FC2ブログ

Fireworks 3

映画タイタニックのオープニングの乗船シーンを思い出したと言ったら言い過ぎかもしれません。
それでも、接岸した船と桟橋をつなぐブリッジには日よけが付けられ、数時間のクルージングとはいえ優雅な<客船>の風格を醸し出しておりました。
ゲストハウスからブリッジまでの間を、それぞれに装った方達が三々五々歩いてゆかれます。
少し和らいだとはいえまだまだ強い夏の日差しの中、ブリッジの下には3人の男性が立ってらっしゃいました。
本日のパーティの主催者のようでした。
先ほどわたくしの前に受付をされていた4人の他にも、数人の方達と挨拶を交わしていらっしゃいます。お客様を迎えるがっしりとした壮年の二人の男性と、そして少し年配の男性。3人共に個性的なのですが、お客様に向ける笑顔がとても似てらっしゃいます。
その・・・年配の男性の顔にわたくしは見覚えがございました。以前見たことのある経済誌でしたでしょうか。竹上建設の会長をなさっている方のはずです。
TAKEGAMIとは<竹上建設>のことのようでした。
並んでお客様を迎えている3人のなかのお1人が、わたくしに向かって軽く手を上げたのです。
満面の笑みを浮かべた石塚さんでした。

お仕事の関係のお付き合いの邪魔をしてはいけないと、わたくしは少しだけ歩調を緩めました。石塚さんにご挨拶をするにしても、前の方達が船に向かわれてから、と思ったからです。
「祥子さん、良くきてくれたね。」
5・6人のお客様が誘い合う様にブリッジに上がられたところで、石塚さんが駆け寄ってらっしゃいました。
「お招きありがとうございます。東京湾クルーズなんて、すてきだわ。」
「いやぁ、そう言ってくれるとうれしいよ。紹介します、父と兄です。こちらは加納祥子さん。グラフィックデザイナーをされている方なんですよ。」
「ようこそ。いらっしゃいませ。」
年嵩の白髪ながら鋭い眼光の男性が軽く会釈を返してくださいます。
「はじめまして。楽しんでいってください。」
「ありがとうございます。」
石塚さんよりもほんの少し優しい風貌の男性は、握手を求めて下さいました。
すっと伸びた優しげだけど力強い手を握り返して、わたくしは石塚さんを見つめたのです。
「詳しい話は後でゆっくり。もう中のパーティルームではお料理を振る舞っているから、涼しい船内で出航までの時間を寛いでいてください。」
「はい。それでは、お先に失礼します。」
もう、次のお客様がいらしていたようです。
石塚さんとは視線と言葉を交わしただけでした。それでもにこにこと見送って下さる彼をもう一度見やると、わたくしはブリッジをゆっくりと上がってゆきました。

「ようこそ、シンフォニーへ。どうぞ右手のパーティルームへいらしてください。」
船内に入ると、制服を着たクルーが案内をしてくださいました。
クイーンエリザベス号で過ごしたときも感じたのですが、客船という空間は・・・たとえこのクラスのものでも<船>のもつ狭苦しさを感じさせない工夫がされているようです。
通路やドアはさすがにホテルのものとは比べ物になりませんが、それでもエンペラーと書かれたお部屋には広々とした空間が確保されていました。
パーティールームは立食形式のようにお料理が配されていますが、それとは別にいくつもの小さなテーブルと椅子の用意されている居心地のよいレイアウトに整えられておりました。
すでに50人以上のお客様でにぎわっておりました。
ほとんどが、背広の男性。そして、同じく仕事帰りのようなスーツ姿の女性が1/5ほどいらっしゃいました。そして、この船でのクルージングに相応しいパーティウェアの女性がちらほら。
どの方も数人の知り合いの方がいらっしゃるようで、お酒のグラスを手に、小皿にとったお料理を前にすでに話に花を咲かせている方がほとんどでした。
パーティ・ルームの正面奥にはステージが設けられ、管弦楽のカルテットが心地良い音色を奏でています。
一人きりのわたくしは、クルーが運ぶトレイからシャンパンをいただいて、東京湾を眺めることができる窓際の小さなハイ・テーブルへと向かいました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
大人の女性
 どなたも知り合いがいなくても
さりげなく堂々と振舞うのって難しいです。
祥子さんはさすがなのであります。
さやかは・・・・・ウーン (Θ_Θ;)
一人で行くのはちょっとダメかも。

2006/09/22 13:55| URL | さやか  [Edit]
さやか様
一人でお出かけをするといろいろな方と出逢えます。
パーティならちょっとお声を掛けてもいいですし
わざわざ声を掛けなくてもスタッフの方が気をつかってくださったり
楽しい時間を過ごすって決めれば意外と簡単なことかもしれません。
でも、さやか様にはもうエスコートしてくださる素敵な方がいらっしゃいますものね、大丈夫♪

2006/09/22 14:55| URL | 祥子  [Edit]
船に乗るというのは、いつでもワクワクしますね。
宮島へ渡る本当に短い渡船でも。

船から見る景色は、同じものでも違います。
かって、横浜の大桟橋から出る東京湾のクルーシングに乗ったことがあります。
大桟橋から船に乗る、それだけでもワクワクしたのですが、下から見るベイブリッジに、いたく感激しました。


2006/09/22 21:46| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
船というシチュエーションなのでしょうか
それとも足下の不安定さゆえの吊り橋効果のせいでしょうか(笑)。
視点が変わるだけで、自分が見ている毎日がこんなに違うものなのだと・・・思えますね。
おっしゃるように、特に最近の橋梁建築は構造の美しさが特別ですね。

2006/09/22 23:58| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)