FC2ブログ

桜陰 23

「リードをテーブルの脚に留めなくても、祥子はもうできるね。」
「はい・・・ごしゅじんさま」
わたくしは今度は素直に、テーブルを清めていたときと同じ姿勢をもう一度取りました。
「そうだ。もっと脚を広げるんだ。そう」
その言葉も終わらぬうちに・・・先ほどまで唇に含んでいた塊が花びらに押し当てられて・・・ぐぃと送り込まれたのです。
「あぁっ・・・」
もう声を抑えることなどできません。思わず漏れた声に・・・唇を噛み締めるだけしかできませんでした。

「祥子の中はまるで温泉だね。いくらでも熱い愛液が湧きだす。」
ぐちゅぅぅ・・・ ご自分の言葉を証明するように奥まで押しこんだ塊を・・・抜け出す寸前まで引き抜いてゆくのです。
高梨さんの大きく張り出したかりに集められたわたくしの蜜が、たらら・・と太ももに向かって流れ出してゆきます。
「はぁぁ・・ゆるし・・て・・」 
「いつから濡らしてる、祥子。何時間濡らし続けたら満足するんだ?」
高梨さんも、もう限界だったのでしょうか。いつもと変わらぬ抽送がはじまりました。
「あん・・わかり・・ま・・せぇぇ・・んん」
何度問われても・・・わたくしにはどうしようもないのです。
初めての挿入なのに・・花びらの奥はまるでもう何回も抽送を繰り返された後のように、はしたない収縮を示しておりました。
 
「僕のいない間、誰にこの身体を可愛がってもらってたんだ。前よりも数段良くなっているよ、祥子。」
高梨さんは腰を使いながら・・・リードを・・・わたくしが顔をあげざるを得ないほどに大きく引かれるのです。
「やぁぁ・・・ぁぁあああ・・」
「僕に連絡もしてこないで、身体をこんなに熟れさせるまで何人の男に抱かれた。」
「ちが・・ぁ・・ぅ・ぅっぁああ」
年末にお別れしたあと・・・4人の方と雪の別荘で過ごし・・そして・・・
「淫乱牝猫は逢う度ごとにどんどん身体が良くなる。そんなに数の子天井を擦り付けてくるんじゃない。」
「はぁう・・ぅぅ・・ぁあぁぁぁ」
責めの声はベッドの上と変わらないほどになっていました。
隣室に誰か居れば・・・わたくしの身体が高梨さんの塊を締め付ける様子は、全て知られてしまったことでしょう。

いつ彼の声とわたくしのはしたない喘ぎ声に誘われて、隣室の方がベランダに出ていらっしゃるかもしれませんでした。
高梨さんに突かれる度に揺れるGカップの乳房の動きを・・・抜き差しする度に淫らな水音を立てる腰を、間近に見られてしまうかもしれないのです。

「あそこで食いつく様に望遠鏡をみている男達も、牝猫祥子の身体を味わいたくて堪らなくなっているな。」
「あぁぁ・・だ・・っめぇぇ・・」
ベランダの正面にある美術館のビルからの望遠鏡ごしの視線・・・いつ現れるかもしれない隣室の視線・・。
高梨さんの塊から送り込まれる淫楽だけでなく、いくつもの視線の可能性がわたくしの蜜壷の奥を・・中ほどを・・・きゅぅぅと収縮させるのです。
「こんな蜜壷 うっ」
腰の動きを一旦・・・高梨さんは止めたのです。そして改めて一度緩めたリードを引きます。
「いいさ。祥子のこのフェロモンを嗅がされて立たないなんぞ男じゃない。鞭の悲鳴さえ淫心を疼かせるんだ。我慢できなくて、祥子を自分のものにしたがる男がいても不思議はない。」
ずぅんっ・・・骨盤に・子宮に響くほどに強く一度だけ塊を打ち付けるのです。
「あぅっ・・」 
「美味しくなった祥子を味わうのは僕だからな。ただし、どんな男にも発情する牝猫には躾が必要だね。」
そんなんじゃありません・・・だれにでも・・・発情なんて・・・ひどい。
「あ・・はぁん・・だめ・・あぁぁ・・ゆるして・・」
動きを止めたと言っても・・・奥まで押し入れたままで腰を回す様にしてわたくしが一番感じやすい最奥をぐりぐりと・・・捏ねることは止めてはくださらないのです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
祥子さん、お早うございます。

