FC2ブログ

銀幕の向こう側 11

「良くやったね。」
男性はカーペットの上に座り込んでしまったわたくしの手から、指を一本一本引きはがす様にして・・・房鞭を取り上げたのです。
男性の手を縛めていたシルクのスカーフは、痛みを堪えようともがく腕の力で既に緩んでいたようです。
力つき、涙で貼り付いたわたくしの髪を頬からはがすと、男性の手は優しく頭を撫でてくださいました。
精も根も尽き果てたわたくしは、男性の立てた膝に甘える様に頭を持たせかけてぼうっ・・・としていたのです。

「君は綺麗だね。こんなになるまで哀しみを溜め込んでいるのに、恨み言一つ零しはしない。」
男性の指がわたくしの頬を拭います。
「こういう時、女性ほど目の前にもう居はしない男を罵倒しながら鞭打つものだ。それだけ怒りと哀しみを露にしたほうが気が済むんだろう。身も世もなく大声を上げて泣き叫ぶように、ね。」
この方は、いったいどこでそんな光景を目にしてらっしゃったのでしょう。
「なのに君は一言もそんなことを口にしない。黙ったまま、押し殺したままで君が鞭を振るう姿は、凄絶なまでに綺麗だったよ。」
「ぁぁっ・・・」
わたくしは男性の胸へと頽れてゆきました。
何も言わず、男性は抱きしめてくださったのです。
わたくしの嗚咽が止まるまで・・・優しく・・・抱きしめて・・・。
助け起こして下さるとわたくしを男性のベッドの上に横たえたのです。

「いいこだ。君は極上のMだね。」
男性の唇はそう左の耳元で囁くと、わたくしの頬の涙の跡を舐めとっていったのです。
「鞭を振るいながら、鞭打たれる痛みをその身体に感じている。こうして泣き出すほどに、ね。」
再び、耳元で呪文のような言葉を口にしながら、わたくしの耳朶を甘噛みしたのです。
「・・・ぁっぅん」
惚けていたわたくしの中に、甘やかな痛みが流れ込んできたのです。
「ただ、打たれるだけじゃない。打たれているという行為をきちんと頭脳で理解していないと、あんなに早く鞭を使いこなせはしない。こんなに、見事なMを手放すなんて私には全く考えられないことだよ。」
「ゃぁ・・・ん」
男性の左手は、わたくしの堅く立ち上がった乳房の先端を着衣の上からいらっていたのです。
「いずれ、あの男は取り返しのつかない後悔に苛まれることになる。君が何をしなくても。だから、もう哀しむんじゃないよ。いいね。」
「はぁぁ・・・ぁい」
ロングヘアをかきあげて、巻貝のような耳介の内部にまで舌を這わせてゆくのです。男性の左手と口唇の動きだけで・・・わたくしはぴくんと身体を反らせてしまいます。
「いいこだ。感度も良好だね。こんな、極上のMだとは思ってなかった。どうしても君を味わってみたくなったよ。」
室内に流れるシャンソンを消す事がないほどの微かな囁きを、男性はわたくしの左耳に送り込むのです。
「私は無理強いはしたくない。君が嫌ならこれ以上はしない。君は、どうしたい?」
今日初めてお逢いした時に聞いたのと同じ、男性の柔らかくて丸い良く通る声は・・・わたくしの身体の芯まで響いたのです。
「おねがい・・・忘れさせてください。」
男性の唇に・・・わたくしは自分から口づけていったのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
祥子様へ

祥子様の新境地開拓?と思っていましたが、元の鞘に戻りそうでホットする様で残念な様で・・複雑です。

ここまで読んできて、祥子様のMはマゾのMでは無く、男をコントロールするマスターのMではないかと思うに至りました。

どちらの祥子様も素敵です。

2006/09/01 01:58| URL | tako  [Edit]
tako様
新境地・・・と言われればそうかもしれません。
男性の背中を打ち据える・鞭を振るうという行為の快感は確かに感じたのですから。
ただし、打たれている男性の反応を・赤い背中を楽しむ心境にはとても慣れなかったのです。

そういう意味では、わたくしはやはりSではないのでしょう。

いままでのわたくし自身の殻を破るようなこの行為は一種のカタストロフィを与えてくれたことは確かでした。
はじめてお逢いした方に、これほど素直に・・・お願いを口にできたのですから。

2006/09/01 06:02| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)