FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍火 4

「田口さんたら。」
仔鴨胸肉のローストに、オーストラリア産の赤ワインはぴったりでした。
いま、わたくしが頬を火照らせているのは・・・絶対にワインのせい・・なのです。
「胸元の肌を隠しても、その髪をアップにした首筋を見れば雪白の肌を思い出させます。真珠よりも魅力的な曲線を描く肌。素敵でしたからね。」
首筋に無防備に揺れる後れ毛さえ、田口さんの記憶を刺激してしまっているのでしょうか。
「もう、恥ずかしいですわ。お忘れになってくださいな。」
あの夜、メインダイニングでわたくしが最後に晒してしまった姿を、この方は脳裏に描いているのでしょうか。こんな風にお食事をしながら。
手を伸ばせば触れられる隣の席に案内されたことに、最初わたくしは緊張しておりました。
でも、いまでは正面から田口さんの視線に正面から晒されない分だけ・・・ほっとしてしたのです。
 
三品目のお魚のプレートが運ばれてまいりました。
「ここのシェフは、私の好みの女性にいつも横恋慕してましたからね。あの石塚様や美貴様が夢中になるほどの・・・いえ、私自身が忘れられない祥子さんは、彼には目の毒の筈です。」
皿の上にはオマール海老が美味しそうに横たわっていました。
「この海老も美味しいですね。流石に田口さんの後輩さんですこと。」
グリルで味を凝縮した野菜が、ローストした海老の濃厚な味と上手にバランスをとっています。お料理の話へ話題を振る事で・・・少しでもわたくし自身のことからお話が逸らせればと願ったのです。
「相変わらず、いい腕です。彼は魚が得意なんですよ。」
まるで我が事のようにうれしそうにお話になるのです。
「そうなのですか。田口さんはお肉がお上手だから、お二人が一緒なら最高の贅沢ができそうですね。」
「ははは、確かにそうですね。そう言えば、前回は私の魚料理を召し上がっていただいてないんですね。この次いらしたときには、これに負けないくらいの魚料理をお出ししましょう。」
プロの負けん気とでもいうのでしょうか。
プライドを滲ませた田口さんの表情は男らしくて生き生きとして見えます。お仕事に充実されている男性は、本当に素敵です。
「楽しみですこと。でも、美貴さんはお忙しいみたいですからなかなかお伺いできないかもしれません。」 
「祥子さんでしたら、お1人でもお席をきちんと用意しておきます。個室がよろしければVIPルームをご用意しますし。」
ホテルのメインダイニングに相応しいあのVIPルームで、わたくしは4人の男性に責められた後の身繕いを・・・あの夜したのです。
「ふふふ、1人でうかがってVIPルームなんて申し訳ないわ。そっと、空いているお席でひっそり美味しく頂戴することにします。」
あまりに・・・淫らな記憶が未だに、あのメインダイニングを再び訪れる勇気を、わたくしに持たせてはくれなかったのです。
 
「最近は、美貴様達とはお逢いになってないのですか?」
「ええ、あれ以来どなたともお逢いしてないんですよ。田口さんのところにはいらしてるのでしょう。」
皆さんお忙しいのでしょう。
特にお誘いもないままに半年が過ぎていました。
あのバーに伺えば簡単にお逢いする事も出来たのでしょうけれど、敢えてお伺いすることもいたしませんでした。
「そうでしたか。ええ、美貴様と山崎様は時々いらしてくださいます。石塚様はお1人で一度だけいらしたでしょうか。なかなかゆっくりお席に伺えないのでお話することもできなくて。」
田口さんもきっとお忙しい日々を過ごしていらっしゃるのでしょう。
あれだけのお味をコンスタントに提供なさるのですから、お客様は引きも切らないはずです。
「祥子さんのことはずっと気になっていたのですけれど、あの方達に私からは切り出しにくくて。今日お逢い出来て本当によかったです。」
ははは、笑いながらワイングラスを空けられます。
「今日お逢いしたことをお話ししたら、あの方達に悔しがられるかもしれませんね。」
「ふふふ、そうだとよろしいのですけれど。」
美貴さん、山崎さん、石塚さん、そして望月さん。あの方達のことが懐かしく思い出されました。ウィットに富んだあの方達との会話を久しぶりに楽しみたくなりました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
少しずつさりげなくメインディッシュに近づいて
いくわけですね。細かなディテールの描写にまで
配慮が息づいています。

2006/08/12 07:20| URL | eromania  [Edit]
eromania様
おはようございます。
お食事は・・・ある意味ではとてもセクシュアルなことだとわたくしは考えております。
感覚も、人としての品性も、そして口唇や指先の動きも、全てご一緒する方に伝わってしまうのですから。

指一本触れずに・・・エロティックな空間を演出する。
<食>のプロフェッショナル田口さんの腕前に、わたくしはもう堕ちはじめているのかもしれません。

2006/08/12 08:22| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。