FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀幕の向こう側 6

気持ちが落ち着いたことで、わたくしは生理的欲求にとらわれました。
映画を見はじめてからもう3時間以上・・・化粧室へはいってなかったのですから。
お酒をいただきはじめてから席を立つ事がないように、わたくしは用を足していくことにしたのです。
ゃぁっ・・・ 黒のレースに縁取られた藤色のサテンのTバックは、クロッチが・・・濡れた様に色が変わっていたのです。
誰に見られている訳でもないのに・・・わたくしは真っ赤になってしまいました。手近のペーパーでそのぬめりを帯びた部分を一生懸命に拭おうとしたのです。
こんな風になる心当たりは・・・一つしかありません。わたくしがかつて愛した方の姿を見たせいです。
あれほどに手痛い裏切りを受けても、この身体はまだあの方を愛している。
そう思った途端に新たな悲しみが押し寄せてきたのです。

ピンポン・・・ わたくしの涙を止めたのは、ドア越しに聞こえたルームサービスの押すドアホンの音でした。
ビデを使い、わたくしの身体に残っていたはしたない痕跡を洗い流してから部屋へと戻ったのです。

「私も白ワインを飲むことにしました。」
窓際の一人掛けソファーに座った男性は、ルームサービスのスタッフが抜栓するのを待っていらっしゃるところでした。
「お待たせして申し訳ありません。」
向かい合わせのソファーに座ります。
二人の間のテーブルの上には、生ハム・チーズ・オリーブにドライフルーツが程よく盛り合わせられたオードブルプレートが用意されていました。
「テイスティングはいかがしましょう。」
「私がしよう。」
男性がグラスを眼顔で示します。
コッック・・コッック・・・ ほのかに黄色味を帯びた美しい液体がほんの少しだけ注がれます。迷いなくステムを持つと、男性は唇から舌に・・・ゆっくりとワインを流し込みました。
「おいしいよ。ありがとう。」
男性のその声に一礼すると、スタッフはわたくしに・・・そして男性のグラスにもワインを満たすと、シルバーのアイスペールにボトルを入れナフキンで覆いました。
「サインをお願いします。」
すらすらと慣れた様子で男性はサインをします。
「召し上がられたものはこのままになさっておいてください。」
「ありがとう。」「遅くに申し訳ありません。」
改めて礼をして出てゆくスタッフの後ろ姿を、ソファーに座ったままで見送ったのです。 

「それじゃ、改めて。はじめまして。」
「ふふふ、そうでしたね。」
わたくしたちは軽くワイングラスを合わせました。
「泣くとお腹が空くでしょう。」
「ええ、そうですね。」
泣き顔を誰かにみられてしまった恥ずかしさと決まりの悪さを、前面にだしてもしかたないでしょう。
わたくしはさらりと受け流して、男性が優しく差し出したナフキンを手に取りました。
「遠慮なくいただきますわ。」
取り分けてくださったお皿を頂戴し、ナチュラルなままのオリーブを口にします。滋味のあるまぁるく柔らかい塩味が・・・さきほどまでのわたくしの涙の味のようでした。

二人の会話は、テーブルの上のお料理とワインと・・・映画の感想の間を行き来していました。
ことに、この男性のジョルジュ・バタイユに対する見識の深さは見事なものでした。加えてご一緒に見た映画の監督が手がけられた別の作品・・・についての様々なことも、興味深く耳を傾けるに値するものだったことに、軽い驚きさえ憶えたのです。

わたくしはさしてフランス映画に造詣が深い訳ではなかったので、登場人物が身に纏っていたドレスのお話をさせていただきました。
バレンシアガ・・・ディオール。
綺羅星のごときメゾンが作り出す・・・ぎりぎりまで肌を露出し・覆い隠す・・・セクシュアルな夜の服のお話は、男性の男性の興味を惹いた様でした。
「あの服ってランジェリーは着けないものなの?」
そんな、日本の男性ならではの質問にお答えするのも楽しかったのです。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
濡れているのが頬を伝う涙だけではないことに
小さなサプライズ。

2回目の登場のeromania。実は桜草さんから
頂いたご縁です。

こちらはeromaniaにとって大きなサプライズ。

2006/08/27 22:28| URL | eromania  [Edit]
祥子様
頭の中ではもう終わってしまった事と理解しても体は覚えいるのですよね。
そう・・・下着に染みをつける程に愛した方。
桜草の胸でお泣き下さい。と言いたいけど。
ここはこの男性にお任せしましょう。

2006/08/27 22:40| URL | 桜草  [Edit]
祥子様へ

余りにも切ないオープニング、私には声も掛ける事さえ出来ません。
祥子様が一時でも、癒される事を願わずには居られません。

2006/08/28 01:11| URL | tako  [Edit]
秋めいてまいりましたね
昨日今日と少し気温が涼やかに感じます。
皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

eromania様
こちらのブログにお越しになっている皆様が
こうして出逢って仲良くなっていただけるのは
わがことのようにうれしいことです。
お知らせくださってありがとうございます。


桜草様
どんなにきっぱりと思い切ったつもりでいても
「愛している」ことはなくなりはしないのですね。
憎むことさえ・・愛の一部ですから。


tako様
ありがとうございます。
この時間を共有してくださる方がいらっしゃるだけでも
わたくしは幸せなのだとおもいますわ。

2006/08/28 12:31| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。