FC2ブログ

銀幕の向こう側 24

ウエストに何かが・・・ローターのコントローラーらしきものが・・・挟み込まれました。
「脚を閉じるんだ。」
先ほどと・・・逆の命令です。が、男性の目の前で脚を開いたままで立っているという姿に抵抗があったわたくしは、さっ・・ときつく脚を閉じたのです。
「ああっ・・・やぁ・・・」
寄せ合わせられた太ももは・・・振動するプラスティックの塊をより強く真珠に押し付ける役割を果たしておりました。突然の快楽にわたくしは淫らに腰を突き出し・・揺らしてしまったのです。
あまりの刺激から少しでも楽になりたくて、そっとほんのすこし、脚を開こうとしたのです。
「膝を緩めるんじゃない。」
微かな脚の筋肉の震えに気がつかれたのでしょうか、男性の声が飛んだのです。
「君はそんな女じゃないだろう。初めて逢う男の前で、秘めておくべき場所をいつまでも平気で晒せるような、そんな女じゃないね。」
「・・・は・い」
「私に証明してごらん。どんなに堕とされても淫らな仕草など決してしないプライドの高い女だと。」
「ぁぁぁぁ・・・っく」
「そう、もっときつく脚を閉じるんだ。さっきベッドの上で私の手を拒否したときのように、ね。」
「・・はぁぁん・・あぁぁ・・」
わたくしは自らの貞操観と男性の仕掛けた玩具の快楽の両方から責め立てられておりました。
いままで、淫らな姿を晒せと命じた方は数多くいらっしゃいました。
でも・・・こんな風に、わたくしの想いを逆手に取って責められた方ははじめてだったのです。

「私からのご褒美を拒否しようとした罰を与えないといけないね。」
男性の左手がわたくしの右肩に掛かる2本のストラップを同時に引き下ろしたのです。
「やぁっ・・・」
「ほぉっ、見事な大きさだね。最近はランジェリーにパッドを入れて胸を底上げしてみせる女性も多いが、君の場合はこの大きさのカップにさえ窮屈そうに押し込んでいるようだね。」
男性の濡れた・・・先ほどわたくしの茂みの中にまで差し入れられた・・・指が、立ち上がったはしたない乳首をなぞります。
「あぁぁ・・・ん・・」
玩具の振動で与えられた快楽は、わたくしのランジェリーに押し込められた乳房へも間違いなく這い登っておりました。
「サイズを教えてほしいね。何カップなんだい?」
今度は男性の指がその淫楽を迎えより大きな快楽へと変える為に、新たな刺激を・・強弱を付けて送り込むのです。
「はぁぁ・・ぉ・おねがい・・です。ゆるして・・・」
目隠しをしたままでも・・・いまのわたくしの姿がどれほどにはしたないものなのかは想像がつきました。
藤色に黒のレースがトリミングされたキャミソールも・ブラのカップも右側だけが乱暴に引き下ろされているのです。
そこからまろび出ている薄明かりに浮び上がる白い乳房・・・。
「GかなF以上なのは間違いなさそうだが。いいね、東洋人ならではのつつましい乳暈ときっかりとした乳首。この大きさの乳房をみたら、西洋人のようなもっと大きなものを想像させられるが、幸せな裏切りだね。」
くちゅ・・男性の舌が乳首の上を這ってゆきます。
「あぁぁっ・・・」
「ふふ、敏感だね。より好ましい。ここはどうかな。」
ちゅぅぅ・ぅ
「やぁ・・ぁぁぁ」
男性の唇が、乳房の谷の乱されたランジェリーに埋もれる際の肌に吸い付き・・・ねぶるのです
「色白だから、くっきりと紅い印が付くね。きれいだよ。」
ビィィィ・・・ 言葉を終える前に・・わたくしの喘ぎを絞り出させる様に・・・プラスティックの玩具の振動を強めるのです。
「はあぁあっ・・やぁぁあ・・・」
男性の右手は、わたくしの肩を押さえつけたままでした。
左手だけが露にされた乳房から首筋・・・そして喘ぎの止まらない唇へと気まぐれに動き回り、身動きの出来ないわたくしを玩具と共に責め続けたのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
こうして少しづつ・・・
 少しづつ、少しづつ・・・
抑えきれずに、乱れていく祥子さん。
溶けていく祥子さん。
す・て・き。

2006/09/10 17:10| URL | さやか  [Edit]
まるで暖房が行き届いた部屋に置かれた氷のように
溶けていく。

この状況でほのかな昂ぶりでいられるほど冷静じゃ
ないな…eromaniaは(笑)。

でも冷静じゃないとこれほど愛せない。

2006/09/10 19:01| URL | eromania  [Edit]
祥子様
「ねぶる」って言葉・・・とても淫らに聞こえるのは桜草が淫らだからかしら?
祥子様のとても敏感な乳房・・・乳首。

もっともっと追い込まれて・・・ああ 熱い。


2006/09/10 23:36| URL | 桜草  [Edit]
蕩けてゆく・・・
このときのわたくしは・・・まさに蕩けはじめていたのです。

さやか様
もう抑えるなんてことはできません。
ここまで追い込んでおきながら、抑えなさいと命じる男性に・・・大人の女としてわたくしはより・・・貶められてゆくのです。

eromania様
「冷静と情熱の間」という題名の本がありましたが、この男性とわたくしは冷静と情熱の間を互いに行き来し続けているようなものなのです。
わたくしが乱れるだけ冷静になる男性に・・・決して打ち勝つことなどできないのでしょう。

桜草様
ねぶる・・・男性のそのなんでもない行為が桜草様を追い込むのですね。
はじめて露にされた乳房に施された愛撫が、わたくしを追い込んでいったように。

2006/09/11 00:49| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)