ストレッチサテンにストレッチレースがふんだんに使われたフルレングスの桜色のネグリジェとガウンのセットでした。まるで花嫁が初夜に身に纏うような・・・ナイトウェアでした。
「ええ 多分」
付いているタグはいつもわたくしが選ぶサイズだったのです。
「試着させてもらおう。」
お願いします と高梨さんはショップのスタッフに声を掛けました。
「試着しなくても・・・大丈夫よ」 
わたくしは小声で高梨さんに伝えました。
「いや、似合うかどうか確認したいね。着てみてくれ。」 
「お客様 こちらのブースをご利用ください」
案内された試着室はスペースをゆったり取った場所でした。
有無を言わせぬ高梨さんの視線に押されて、わたくしはバックストラップのパンプスを脱ぐと、試着室に入ったのです。
「お着替えが済まれましたら、お声がけくださいませ。」
慇懃に頭を下げたスタッフと共に高梨さんも試着室から出てゆきました。
 
わたくしは、ガーターストッキングとパンティだけの姿になり・・・ネグリジェを身に付けました。優しい色合いなのに・・・胸から腰までのラインだけをくっきりと浮かび上がらせる・・・インポートならではのセクシーなつくりです。
そして、ふんわりと優しいセットのガウンをまとうと・・・ブースの外に向かって声を掛けたのです。
「失礼いたします。 あら、お客様にぴったりですね。とてもお似合いです。」
スタッフが試着室のドアを開けるとわたくしを見て、予想通り・・・と言った風な声を上げます。
「身長もおありですから、この丈を充分に着こなしていただけますわ。」
165cmの身長は、フルレングスのナイトウェアを辛うじて着こなすことが許される高さでした。日本人の女性の平均身長でこのナイトウェアを身に着けると、裾をひきずってしまい諦める方も多いのですよと・・・スタッフは付け加えます。
しなやかに身体を包むナイトウェアのラインに、この手のものとしては華奢だとはいえ・・・革の首輪の存在の異質さが際立っていました。スタッフの女性は気づいていないはずはないのに・・・こういった高級店ならではのお行儀の良さで見ないふりをなさっているのでしょう。
「どれ」
スタッフに声を掛けて高梨さんが試着室を覗き込みます。
ドア一枚の空間から、スタッフは一歩下がりました。
「おお、本当に似合うな。悩ましいラインで悩殺されそうだよ。」
「いやだわ。はずかしい・・・。」
フォトグラファーの高梨さんの眼に、わたくしの姿はどう映っているのでしょうか。
「これをもらうよ。」
スタッフが控える後を振り向いて高梨さんはそう告げます。
ありがとうございます・・・スタッフが答える明るい声と、他のお客様に声を掛けられて試着室から離れてゆく靴音が聞こえたのです。
 
「祥子」
試着室のドアを大柄な身体で塞ぐ様に立つと、高梨さんはわたくしを<しょうこ>と呼んだのです。
「・・・はい」
鏡越しに視線を交わしていた彼に向き直ります。
「着て来た服を僕に渡すんだ。」
「えっ・・・」
「コートとスリップは着ていいよ。後のものは商品と一緒に包んでもらうから。」
「だめ・・そんなこと。」
ここは試着室です。すぐ外には、お店のスタッフと他のお客様がいらっしゃるのです。声を顰めるしかありません。
「祥子 さっき僕にそれを着けさせたお仕置きだよ。これ以上抗うならパンティもスリップも取り上げる。その方がいいのか?」
「だめ・・」
「黒の服だからどうかなと思ったが、祥子のことだからきっと今日は桜色のランジェリーを着けていると思った。予想通りだよ。さぁ、渡してさっさと着替えなさい。」
ショップの中に2つしかない試着室をいつまでも占領しているわけにはいきません。
わたくしは諦めて、シルクニットとブラックデニムのスカートを高梨さんの手に渡しました。
「それも寄越しなさい。」
彼の視線は桜色のハーフカップブラに注がれています。
「おねがいです。勝手に着けたりしないから・・・これを包んでもらうのだけは許して。」
ここはランジェリーショップなのです。商品としてこちらのものに劣るものではなくても、ランジェリーの一つであるブラを一緒にとは言えません。
ましてあの女性スタッフは・・ニットとスカートを一緒に包んでくれと渡された時点で・・・二人がしていることに気づいてしまうでしょう。
桜色の首輪を無視したのと同じ慇懃さでわたくしに起きていることを無視して二人を送り出す彼女に、このGカップの乳房までもがあらわにされていることを・・・知られたくなかったのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
高梨様の声に感じているって以前のコメントにありましたね。

その声で「祥子」って言われて「お仕置き」の内容を聞かされたら逆らえませんね?
感じていらっしゃるのでしょ?

どんなお声なのかしら・・・・

2006/07/22 10:23| URL | 桜草  [Edit]
桜草様
声の魅力的な男性って、わたくし弱いんです。
テノールよりはバス、太いけれど奥行きがあって心地よい響きの声には逆らえません。
桜草様は男性のどんなところに魅力を感じられますか?

2006/07/22 10:57| URL | 祥子  [Edit]
例年なら梅雨明けのこの時期。変な気候の夏休みの始まりですね。寂しそうにそれでも蝉が今朝鳴いていました。
高梨さんとの駆け引き、くらくらしてきました…。
2人でのお遊びなら…、でも第3者がそこにいる、その恥ずかしさは…。

2006/07/22 10:58| URL | るり  [Edit]
るり様
<夏休み>っていう言葉が信じられない暗い夏の始まりになってしまいましたね。蝉の鳴き声は、わたくしまだ聞いておりませんでした。
るり様のお近くは本当に自然が豊富なようでうらやましいです。

高梨さんとは、昼間・人目のあるところなら無茶なことはなさらないと思ってお約束をしたのですが・・・・。

2006/07/22 11:25| URL | 祥子  [Edit]
いち早く蝉の鳴き声を聞いたeromaniaです(笑)。
白い雲は少しずつ夏の雲に形を変えています。
「スッキリ!」とはいえないけれど晴れてます。

もう高梨さんの策略に眩暈がする。その指示に
従う祥子さん…信頼感が羨ましい。

2006/07/22 11:36| URL | eromania  [Edit]
eromania様
こちらの空はまだミルクを溶かしたような色です。
西から晴れるといいますから、明日は青い夏の空になるのでしょうか。
高梨さんが何を考えていらっしゃったのか、わたくしには解らないです。
ただ・・・ご一緒するしかなくて。
これからどんなことになってしまうのでしょうか、わたくしも不安です。

2006/07/22 12:01| URL | 祥子  [Edit]
激務に追われ、ゆっくり読む時間がなかったのですが、ようやく今読めました。
「首輪・リード・桜」・・・素敵なテーマです、私のSM感に似た「高梨さん」。

祥子・・・貴女の心臓の鼓動がココまで聞こえてきそうです。
不安感と期待感に包まれたその身体。
でもある部分だけは、異常なほどの潤いを感じてる・・・そうでしょ?祥子。


2006/07/22 12:55| URL | 青龍  [Edit]
青龍様
お忙しかったようですね。
今日はお休みをなさってらっしゃるのでしょうか。
お好みのテーマのお話をお届け出来てよかったです。
わたくしの身体のことは・・・ご想像にお任せいたしますわ♪

2006/07/22 13:41| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)