FC2ブログ

夢のかよひ路 2




美貴さん・山崎さん・石塚さんの3人の男性に招かれた雪の別荘での滞在は、予定よりも1日延びてしまいました。
それは、31日の夜から2日の明け方まで続いた淫らな戯れのせいでした。
4人、いいえ5人の男性からかわるがわるに趣向を凝らして求められる行為は、わたくしの身体を想像以上に消耗させていたからです。
1月2日の一日。
わたくしは望月さんの腕の中で、午後のお茶の時間になるまで微睡み続けておりました。
目覚めてからは暖炉の前で、望月さんのいれてくださった香り高い紅茶を前に、3人の男性ととセクシャルな香りのない、互いを知るための大人の会話を楽しみました。簡単な自己紹介やお仕事のことなど・・・わたくしはこの日の夕餉までの短い時間に、はじめて聞かせていただいたのです。

翌日の朝。
ご一緒に朝食をとった皆さんから、わたくし1人だけが望月さんの運転するセルシオで帰途につくことになったと聞かされたのです。
「祥子さんと一緒に車の中なんていう密室で寄り添っていたら、また我慢できなくなりそうだからね。ははは・・・」
そう言って笑われたのは、石塚さんでした。
「皆さんはどうされるのですか?」
1台の車を1人で占領してしまうことに気が咎めていたのです。
わたくしの表情に気付いてくださったのでしょう。山崎さんが、そっと教えてくださいました。
「結城くんが車を持ってきてくれます。あのレンジローバーで4人ならゆったりと帰れますからね。」
そう、レンジローバーの助手席とリアシートにお二人なら、窮屈な想いをすることなくお帰りになれるでしょう。
往路で・・・カーテンに閉ざされたリアシートの空間でわたくしの事をお二人で責め続けられた時よりも・・・ずっと。
「この二人が随分なことをあの車でしたと、望月から聞いています。同じ車で初対面の結城さんと二人きりで帰るのは気詰まりでしょう。」
美貴さんは、わたくしが別荘に着いたばかりの時の様子をご覧になってなどいないはずなのに、<結城さん>という名前を耳にして戸惑う気持ちをそのまま代弁してくださったのです。
「本当は、僕は一緒に帰りたかったんです。でもね、この二人に阻止されてしまったんですよ。」
「あら、構いませんのに。」
「ゆうべのあみだくじで負けちゃいましてね。」
ははははは・・・果たしてどこまでが本当で、どこまでが冗談なのでしょうか。
確かに、美貴さんだって二人きりでいてずっと紳士でいてくださるとは限りません。
彼らに求められるままに激しい行為に応えて、少し窶れたわたくしを気遣っての、帰路の車の割り振りでした。

今朝、目覚めた時。
ベッドルームには太番手のシルクで柔らかく編まれた黒のニットワンピースと、裏地に鮮やかなオペラピンクのタフタが使われたヌートリアのショートコートが用意されておりました。
黒のリバーレースをオペラピンクでトリミングしたスカラップが美しいランジェリーのセットが一緒に置かれてありました。
胸のラインがくっきりと浮かんでしまうワンピースのためのフルカップのブラとTバックとスリップ・・・そしてお揃いのガーターとシルクのストッキング。
たぶん美貴さんか山崎さんのご趣味なのでしょう。
上質でシンプルで美しい、わたくしも好きな装いでした。
お部屋に付いている温泉が引かれた岩風呂にゆったりと浸かり、身を清めてから身支度をしたのです。
ランジェリーはやわらかく起伏に満ちた肌に添い・・・身動きするたびにキシキシと甘縒りのシルク特有の糸音を響かせるワンピースは、さらっと滑らかな肌触りでわたくしを包んでくれたのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
祥子様
新しいお話が、どのようなお話になるのか
今から、読んでいる私も楽しみでドキドキ致します。

素敵な逢瀬になりますように・・。


2006/10/05 08:30| URL | 百合  [Edit]
百合様
望月さんとの時間は・・・そうですね、他の3人の方達とご一緒の時とはちょっと違う雰囲気になると思います。
<淑やか>には珍しいあまあまな時間をお楽しみ下さい。

2006/10/05 17:57| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)