FC2ブログ

Fireworks 6

「そうか、まだ一度も祥子さんに僕の仕事のことを話したことはなかったね。」
「ええ。」
二人の前に、新しいワインのグラスをトレイを持ったクルーが届けてくださいました。
ありがとう・・・目顔でお礼をしてお話を続けます。
「支配人からも聞いてないか・・・そうだな話したりしないな。僕はね、設計事務所に勤めているんだ。」
「設計家の先生?一級建築士さんなんですか?」
「ははは 一級建築士だが、先生じゃないな。ある設計家の個人事務所の一スタッフだよ。」
「そうでしたの。」
スタッフとおっしゃっても、相応の実力をお持ちなのでしょう。
センスの良い装いをされた3人の若手を、部下だといってお連れになっているのです。この方のご様子なら、チーフ格以上、いえ設計事務所の主宰者の次席クラスであることは間違いないでしょう。
「去年から今年にかけて、竹上が手がけた商業施設の設計をウチの事務所で扱ってね。それで招待されたんだよ。」
「そうでしたか。」
「ところで、祥子さんは誰に招待されたのかな。たしかこの業界の人じゃなかったよね。教えてくれないか?差し支えなければでいいけど。」
招待されたのだと言っておきながら、たった1人で周囲のどなたに気を遣うことも無く、長谷川さんだけに向き合っているわたくしのことが流石に気になられたようです。
それでもダイレクトに質問なさらない長谷川さんに、彼なりの思いやりや男としての慎みも感じたのです。

隠す必要はないでしょう。
いえ、たとえ隠してみたところで知られてしまうのは時間の問題です。
「あの方なの。」
まるでただの知り合いなのというように、わたくしは視線の先をゆく竹上建設のトップ3のうちのお1人を示したのです。
「竹上の次男坊か。」
「ご存知なの?」
「ああ。竹上建設の専務で、竹上開発の社長をしている切れ者だよ。さっき挨拶した社長より、やり手かもしれない。」
「そう、そんなに凄い方なの。」
わたくしが存じ上げているのは石塚さんの、プライベートのほんの一面だけでした。お仕事に関しては・・・そう、年末に一度だけディベロッパーなんだよ・・・と教えていただいただけでした。
建築業界でディベロッパーといわれる企業は大小含めいろいろございます。まさか、これほど大きな企業のトップをなさっている方だとは、あの時想像もしなかったのです。
わたくしとご一緒の時の石塚さんは1人のとても魅力的な男性でした。
趣味の良さやフランクな態度の中に潜む優しい心遣いや・・・知識や行動力に優れたものお持ちになった希有な男性のお1人でした。
特に、社会的な立場を持ち出してわたくしの関心を引くことをただの一度としてなさらない方でしたから、わたくしも1人の大人としてあえて質問することもしなかったのです。

長谷川さんは一瞬・・・優秀な設計士としての顔を捨て、牡の表情を浮かべたのです。
「祥子さん。この業界じゃあたりまえのようなことも知らないってことは、石塚専務とどんな関係なんだい?」
「ん~、そうね飲み友達かしら。」
会場の一番端のテーブルから、石塚さんがワイングラスを掲げて・・・忘れてないよ・・とわたくしに合図をしてくださいます。
わたくしも同じ様に遠くの石塚さんに向かってグラスをあげてみせたのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
心の炎
祥子さんの心の中には「恋心」という蝋燭が
何本も(笑)用意されていて、情熱、嫉妬、
憧れetc…いくつもの炎で点けたり消したり
できるのですね。

ただ火が点るのは1本だけですが…。
今回はどんな組み合わせなのでしょう。

今後の展開が楽しみ。


2006/09/24 13:59| URL | eromania  [Edit]
eromania様
ふふふふふ
置いてある蝋燭は一本だけです♪
そこに火をつけてくださるマッチやライターがいろいろあるだけ。
付けて下さる火の熱で、わたくしはこの身を蕩けさせてゆくのですから。

2006/09/24 18:52| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)