FC2ブログ

桜陰 6

「こうして、仕舞っておきます。それに触れればわかってしまうことですから・・・。仰る通りにいたしますわ。ね、おねがい。」
わたくしはブラを取り上げるとカップを重ねる様にしてたたみ、桜の花のバッグの底に潜ませたのです。
「ふふ しかたないな。次に逆らったら、人前でそのバッグからブラを取り出してみせるからね。見た人は祥子が、自分からはしたない露出をしてみせている厭らしい女だと思うだろうからね。」
あぁ こんなことまで責めの口実にされてしまうのね。
「はやく着替えなさい。待っているよ。」
そう言って内側がガラス張りになったドアを閉めると、高梨さんは店内に戻っていかれました。

わたくしは試着をしていたナイトウェアを脱ぎ、店頭に展示されていた時のようにハンガーに戻します。
ガーメント・トレイに先ほどのバッグと並べて置かれたままのスリップを身に纏いました。
ぴったりとフィットするオーガンジーのスリップが包む・・・柔らかな乳房を出来るだけランジェリーを着けているのと同じ様に整えます。
裾と胸元にはアクセントに桜をイメージしたリバーレースがあしらわれていました。きちんとコートを着込めばその下がスリップだけとは気づかれないでしょう。今年流行の透ける素材を重ねたスカートを身に付けていると思わせる事もできるはずです。
ブースの外からカウンターの女性に、わたくしの衣服を一緒に包んでくれ と、言う高梨さんの声が微かに聞こえます。
慇懃な返答も・・・
わたくしはシングル打ち合わせのスプリングコートを釦を全て止めて着込み、バッグの中に入れて来たエルメスの芍薬柄のスカーフでウエストをマークしたのです。
 
「ありがとう」「お預かり致します」
バックストラップパンプスを履きながら、わたくしは商品を受け取ってくださるスタッフの女性に・・・まるで何事もないかのように声をかけます。
でも、心の中は・・・淫媚な緊張を強いられていたのです。
このコートの下の知られてはならないいまの姿に・・・。
もう、お会計も済まされたのでしょう。高梨さんは店内に置かれた応接セットでゆったりとVogueをご覧になっていました。
「あなたのお写真が載っているの?」
「いや、この号は少しだけだな。」
流石に専門店です。取り寄せられた仏語のVogueはほとんどがランジェリーの特集だったのです。
「こんなコレクションもあるのね。」
オートクチュールのメゾンにも劣らない美しいモデルが着こなすランジェリーのショー。わたくしは座面の低い深々としたソファーに腰を下ろす事も出来ず、高梨さんの隣に立ち雑誌を覗き込んだのです。
「ああ 僕は専門外だけどね。」
おもむろに視線を上げた高梨さんは、左手をわたくしの腰にまわすと・・・ランジェリーとスプリングコートだけに包まれたヒップをむぐぅと掴んだのです。彼の指示通りの姿になったわたくしに、満足そうな微笑みを向けました。
「・・ぁん」
だめです・・・唇を噛み締め眼でどんなに訴えても、緊張感で敏感さが増した肌を刺激されてわたくしの身体は・・・意志とは逆の反応を示してしまっていたのです。
「珍しいな、祥子さんがTバックじゃないなんて。」
それでも、ショップのスタッフには聞こえない様に声を顰めて恥ずかしい言葉を口になさるのです。そのまま手は腰の丸みに沿って撫で上げられてゆきました。
「もう・・おいたはだめです。」
仲の良い大人の恋人同士のような戯れ合いに、何も知らない人たちには聞こえるように、敢えて羞恥よりも淫媚な雰囲気を言葉に乗せて反論をしてみせたのです。
 
「お待たせいたしました」
ソファーまで、少し大きめのショッピングバッグを両手に捧げて来たスタッフの声がいたしました。
「ああ ありがとう。」
スプリングコートの腰から手を離し、高梨さんが立ち上がります。
「ありがとうございます。」
わたくしはスタッフの手からショッピングバッグを受け取り・・・高梨さんに微笑みかけます。
「嬉しいわ、こんなに素敵なナイトウェア。ありがとうございます」
「3ヶ月淋しい想いをさせたお詫びだよ。気に入ってくれてよかった。」
久しぶりに再会した恋人同士・・・そう思わせる言葉をわざとスタッフに聞かせる様に口にしながら・・・高梨さんはショップの出口までわたくしをエスコートするのです。
「ありがとうございました。どうぞ、またお揃いでお越し下さいませ。」
ほんのかすかな好奇心さえも感じさせる事無く、にこやかに会釈をするスタッフに見送られ・・・わたくしたちはショップをあとにしたのです。
 
