FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀幕の向こう側 26

コツ・カツ・・コツ・カツ・・・コツ・カツ・・・
「ドアの開いている部屋があるみたいだね。」
「そうですね。お客様をご案内したあとで、確認をしてみます。」 
もう廊下を来る方の声が聞こえます。
この部屋に向かって真っすぐに伸びる廊下のはずれまで、お客様とホテルのスタッフが来ているのです。

「この扉が開いているのに気付かれたようだね。君のこの破廉恥な姿を見てもらうまで、もう少しだよ。」
「だ・めぇぇぇ・・・」
だ・め・・
この言葉は、扉を開け続ける男性に向けられたものなのか、蕩けてゆくわたくしの理性に向けたものなのか、もう解らなくなっていました。
コツ・カツ・・コツ・カツ・・ 足音がもうすぐ近くまで・・・
「ぁはぁぁぁ・・・・」
「逝きたまえ!」
くっ・・男性の指がローターのコードを引いたのです。
「ああっ・・・」
ビィィィ・・・ 敏感な真珠の表面へ直接強く押し当てられたローターに・・・わたくしは腰を振り立てて、極めてしまったのです。
脚元に・・・暖かな液体を大量に吹き出して・・・

パタッ 扉が閉められました。
コツ・カツ・・コツ・カツ・・・コツ・カツ・・・
ほんの少し遅れて、扉の前を通り過ぎる二人の男性の足音がしました。

わたくしはきつく唇を噛み・・声を押し殺して・・・立ったままで逝き続けておりました。
何が起こったのか、わたくしには解っておりませんでした。
一瞬にして生暖かい液体が絶頂とともに吹き出し、ガーターで吊られたストッキングに包まれた太ももを・・ふくらはぎを・・足首までをぐっしょりと濡らしていったのです。
「おねがい・・みない・でぇぇ・・・」
男性の手が玩具の振動を止めてはじめて、わたくしは我に帰りました。
所謂・・・排泄の感覚は全くなかったのに・・・おもらしをしてしまったように濡れそぼった下半身という事実がとても恥ずかしかったのです。
ちゅ・・ 男性の唇が、震えるわたくしの唇に重ねられました。
「潮を吹いたんだね。」
「し・お・・?」
「恥ずかしがらなくてもいい。漏らした訳じゃないからね。アンモニア臭など全くしないだろう。はじめてなのかい?」
こくん・・・ わたくしは声も出せずに頷きました。
いままで、何人もの方に濡れやすい身体だといわれ続けてまいりました。
それでも<潮を吹く>ということをしたことはなかったのです。
「君のはじめてを見せてくれたんだね、嬉しいよ。いいこだ。」
本当に、嬉しそうな声をなさるのです。

わたくしの体芯を揺さぶる官能は、驚きと共にようやくおさまりはじめていました。
それと同時に、このままの姿でいることに耐えられなくなっていたのです。
「おねがいです。解いてください。」
「手が痛くなってきたかな?」
「いいえ、でもあの・・・始末をしないと」
「そうだね。こちらにおいで。」
壁に持たせかけられていたわたくしの肩を、男性の手が前に引いて真っすぐに経たせてくださいました。でも、手首のスカーフを解いてはくださいません。
「こっちだよ。さぁ」
男性がわたくしの背に腕を回して歩いて行った先は・・・バスルームのタイルが足先にひんやりとした感触を伝えてきたのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
初めまして。
初めまして。
見えない緊迫感にとてもドキドキいたしました。
祥子様の魅力的な設定にいつも魅せられております。

「あなたによりそいたい」の百合と申します。
コメント戴き本当にありがとうございました。
お礼もかねてお邪魔しました。

また遊びに寄らせていただきますね。
これからもよろしくお願いいたします。


2006/09/12 08:23| URL | 百合  [Edit]
百合様
はじめまして、ようこそお越し下さいました。
訪問履歴でお越し頂いていることは存じ上げておりましたが、ご挨拶が遅れて申し訳ございませんでした。

百合様も素敵な小説ブログを書いてらっしゃるんです。
コメントでのご紹介で申し訳ありませんが、よろしければ皆様ぜひ覗いてご覧になってください。
<あなたによりそいたい>http://yurikaga.blog50.fc2.com/
百合様のブログに出てらっしゃる「結城さん」は素敵な男性の方なんですよ♪

これからもお越しをお待ちしております。これからも、宜しくお願い申し上げます。

2006/09/12 11:15| URL | 祥子  [Edit]
ちょっとごぶたさしてました~
読むの溜まってるので後で続きを見てきます。
祥子さんのファンなのだ~v-8

2006/09/12 15:26| URL | マリ  [Edit]
マリ様
こうしてコメントをいただくのもお久しぶりですね。
お元気でいらっしゃいましたか?
ファン・・・って言っていただけるととてもうれしいです。
これからもマリ様に楽しんでいただけるものを沢山書かせていただきますね。
お時間のある時にはぜひお立ち寄りくださいませ。

2006/09/12 15:34| URL | 祥子  [Edit]
祥子さんの「絶頂の刻(とき)」を堪能。
至福の時の余韻を共有してる。

このあとにどんな展開が待ち受けている
のだろう…想像がつかないや。

2006/09/12 21:07| URL | eromania  [Edit]
祥子さん、こんばんは。

祥子さんが潮を吹いて逝ったのを読んだのは初めてです。
愛液を溢れさせるのと全く違う潮吹き、素晴らしかったでしょう。
この男性に、また新しい経験を与えられたようですね。

2006/09/12 22:29| URL | masterblue  [Edit]
よかったぁ!
 間に合ってよかったです。
でも、まだ終りじゃないんですよね。
ユデダコ状態~ (///∇///)
後始末されちゃうのって
恥ずかしい。。。。。。

2006/09/12 22:38| URL | さやか  [Edit]
雨が冷たい空気を運んできます
秋なのですね。夜ごとに肌寒くなるこの時期、実感してしまいます。

eromania様
同じ刻を共有していただいてありがとうございます。
これから先・・・わたくしにもわからないのです。
この方は予測もつかないことをなさるものですから。
わたくしと同じドキドキを楽しんでくださいませ。

masterblue様
実は・・はじめてだったのです。
目隠しされ・後ろ手にされて、立ったまま玩具に犯されて潮を・・・。
いままで感じたことの無いはじめてのことに、わたくしでもとても混乱してしまったのです。

さやか様
そうなんです。まだ終わってくださらないのです。
男性に後始末をされるくらいなら、口に咥えたタオルで床を方がましかもしれません。
さやか様も、感じてくださいましたか?

2006/09/12 23:05| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。