FC2ブログ

銀幕の向こう側 4

「芝浦へ」
男性は運転手にそう告げると、携帯を取り出しました。
「ナカハタだが、これから伺いたいのだけれどツインは用意できるかな。」
ホテルのフロントへ・・・でしょうか。
「ナカハタミチアキだ。そう。」
すれ違うヘッドライトに浮かぶまなざしはやさしくわたくしを見つめたままでした。
「海側でたのむ。そうあと5分ほどで着くから。よろしく。」
ナカハタさんと電話で名乗られた男性はタクシーの運転手にホテルの名前を言うと、わたくしに向き合ったのです。
「あの・・・」
「君のことだ、そのままで人目のあるバーなんかに行きたくはないでしょう。部屋でルームサービスでもとって、ゆっくりとしましょう。大丈夫、君のいやがることはしませんから。」
男性はわたくしの手に触れることも・・・わたくしの名を尋ねることすらしませんでした。わたくしが、小さく頷き返したころ・・・タクシーはホテルの車寄せに到着したのです。
 
「ここで待っていてください。」
程よく照明の落とされたロビーのソファーにわたくしを座らせると、男性はお一人でフロントに向かわれました。
もう・・・0時まで何分もなかったことでしょう。
わたくしは、ようやく涙を抑えることができるようになっていました。
ナイトシフトのスタッフが行き交う都内の一流ホテルのロビーは、昼やディナー時の活気とは違うひっそりとした空間になっていました。
隣接するラウンジでは、ジャズピアノの生演奏をしているのでしょうか。人の声特有のざわめきを越えて、メロディアスな音の連なりがわたくしの耳元まで流れてきたのです。
「部屋ではなく、ラウンジで飲みますか?」
ベルボーイの案内を断って、男性はわたくしの前にいらっしゃいました。ピアノの音に気を取られていたところを見られていたのでしょうか。
「いいえ、酷い顔をしていますでしょう。あなたに恥をかかせてしまうわ。お言葉に甘えて、お部屋で頂戴します。」
まだ・・・・口元だけに笑みの形をつくるのが精一杯でした。
わたくしの言葉に頷いた男性に促されて、正面に見えるエレベーターホールへと向かったのです。
 
先ほど男性に声を掛けてらしたベルボーイが、エレベーターを呼んでいてくださったようです。
二人とも明らかに仕事帰りの・・・どう考えても宿泊の準備などなにもしていないのは一目瞭然でした。なのに、このホテルのお行儀のよいスタッフはほんの少しの怪訝さも見せず、遠来のお客様と同じ応対をしてくださいます。
一流ホテルならではの、心地よい慇懃さにわたくしは改めて感心いたしました。
「ありがとう。」
ごゆっくりお過ごしください、そういって礼を取るベルボーイの姿がエレベーターのドアの向こうに消えてゆきました。
「君は綺麗ですよ。」
コンソールパネルに向かい19階の釦を押しながら、男性はぽつりとそう仰ったのです。
「ん?」
わたくしはとっさになにを仰っているのかがわからなくて、隣の男性の横顔を見やったのです。
誰も乗り込んでくることなどほとんどない深夜のエレベーターの中。
いままでご一緒したことのある他の方達の中には、まるで部屋にゆくまでの短い時間も我慢出来ないと言う様に、わたくしに手を伸ばす方もいらっしゃいました。
でも、この方は違ったのです。
わたくしの横に並んだまま、エレベーターのドアにまっすぐ向き合ったまま、手を取る事すらなく立っていらっしゃるのです。
短い問いかけは彼の耳には届かなかったのでしょうか。
何のお答えもいただけないままに、エレベーターは19階へ到着したのです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)