FC2ブログ

桜陰 21

ほんの少しの酸味と・・塩気のある・・・淫らな香りがわたくしの口腔に広がります。
同じものでも・・・男性の塊で犯されたあとをお清めするのとは違いました。液体の純度が高いだけ・・・この行為は強くわたくしの心を貶めていったのです。
ちゅるぅ・・・ わたくしの舌と唇がテーブルの表面を這うのを見届けた高梨さんはリードを手にしたままで、わたくしの背後に回られたのです。
ベランダの柵側ではなく、室内へと開け放ったドア側に立たれるとわたくしのスリップをヒップの頂きが丸見えになるほどに、捲り上げられたのです。
「いゃぁ・・」
「綺麗にするまで休むんじゃない、祥子。」
その声に、わたくしは抗議の声を押さえ込まれてしまったのです。
わたくしがいま晒している姿がどれほどあの美術館のビルから淫らに見えるのか・・・と、戸惑いを隠せないまま・・・。
 
ちゅく・・・ 
「ぁん・・」
わたくしのむき出しのヒップに・・・高梨さんの手のひらではない・・感触が這っていったのです。
「止めるんじゃない。そのまま続けているんだ。」
ヒュッ・・パシィ・・・
「ひぃっ・・・」
わたくしのヒップを這っていたあの感触は・・・革の房鞭だったのです。予告もない鞭打ちの痛みに、わたくしは背を反らせ・・・軽く悲鳴を上げてしまったのです。
「止めるなと言っているのが聞こえないのか、祥子。これは先ほど5分で逝けなかった分のお仕置きだよ。祥子が僕の命令に逆らって余計に快楽を貪っていたのと同じ時間だけ、鞭の痛みを与えてあげよう。3分間だ。」
そう口にする間も、房鞭の革の感触が白くて薄いヒップのラインを撫でてゆきます。

年末に共に過ごした時には・・・鞭の類いはこの部屋にありませんでした。
もしかしたらこの鞭も・・・いまのわたくしの視界では見えませんが・・今回の海外からのお土産の一つなのかもしれません。
「ちがう・・わ」
余計に・・・貪っていたなんて・・・ひどい。
「口答えをするのか」
ヒュッ・・・パシィ・・・ 今度は予告もなく打ち下ろされました。そして、その革は肌を打ち据えたまま・・・わたくしの腰を撫で続けているのです。
「まだ綺麗になってないだろ」
ヒュッ・・パシィ・・・パシッ・・ 立て続けの打擲は、わたくしの腰の頂を桜の花びらよりも赤く染めているに違いありません。そう確信させるだけの痛みをわたくしに与えていました。
高梨さんは、また気まぐれのように革による愛撫をはじめるのです。
「ひぃ・・ぃたぁぁ・・ぃ・・」
ヒュッ・・パシィ・・・ 次の打擲は太ももでした。何度も打たれた腰と違って、新たな鋭い痛みがわたくしの身体の芯に響いたのです。
 
これでしたら、立て続けてリズミカルに打たれるほうが余程痛みに慣れる分よかったかもしれません。それに力が分散する房鞭とはいっても・・・1本1本の与える痛みが・・・鋭いのです。細くて・強く・しなやかな革なのでしょう。
「まだ、綺麗にできないのか、祥子。」
ヒュッ・・パシィ・パシィ・・パシッ・・・ 腰の頂きを撫でさすっていた鞭は、今度はスリップに覆われた背に打ち下ろされたのです。
「ひぃぃ・・ぃぃぃ・・・」
ほとんど・・わたくしがはしたなく濡らした蜜は、清め終わっておりました。でも、テーブルから手を離すことができませんでした。
立て続けに襲う鞭の痛みに・・ガーデンテーブルに縋る様にして耐えるしかなかったからです。
「答えはどうした、祥子」
ヒュッ・・パシッ・・パシィ・・パシッ・・・
「おわり・・まし・・たぁ・・」
ヒュッ・・パシッ・・
「ごしゅじん・・さ・まぁぁぁ・・・」
ヒュッ・・パシィ・・・
「これで3分だな。綺麗になったか、祥子」
高梨さんは左手にリードを、右手に鞭を持ったままわたくしの前に回られたのです。

「きれいになったみたいだな。自分の愛液を舐めた気分はどうだ?」
くぃ 上体をガーデンテーブルに伏せたまま、痛みに腰を落としていたわたくしの首輪のリードを引きます。
「ひぃっ・・」
ュッ・・パシ・・ 立ち上がったわたくしの乳房に一閃、手にした鞭を走らせたのです。
「腰を落としていいとは言ってないぞ。姿勢を崩したお仕置きだ。」
カタっ・・・ そう仰ると、手にされていた鞭をフォレストグリーンのガーデンテーブルに置かれたのです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
祥子さん、こんにちは。

これまで、これほどサディスティックに責められたことはあったでしょうか。

高梨さんの言葉の網に架かって、自縄自縛になっていく様は、本当にねんねの小娘のようです。
安心しました。

2006/08/03 17:10| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様

わたくしは・・・あまりのことに高梨さんの要求にお答えするのが精一杯で、これほどの責めになっているとは思ってもおりませんでした。
過去に匹敵する責めがあったとすれば、長谷川さんとの一夜しかないでしょう。

>安心しました。
この一言に込められたmasterblue様のお気持ちに、わたくしは喜んでもいいのでしょうか?
それとも、一層恥じ入らねばならないのでしょうか?

2006/08/03 20:15| URL | 祥子  [Edit]
ほんの少しの酸味と塩気のある淫らな液体…。
その味を知らないeromaniaはまだまだ修行が
足りないね。

まだ高梨さんの責めはほんの序章ですよね。
これから先祥子さんはどれだけ乱れるのだろう。

2006/08/03 22:16| URL | eromania  [Edit]
eromania様

ふふふ、ご存知ないなんて・・・そんなことありませんでしょう。
高梨さんの責めはこれからピークへと駆け上がります。
どうかお楽しみになさってください。

2006/08/03 23:49| URL | 祥子  [Edit]
 そんな叩き方イヤァッ (ノ><。)ノ))...
さやかの祥子さんを!
トボトボ…~~(((;o;_;)o



2006/08/04 02:24| URL | さやか  [Edit]
さやか様
ありがとうございます。
こんな風に言ってくださるのはさやか様だけです。
でも・・・おねがいです。
わたくしのためにそんなに悲しまないでください。

2006/08/04 07:48| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)