FC2ブログ

蛍火 11

「仕方がない。どうやら後から犯されたいようですね。」
身を堅くしたわたくしの膝を、田口さんの脚がとん・・と後から突くのです。
思わず膝を崩した身体を抱きしめたままで・・・田口さんはわたくしを獣の姿に変えてしまわれたのです。
「こうすれば皺にもならないでしょう。」
わたくしの腰を高く上げさせると・・・フレアーになったスカートの裾を背中のほうへと全てまくり上げてしまったのです。
「あぁぁっ・・・ゆるして・・・」
「ふふ 思ったとおりですね。」
わたくしの白くまぁるい双丘は、ピンクパール色のサテンのスリップに縁取られて・・・闇のなかにそこだけが存在するかの様に浮かんでいたのです。

「だめ・・・おねがい・・みないで・・・」
「祥子さん、蛍がなんであんなに綺麗に光りながら飛ぶのか知っていますか?」
身を起こそうとするわたくしの背中を、田口さんが押さえ込みます。
「・・・ゆるし・・て・・は・あぁっ・・・」
パァン・・・田口さんの手がむき出しのヒップにスパンキングを加えたのです。
「あれは求婚と発情の印なのですよ。点滅する明かりで、異性を虜にする。」
「やぁっ・・・」
パァン・・・同じところにもう一度。
愛撫の為のスパンキングのはずでした。
なのにその音は、激しい雨音ごしにさえ外に漏れてしまいそうなほどの大きさだったのです。
「短い命を繋ぐための蛍さえ、腰の明かりは点滅させているのに、祥子さんのここは白く光ったままで私を誘惑し続ける。」
「ゅるしてぇ・・・」
パァン・・・スパンキングに揺らいだ身体の反対側の太ももに、今度の手のひらが飛んだのです。
「その上こんなにフェロモンまで燻らして。蛍とちがって祥子さんは発情しっぱなしみたいですね。なんて淫乱なんだ。」

「あぁっ・・ぁぁぁ・・」
田口さんの指が、ぎりぎりの面積で秘めた部分を被い隠すサテンの上をつぅぅぅっと・・・滑ったのです。
「もうたっぷりとソースを溢れさせているようですね。」 
「いやぁぁ・・・」
「その声を聞くだけで逝ってしまいそうですよ。ほんとうに極上の料理だ。ソースの味見を直に私の口でして欲しいですか?祥子さん。」
「やめてっ・・・」
お口の周りの髭の感触さえわたくしを狂わせてしまう・・・のがこの方の<味見>なのです。
この姿のままで・・・田口さんの口唇で愛される、そんな恥ずかしいことはできません。
「それじゃ、味見は抜きですね。早速ディナーにしましょう。」
 
「ゃあぁぁっ・・・」
田口さんの手が、わたくしのTバックを一気に膝まで引き下ろしたのです。
次の瞬間には、熱い塊が・・・花びらに押し付けられていました。
「今夜も美味しそうだ。・・うっ」
「はああぁぁぅ・・・あぁ・・ん・・」
あの夜と同じ様に・・・後からシェフの塊が押し込まれていったのです。
今夜は、犯され追い込まれてゆく淫らなわたくしの表情を見つめつづける美貴さんがいらっしゃらないだけでした。
ぬちゅ・・くちゅ・・・確かめるように・・・いえこの方の言葉を借りれば・・・じっくりと味わう様に・・・田口さんは大きな塊をゆっくりと出し入れするのです。
「ああ この味。あの時よりもまた美味しくなっているみたいですね。」
ぐるり・・・・わたくしに押し付けたままの腰を捏ねて、田口さんの責めに締め付けを強める奥までも満遍なく味わおうとするのです。
「あぁっ・・・ぁぁあん・・・だめ・・」
抑えたわたくしの声は、激しい雨の音で外にまでは聞こえなかったでしょう。
でも田口さんの耳には・・・しっかりと届いてしまっていたようでした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
味見しなくても美味しいものはおいしい。
だけど祥子さんは味見して欲しかったのでは?
というのは下衆の勘ぐりでしょうか。

口髭の愛撫に狂う姿も見たかったかな。

2006/08/16 22:52| URL | eromania  [Edit]
横から失礼。eromaniaさん、えっち!
確かにお髭の感触って素敵です、またの時にきっと…。
稲光に一瞬浮かぶ祥子さんのお尻、雷と雨音に消されるスパンキングの音。映画のコマ送りの様に思い浮かびます。妖しの…時。

2006/08/17 00:25| URL | るり  [Edit]
不安定な東京の空。
青空と雨と雲が交互に入れ替わります。
つい、どこかに虹があるのじゃないかと空を探してしまうのは、子供のころからのわたくしのくせです。


eromania様
どうなさったのですか?
最近eromania様はわたくしのことをただのインフォマニアになさりたいみたいですね。
わたくしが望んでいるのではなくて、望まれたのは田口さんですもの。何か、誤解をなさってますわ♪

るり様
そうなんです・・・るり様からも、eromania様を叱ってあげてください♪
停電の中の雷光は、強すぎる光が色を奪って、モノクロームの小間送りの映画のようです。
願っても出逢う事が出来ない<大人の雨>の時間ですね。

2006/08/17 13:19| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)