FC2ブログ

銀幕の向こう側 31

「避妊具がないな。君を抱きたいが・・・」
目隠ししたままのわたくしにはわかりませんが、この方はどんな表情でおっしゃっているのでしょうか。
「あの・・」
「なんだい。」
「ピルを飲んでいます。妊娠の可能性はありません。抱いて・・・ください。」
改めてこんなことを問われたことも、口にしたこともありませんでした。
暗黙の了解のようにわたくしを抱かれた方達とは、この方は何かが違いました。

男性の手がバスローブの紐にかかったのです。

「わかった。嬉しいよ。」
はら・・・重みのあるローブの前が開かれます。温もっていた乳房の熱がふっと甘い香りを伴って室内に広がってゆきました。
「君の好きなふうに抱いてあげるよ。どうされたい、言ってごらん。」
男性はまだわたくしに触れてはいらっしゃいません。
ただ、その視線がわたくしの身体の上を這っていることは・・・わかりました。
「おねがいです。逝く時にわたくしの名前を呼んでください。」
「わかった。なんて呼べばいい?」
「祥子です。」
「しょうこ・・・君にぴったりの名前だね。」
「ありがとうございます。」
「祥子、綺麗だよ。」
わたくしの肩を前に倒すと、両腕から一気にバスローブを抜いたのです。
そして、力任せに男性の方へと引き倒されました。

「あっ・・・」
腰を曲げ・・・横様にベッドへと転がされたわたくしの背中の窪みに男性の舌が這ったのです。
「ぁあぁぁ・・・っ・・・」
舌はわたくしの背中をゆっくりと・・・背骨を確かめるかのように這い上がって来ます。
肩甲骨の端を右・左とまぁるくたどって・・・今度は首筋へ・・・。
くちゅぷ・・・ 男性の指がわたくしの花びらを包む丘を開いたのです。
「はぁぁっ・・・」
「さっき綺麗にしてあげたのに、もうこんなに濡れているね。」
男性の声が耳元でします。
「やぁぁ・・」
「祥子はフェラチオをするだけで、こんなに濡れるのかい?」
「ちがぁい・・ま・ぁ・・すぅぅぅ・・」
否定の言葉がなんの説得力も持たないことは、わたくしが一番解っていました。
言葉通り、いまの男性の舌戯だけで、こんなにも溢れさせたわけではなかったからです。男性に拭われた時も・・イラマチオでも・・・わたくしの身体は男性の声と言葉に犯され続けて・・・反応し続けていたのです。
「ああ、もうこんなだよ。」
「ああぁぁ・・・だめぇぇ・・」
男性の左手の指は小指と薬指が真珠を・・・中指と人差し指が花びらと蜜壷を・・・親指が・・・姫菊を・・・同時に触れてゆきます。
そして、その全てが既に蜜に塗れていることを思い知らせるのです。
「また、溢れてくる。祥子は欲しくて我慢ができないのかな。こんなによだれをたらして、だらしないね。」
「ごめんな・・さぁぃぃぃ・・」
男性の言葉は、先ほどまで口にふくませられていたあの塊の感覚を思い出させたのです。はしたなく・・・幾度でも・・・新たな蜜が湧き出してしまうのを、止めることはできませんでした。
「仕方ないね。四つん這いになりなさい。」
男性は指を秘所から抜くことなく・・そう命じるのです。
「・・はぁぁ・・ぃ」
わたくしは、上体を俯せ・・・腰を・・・男性の手に繋がれたままに・・後向きに高く掲げたのです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
祥子様
>「仕方ないね。四つん這いになりなさい。」

四つん這いの状態って秘部がすべて見えてしまいますよね。
それを祥子様は従順に従われたのですね。
腰を高くあげて・・・良く見えてますよ♪

2006/09/17 09:01| URL | 桜草  [Edit]
「君の望むように抱いてあげる」

言えそうで言えない言葉。
出来そうで出来ない行為。

交(まぐあ)う…PCでは変換できない
言葉が浮かびました…。

2006/09/17 09:17| URL | eromania  [Edit]
空模様が怪しくなってまいりましたね
九州の皆様は、台風の被害が大変なようです。
東京も空がどんよりとしたままです。
<天災>が酷くならないといいのですが・・・

桜草様
そんな風にご覧にならないでくださいませ。
はずかしいですわ。
もしかしたら・・・桜草様もこの男性の命令に従ってはしたない姿になられてしまったのではないでしょうね?

eromania様
交う・・・シンプルだけれど力強い言葉ですね。
そう、本能的な言葉。
でも大人の男性が口にすると、少しニュアンスが違って感じられますね。
eromania様は、今夜どなたをこんな風に抱いて差し上げるのでしょうね。

2006/09/17 15:12| URL | 祥子  [Edit]
シフォンな手触り 第5話
先ほどmasterblue様からご連絡がございました。
<シフォンな手触り>の新作をアップされたそうです。
こちらでは、多分お目に掛ける事のない幻想調のお話だそうです。
ぜひ左のリンクから、皆様もお越しになってくださいませ。

2006/09/17 15:15| URL | 祥子  [Edit]
有難うございました
「シフォンな手触り」のお知らせ有難うございました。
一月以上間が空いてしまいましたが、やっと第五話をアップできました。お楽しみいただければ幸いです。

視覚を奪われていると、他の感覚が鋭くなるとの事です。そのうえ、四つんばいで・・・気配だけで祥子さんは逝ってしまうのではないかと心配です。

四つんばいでの、Gカップの様子、思い浮かべただけでも、そそるものがありますね。

2006/09/17 19:53| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
感覚の強弱は、生存本能のなせる技かもしれませんね。
1つの感覚を失えば、生きるために他の感覚が鋭くなる。失った感覚を補う様に。
男性と二人の部屋で、擬似的に視覚を奪われたわたくしにもいま同じことが起きているようです。
獣の姿・・・恥ずかしいわ。
そんな風に見えてしまうのですね。どうか、ご覧にならないで、おねがい。

2006/09/17 20:31| URL | 祥子  [Edit]
祥子さまへ
いよいよ佳境ですね。ナカハタさんにより与えられる、初めての恥辱。eromania様が言う様に、「言えそうで、言えない言葉。」「出来そうで、出来ない行為。」、憧れてしまいます。目を瞑ると、四つん這いになった祥子様の濡れ濡った秘部が、克明に目に浮かびます。

2006/09/17 23:54| URL | tako  [Edit]
tako様
今夜迎える絶頂まであと少しです。
はじめてお逢いした不思議な男性のリードは、これほどに巧みでした。
そうですね・・・簡単なことですのに、意外と思いつかないことばなのかもしれませんね。
女はいつも待ってますのにね、こんな言葉を。

2006/09/18 00:09| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)