FC2ブログ

桜陰 16

「だめ・・・ぁっ・・ぁぁ」
動くエレベーターの中でなんて・・・。
わたくしは両手で高梨さんの頭を押さえようといたしました。でも、その時には彼の舌はわたくしの真珠を探り当てていたのです。
ぺちゃ・・・ 茂みの奥の小高い丘はすでにたっぷりと蜜を溜めておりました。そうでなくともそこから溢れた淫らな印は、わたくしの太ももをぬめつかせていたのですから。
「・・ゃぁ・・ぁあ・・」
ぴちゅぅ・・・ぺちゃぁ・・・ ご自身が仕掛けた行為で溢れ出した蜜の味を確かめる様に、肉厚の舌が花びらの内外を・・・真珠の周囲を・・いくども這い回るのです。
「あぁぁぁ・・・だめぇぇぇ」 
チン・・・
高梨さんに花蜜ごと真珠をすすり上げられて・・・わたくしは16階へ到着すると同時に・・・逝ってしまったのです。
 
「歩けるか? 祥子」
唇をわたくしの蜜で光らせたままで、素早く周囲の荷物を手にすると、高梨さんは閉まりかけるエレベーターのドアを足で押さえてわたくしの手を引いたのです。
 
16階のエレベーターホールから4つの扉の前を、わたくしは桜色の透けるオーガンジーのスリップとガーターストッキングだけの姿のままで通り過ぎました。どの扉もひっそりと閉まったままで・・・ふいに開いたりしなかったのは僥倖と言えたでしょう。
高梨さんが鍵を開ける僅かな間さえ、いつ誰の目にこの姿を晒されてしまうかもしれない危険にわたくしは身を隠す事も出来ず・・・震えていたのです。

4ヶ月ぶりの高梨さんの部屋は、最後にわたくしがお邪魔をしたときのままの雰囲気でした。
「靴のままでおいで」
先に部屋に入った高梨さんは、白のキャンバス張りのソファーにわたくしの荷物とコートを無造作に置かれたのです。
「こっちだよ」
リビングの一面を構成している床までのレースのカーテンと窓を開けると・・・高梨さんはわたくしをベランダへと連れ出したのです。
16階のベランダはコンパクトなガーデンチェアが置けるほどの広さで・・・事故を考えた高めの柵が設けられていました。それでも景観の問題なのでしょうか、柵の上部は透明なアクリルで覆われていて眼下には爛漫と咲き誇る桜を眺めることができたのです。
「ここにおいで」
中層とはいえこの高度のビル風は・・・スリップだけのわたくしに冷たく吹き付けていました
「ここに手をつくんだ。離すんじゃない。」
身を守る腕を引き離された身体をかばうかの様に、高梨さんは大きな手で背中から抱きしめると・・・わたくしの両手をベランダの柵に導いたのです。

この部屋の正面には、高梨さんとはじめて出逢った美術館のあるビルだけしか高層の建物はありません。ただし、左右にはほとんど同じ造りの高度を持ったビルが、それぞれ微妙な角度で一定の距離を置いて並んでおりました。
16階といえば、先ほど歩いてきた通りにいらっしゃる方が見上げても、たぶん見つけられる事はないでしょう。
でも、美術館のあるビルの展望スペースにある双眼鏡や・・・となりのビルの上下3フロアほどの方は・・・その気になれば、わたくしたちの痴態をごらんになることが出来るのです。
それもいまは・・・闇に紛れて、などではないのです。
双眼鏡で覗かれたなら、くっきりとわたくしの白い肌のラインや、快感から逃れようとふり乱れる黒髪の一筋まで・・・わかってしまうような白昼のベランダで・・なのですから。
見られてしまうかもしれない。その緊張感はわたくしを一層敏感にしたのです。
 
「あん・・だめ・・・」
スリップのレースの下に忍ばせた高梨さんの指が・・・白いGカップの乳房の先端をいらう動きににわたくしは堪え切れずに喘ぎの混じった声を出してしまいました。
「そんな声を出したら、隣の部屋の人に聞かれてしまうよ。祥子」
「・・・ぁっ・・」
確かに高層の建物では生活音が流れ込んでこない代わりに、周囲の・・・例えば隣家の物音が・・・良く聞こえてしまうという傾向があります。先ほど破廉恥な姿で通り過ぎたいくつかのドアが開く事はありませんでしたが、あの部屋にどなたかがいらっしゃれば・・・ベランダ越しにわたくしのはしたない声を聞かれてしまうかもしれないのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
ちょっと目を離してると展開が早くて追いつくのが
やっと(笑)。

身体を犯すというより、心を奪うようなKISS。
KISSにはいろんな表情があることを教えられてる。

どんなKISSなんだろう。

2006/07/30 09:06| URL | eromania  [Edit]
eromania様

眼を離しちゃだめです♪(笑)
ときどきは側にいらしてくださいな。
kiss・・・eromania様には永遠の課題みたいですね。
kissにはその方なりのものもあると思うの。
だから・・・・試してごらんになったら?
    君の気持ちが欲しいって思いながら。

2006/07/30 13:08| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)