「これは僕が持つよ。」
高梨さんはわたくしの手からショッピングバックを取り上げたのです。彼が持つと大きめな紙袋も・・・ごく普通のお買い物のように見えます。長めのハンドルをわたくしの側でない方の肩に掛け、空いた腕を・・・当然のように腕を組む形に差し出したのです。
すこしだけためらい・・・そして、心を決めた様にわたくしは、彼の腕に緊張でこわばった手を預けました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
祥子さん、こんにちは。
せっかくの休日の午後なのに、空は晴れません。
いま、蝉が一声鳴きました。二度目の誕生をどんなにか待ちかねたでしょうね。でも、生まれたらまだ梅雨。

高梨さんは相変わらずですね。最初のときもエレベーターの中で、催眠術にかかったように脱がされて、コート一つにされていたと思います。

桜色の首輪は、チョーカーだと思いましょう。そして、全てのチョーカーを私は首輪だと思います。
そばの男が、あれに引き綱を付けて、なんて想像しているとは、思いも寄らないでしょう。通勤時間も楽しくなります。
もちろん両手でつり革に掴まり不在証明。あらぬ疑いをかけられないように注意しています。



2006/07/22 14:39| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
生まれたばかりの蝉さんが、できれば夏を楽しんで短い生を全う出来たらいいのに・・・と願ってしまうのはわたくしだけでしょうか。

高梨さんは・・・最初の時は台風のような雨の夜でした。どなたもご覧になってない、そんな安心感が心の隅にはあったのです。今回のような春の日中にそんなことを言い出すとは思いもしませんでした。何が・・・彼を刺激するのでしょうか。
同じ首もとでも深く開いた胸元に妄想を逞しくする方はいらしても、彩るアクセサリーにそんな妄想を抱いている男性がいるとはたしかに思ってもおりませんわ。
いったいどんな妄想をなさるのかしら・・・。


2006/07/22 14:58| URL | 祥子  [Edit]
masterblue様が書いてらっしゃるもう一つの淑やか・・・<シフォンな手触り>。
今朝ほど第二話をアップされていました。

今回のお話は、わたくしが茂みを失ったお話です。
「初雪」で起こったこととはまた違う全く新しいストーリーが展開しています。
みなさまも右のリンクからぜひお越しになってみてください。


2006/07/22 15:02| URL | 祥子  [Edit]
 同じ様に「もっと恥かしい事をさせるよ」
って脅されても
「初雪」のときよりもずっと
素直に従ってしまわれるのね。
やはり、それだけの
有無を言わせないサディストの貫禄
みたいなものがあるのでしょうか?

2006/07/22 15:10| URL | さやか  [Edit]
さやか様
それは、きっと高梨さんがお一人だからだと思います。
高梨さんとわたくし・・・二人だけの間のことだけならば・・・そう思ってしまったのです。
それと、何を仰ってもどんなことが起きても、わたくしだけを守ってくださる。高梨さんに対する信頼感もあるからかもしれません。

でも、どうしてこう小出しに・・・少しずつ要求を突きつけていらっしゃるのでしょうか。ついそれだけならと・・・したがってしまいますものね。

2006/07/22 15:52| URL | 祥子  [Edit]
祥子様

masterblue様は吊革に両手で掴まっていらっしゃるようですから、感じる部分を祥子様と桜草で「おいた」してあげましょうか。 (o^-^o) ウフッ

高梨様の「おいた」はこれからも続くのかしら・・
桜色の首輪、それにリードをつけたらどうなるのかしら?

2006/07/22 16:25| URL | 桜草  [Edit]
桜草様
ふふふ、桜草様のおいたにmasterblue様がどうお応えになるか
とても興味がございますわ。
高梨さんのおいたは・・・はじまったばかりなんです。これでも。
リードをこのまま忘れていてくださるといいのですけれど、ね。

2006/07/22 17:37| URL | 祥子  [Edit]
桜草さん、祥子さん、お二人ともM系ではなかったのですか。
でも、このアイディア頂きましょう。

いずれ「シフォンな手触り」で、ストーリーにまとめて見ます。お二人とも覚悟をして待っててください。

Sを苛めると怖いぞ~~

2006/07/22 19:08| URL | masterblue  [Edit]
ふふふ <淑やか>の敵は<シフォン>で、ですか♪
虐めているわけではなくて
電車の中でだっておひとりで昂っていらっしゃるのですもの。
わたくしたちの身体に触れたら・・・なにかと思うじゃないですか?
悪いのは・・・・やっぱり<淑やか>を書いたわたくしになってしまうの?

2006/07/22 20:38| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)