FC2ブログ

銀幕の向こう側 32

ギシっ・・・
「君は本当に従順な極上のMだよ。私のS性をこれでもかと刺激してくる。何も言わなくても白いヒップを高く突き出したこの姿が、その証拠だよ。」
「ああぁぅっ・・・」
男性は指を引き抜くと、一気に昂りを押し入れたのです。
ねじれた・・ごつごつとした形と大きく張り出した先端が・・・幾度もの快楽に晒されて絶頂を味わった胎内を遠慮なく押し広げてゆくのです。
「くっ・・・締まる。こんなに濡れているのに。」
視界を奪われるのは、これほどまでに他の感覚を研ぎすますものなのでしょうか。わたくしの身体は、男性の塊の感触を胎内で確かめようとでもするように・・・いつもより強く掴み・求めているようでした。
「ぃぃいい・・ぁはぁぁん・・・」
わたくしの中を、ごつごつした塊が不規則に抉り嬲ってゆきます。
その感覚はまるで幾人もの方に次々に犯されている時のようでした。
「祥子、いいよ。ああ、いい。」
男性の腰の動きは、お見かけした年齢からは想像もできないほどに激しく躍動的でした。突き上げる度に違うポイントを刺激し・・・掠れているわたくしの声を・・なお・・淫らに引き出してゆくのです。

「逝きそうだ・・・あぁ。」
突然、奥まで入っていた塊を引き抜くと・・・男性はわたくしを仰向けにしたのです。
「祥子の顔を見て逝きたい。」
目隠しのスカーフをむしり取ると、男性はわたくしの瞳を見つめながら一気に奥まで突かれたのです。
「あぁぁぁ・・・やぁぁぁ・・・」
突然に与えられた視界は、わたくしの想像よりもずっと明るかったのです。
男性の塊はわたくしの中に納められ・・・より奥へ・奥へと・・抽送を繰り返してゆくのです。
「ふふ こんなに揺らして私を誘惑するね。」
「ああぁぁん・・・」
男性の腰の動きにあわせて揺れる左の乳房を掴むと、堅く立ち上がった乳首をねぶり・・・甘噛みします。
「ほんとうに敏感な身体だ。こうするたびに・・」
舌が乳首の先端をねぶってゆきます。
「私のものをくいくい締め付ける。たまらないよ。」
「ぁぁぁああ・・・はぁう・・」
もう一方の乳首を甘噛みされて・・・わたくしはもうゆとりを無くしまっていました。
真っ白く意識を蕩けさせる絶頂はもうそこまで来ていました。

「あぁぁ・・ゆるしてぇぇ・・いきますぅ・・ぅぅ・」
「わかった。一緒に逝こう、祥子」
男性は上体を起こすと、わたくしの両脚を肩に担ぎ上げ、腰の動きを凶暴なまでに早めたのです。
わたくしの蜜壷の最奥までにある、全ての淫楽のポイントを刺激する塊に・・・簡単に追い詰められます。
「祥子いいよ ああいきそうだ」
「ああ・・いくぅぅ・・・いっちゃうぅぅ」
「逝くよ、祥子!!祥子!いけっ・・!!!」
うっ・・ 男性は激しく突くと、男性の茂みをわたくしの肌に擦り付けるほどにした腰の動きを止めて・・・熱い精を放ってくださったのです。
ひく・・ひくん・・脈打つ動きが・・・わたくしの身体なのか、男性の塊なのかすら・・・わからなくなるほどの快感が四肢の先まで駆け上っていったのです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
祥子様へ
ただお互いの目と目を見る事だけなのに、シンプルで有る程、お互いの柵を越えて単純に想いを伝えるのは難しいのでしょうね。

2006/09/18 00:29| URL | tako  [Edit]
明るいのは好きじゃない
 なんだか、しらじらと気持ちが素に戻るから。
だから彼は、明るくしたい時は目隠しをするんです。
彼は、明るく。
私は、暗く。
でも、それだけじゃありませんよね。
何もかも見られてるのに、何も見ることが出来ない。
祥子さんのそんな夕べも終わりに近づいていますね。
なんだか、名残惜しいです。


2006/09/18 08:35| URL | さやか  [Edit]
女性が逝くときの顔って素敵ですね。
明るくして、顔を見たいのはみんな同じでしたか。

特に目がいいです。きつく閉じ、何かに耐えているようで、それでいながら恍惚の表情。

素に戻った祥子さんの逝く顔は、やはり男性の精を受ける時が一番輝くのでしょうね。

2006/09/18 09:22| URL | masterblue  [Edit]
今度の台風は・・・
まるでアメリカ大陸を襲ったハリケーンのようですね。
子供が戯れに転がした模型のような機関車をニュースで見てびっくりいたしました。
皆様のところでも被害がなければいいのですが。

tako様
眼と眼を見交わすこと。視覚を手に入れる事。
ほかのどんな感覚よりも数倍の情報量を手にいれることができるのに、それでも心の中だけはわからないものなんでしょうか。
この方を見つめることで・・・少しでも解り合えたらと思うのはわたくしだけでしょうか。

さやか様
明るいのは、そうですねぇ・・・興を削がれますね。
だからといって真っ暗なのではなくて互いの表情がわかるほどの仄かな灯りの下で抱いていただくのがわたくしは好きです。
目隠しのような一方的なことは、実は本当は苦手なんです。

masterblue様
masterblue様もこの方と同じ様に思ってらしたのですね。
泣きはらしていた眼も、この数時間の目隠しの下で少しはましになっていたでしょうか。
こんなに愛されてわたくしは残っていた心の疵を埋めていただいたように思えたのです。

2006/09/18 10:43| URL | 祥子  [Edit]
真っ白く意識を蕩けさせたい。
自ら蕩けたいとも思う。

eromaniaは小心者だから明るいトコは
苦手…薄暗がりの中で手探りで感じたい。

想像力を味方につけて、ね。

2006/09/18 16:39| URL | eromania  [Edit]
eromania様
それが、太陽の明かりの下の行為よりも
ずっとずっと多くのものを二人に与えてくれるのかもしれません。
大人の男性とは特に・・・こうしたしっとりと深まってゆく夜がよろしいですね。

2006/09/18 18:28| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)