しつけという字は、身に美と書くのですね。ということは、高梨さんに躾けられて、祥子さんはますます美しくなるでしょう。高梨さんには逆効果になりますね。躾けられた祥子さんには、更に多くの男性が群がりますよ。

ところで、もう躰をつなげてしまって、この後どう展開するのでしょう。これでお仕舞いとうことはありませんよね。

2006/08/05 09:46| URL | masterblue  [Edit]
祥子様 こんにちは。

masterblue様の言われるように「躾」って美しくなるって事なんですよねえ。

桜草も「躾」していただいて美しくなりたいなあ。
高梨様・・・だめかしら?



2006/08/05 10:12| URL | 桜草  [Edit]
昨日からの猛暑が続いておりますね。
いい汗をかいてらっしゃいますか?

masterblue様
おはようございます。
この時間にコメントをいただくのも新鮮でよろしいですね。
この後の展開・・・は高梨さんのみぞ知る、です。
わたくしに言える事は、この物語をお届けするのはあと2回ということです。

masterblue様もみなさまも、レジデンス棟に来るまでのことを忘れてらっしゃるみたいで・・・まるで責めが足りない様におっしゃいますのね。
わたくしあんな想いをいたしましたのに・・・ひどいですわ。


桜草様
桜草様も高梨さんがお気に入りですか?
<躾>という言葉は、うつくしくいい言葉だと思っているのですが最近ではあまり聞かなくなってしまいましたね。
しつけとは美しい身のこなしだと、わたくしは勝手にそう解釈しております。


実は8月24日が<淑やかな彩>の1周年になります。
先日行なった人気投票の第二弾を行なおうかと思ったのですが、実はその後にも新しいキャラクターが登場する予定が続いております。
そこで・・・現在shinobi淑やかな彩で連載中の「銀幕の向こう側」が終わりましたところで、アンケート&人気投票をさせていただこうと思っております。
どうぞお楽しみになさってください。

2006/08/05 11:51| URL | 祥子  [Edit]
祥子さん、こんにちは。

大阪は最近暑い日が続いています。
朝5時にはちゅん・・ちゅん鳥の可愛い声、そのあとは蝉の大合唱が鳴り響き流石に目覚めますね。(笑)

それで、今回の桜陰で高梨さんの内に秘めた思いが一気に吐き出されたご様子ですね。
突然の思いつきではとても出来ない行動だと私は思いますね。
まあ、祥子さんの心をしっかり掴んだ自信がそうさせるのでしょうね。
SMは奥が深いですが、根本は、信頼関係ですね。
               ・・縄指導・・

PS:昨日チャットのお友達が祥子さんの小説は色があると仰っていました。
私も季節感、情景、全てがカラーで鮮明に目に浮かぶから同感ですよと返答しました。
彼女に一言でもコメント残してあげれば祥子さん嬉しいと思いますよとお薦めだけはしました。


2006/08/05 13:20| URL | 縄指導  [Edit]
縄指導様
蝉時雨で目覚めるなんて素敵ですね。
高梨さんがどれだけ心を尽くして下さっていたのかは
わたくしも良くわかります。
きっとわたくしを誘って下さった時からきっと
今日のことは決めてらっしゃったのでしょうね。
本当に、SMは技術や行為ではなくて、
心の通い合いだと思います。

チャットのお客様にお話下さってありがとうございます。
とてもうれしいです♪
今度機会がございましたら、その方のブログだけでもご紹介いただけますでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。
わたくしもお伺いしたいと思います。

2006/08/05 13:50| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)