FC2ブログ

蛍火 6

「お皿をお下げしてもよろしいでしょうか。」
サービスの方の声にわたくしは、ピクンと身を震わせてしまいました。
うやうやしく礼をして田口さんのお皿を下げる姿に、わたくしは手を止めたままだった最後のお肉を・・・口にしたのです。
「ごちそうさまでした。とても美味しいお料理でしたわ。」
斜めに揃えられたカトラリーを見て、わたくしのお皿へもサービスの方が手を伸ばされます。

周りの席に他のお客様がいらっしゃる時間になっても、窓に向かってしつらえられた二人きりのテーブルは、閉じられた空間のままでした。田口さんのつくる濃密な空気はどこにも逃れることなく、わたくしを少し息苦しいほどに・・・深く酔わせていたのです。
その淫媚な結界を優しく破ってくださったのは、会話の内容も二人の間の微かな緊張感もご存知ないサービス・スタッフでした。

綺麗に片付けられたテーブルに、今夜のデザートが届けられました。
「恐れ入ります。田口様、いま、シェフがご挨拶にまいります。」
サービス・チーフはトレイを手にそう言い置いて下がって行かれました。
デザートはフルーツのタルトに、まるで薔薇の花のように飴細工をあしらったものでした。柔らかな香りがをテーブルを華やぎに包みます。 
「繊細ね。パティシエも田口さんのご存知の方ですの?」
「いえ、パティシエは最近こちらに来た女性だそうですよ。今日は逢えなかったんですが、このデザートを見ればお客様からの人気が高いことはわかります。」
いまホテルでは、女性のお客様を誘引するのにティーサロンでの午後のデザートタイムを無視することは出来ないのでしょう。こちらの午後のお茶だけを、いただきに来るお客様も多いと聞きます。

「いらっしゃいませ。先輩がこんなに素敵な女性とご一緒だとは思いませんでした。シェフの杉山です。よろしくお願いします。」
田口さんがデザートのことを語り終える前に噂のシェフがいらっしゃいました。
「ごちそうさまでした。とても美味しかったですわ。」
田口さんとは正反対の・・・細身なのにしなやかな強さを感じさせる男性でした。黙っていたらただの優男にしか見えなかったでしょう。そのきっぱりとした口調が、このレストランを取り仕切るチーフとしての実力を窺わせたのです。
「こちらは、うちのお客様で・・・。」
「加納と申します。よろしくお願いします。」
田口さんは<祥子>としかわたくしの名をご存知なかったはずです。
ご紹介してくださるのに困ってらしたのを、不自然じゃないタイミングでフォローできたかしら・・・。
「加納様。これからは先輩のところだけでなく、ここにもどうぞお越しください。魚料理なら、負けませんから。」
にっこり笑った顔は、明るく自信に満ちていました。
「お魚だけじゃなくて、他のお料理もとても美味しかったわ。時々、お邪魔させていただきますね。」
「杉山君、私のお客様を横取りするのはやめてもらおう。」
田口さんの口調は優しいのに、挑戦的な言葉を吐く後輩にしっかりと釘を刺していることはわかるのです。
「そんなつもりはないですよ。先輩のお客様を横取りするような実力は私にはまだないです。でも、こんなに魅力的なお客様にはぜひもう一度お逢いしたいですからね。だから<お願い>してるんです。」
「恐れ入ります。どちらのお店にもまたお伺いさせて頂きますわ。」
仕方なくわたくしはそうお返事させていただきました。
「それじゃ、その時も私がエスコートしましょう。」
さりげなく田口さんがシェフからわたくしをカードします。
「ええっ、先輩はいいですよぉ。加納様お1人でもどうぞいらしてください。」
「ふふふ、ありがとうございます。」
わたくしは、杉山シェフに微笑みかけながらお答えしたのです。
でも、本当に仲がお宜しいのです。このお二人は。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
じれったい位にゆるゆると料理が運ばれてくる
コース料理というのは、愛しい人との会話を心
から楽しむためにあるですね。

饒舌では料理を楽しめないし、無口では退屈。
料理が食する人を選ぶのかも…。



2006/08/13 09:39| URL | eromania  [Edit]
読んでいるだけで、唾が溜まってきそうなお料理。でも、それを味わっている祥子さんの味は、それ以上です。
それを知っていながら、ゆったりとした時間を持っている田口さんは、美味しい祥子さんの料理の仕方に自信があるのでしょう。
がつがつとすぐ喰らいつかずに、じっくり余裕を持つことがプロなのでしょうか。

2006/08/13 10:24| URL | masterblue  [Edit]
酷い雨の翌日は、湿度も低めで爽やかで
まるで前の日の辛さに耐えたご褒美のようにさえ感じられます。

eromania様
お料理をコースでいただく。
和懐石と同様に、お料理だけでなくその時間までも楽しむ為にあるお料理のように思えます。
プロの料理人の冷静な解説つきの御食事は、他の方では味わえないある意味贅沢な時間でした♪


masterblue様
本当に美味しそうなコースでしょう♪
でも、masterblue様が口元を緩めているのは、杉山シェフのお味のせいばかりではないようですね。
ご挨拶をして帰るだけのつもりの杉山シェフのお料理を、コースでしっかり味わう。
田口さんにとっては、わたくしがご一緒である以上に同じ料理人として意味のある時間だったのだと思います。
ですから、きっと・・・田口さんの中には、まだわたくしの存在はmasterblue様ほどには重くないのかもしれませんわ。

2006/08/13 19:29| URL | 祥子  [Edit]
おひさになりました。^^;
蛍火・・・とはまた粋なタイトルですな。
祥子さまの雅びな文章に触れるようになってはや一年となりましたが。
いつになく風情がよりひきたっているような気がいたします。
さながら女性版・現代版源氏物語・・・とでも申しましょうか。

先輩後輩のかけ合い、なかなかにお見事でございます。
閃く刃の輝きを親愛の情に包んでいるのですね。
きわどいきわどい。^^

2006/08/14 08:49| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
おかえりなさいませ。
仄かに緑みを帯びたはかない光。
田口さんとの逢瀬をイメージさせるそんな明かりを
柏木様も楽しんでいただけているでしょうか。
わたくしの拙い文章を<源氏物語>とは・・・
申し訳ないばかりではございますが
一時の殿方との逢瀬の物語、
柏木様にも楽しんでいただけたなら幸いです。

2006/08/14 20:20| URL | 祥子  [Edit]
同感
私も正に柏木様と同じく、女性版現代版源氏物語と感じておりました。

少しずつ楽しみにドキドキしながら読ませて頂いております。


2008/10/30 06:06| URL | ラリエット  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)