FC2ブログ

夢のかよひ路 6

走り出した車がどこへ行くのかもお聞きしませんでした。
望月さんにこの一日をお任せしたのです。
関越自動車道の上り線からは外れませんでしたから、翌日の仕事を思えば都内へ向かうのでしょう。
わたくしは先ほどのリアシートとは少し座り心地の違う助手席に、肌触りのいいストールを巻いて腰を下ろしておりました。
「いいですよ、まだ怠いでしょう。着いたら起こしますから、眠かったら寝ていてください。」
「ううん、大丈夫よ。でももし眠ってしまったら、ごめんなさい。」
スムースなドライブにふぅっと眠りに落ちかけるわたくしに、望月さんは気を使ってくださいます。
わたくしが助手席にいるからといって、望月さんはことさらに口数が多くなるということはありませんでした。
低くかかっている軽快なクラシックに耳を傾け、時折目にする光景に・・・まだあまり多くはない都内の渋滞情報や事故の情報に・・・いくつか言葉を交わしただけでした。
それでも、気詰まりだったり退屈だったりはしないのです。
黙っていても心地良い時間が二人の間には流れていました。

セルシオは関越自動車道を練馬インターで下りました。そのまま谷原の交差点を環状七号線へと車を向かわせます。
3が日の都内は、まだ車も少なく流れはスムースでした。
時に渋滞している場所にさしかかると、わたくしには解らない裏道を駆使してパスしてゆくのです。
いまさら・・・なのですが、セルシオにはカーナビゲーションシステムは付いておりませんでした。
いつも、まるで何の迷いも無く車を走らせてゆく望月さんに、ポピュラーになったあの機器は付いているものだとばかり思っていました。よく考えれば、あの独特の合成音声をこの車で一度として聞いたことはありませんでした。
望月さんは、たしか京都の出身だと聞いていましたが・・・都内だけでなく、美貴さんと行き来する場所のルートを熟知しているのでしょう。

いつの間にか、クラシックのCDはJ Waveに切り替わっていました。渋滞情報を真面目な表情で聞きながら、いつも通り的確なドライビングを繰り返します。
わたくしはいつの間にか会話をすることもなく、望月さんの横顔を見つめていました。
リアシートにしか座ることの無いわたくしにとって、運転をする彼を見る機会は一度もありませんでした。
わたくしを見つめるときには、優しく微笑むか・微かに愁を帯びる彼の眼差しが真剣な光を帯びている様はとても魅力的だったのです。
車は城南エリアに向かって進んで行きました。環状七号線から山手通りへ大崎ニューシティを折れて・・・セルシオは日本庭園を望む高層ビルの地下駐車場へと滑り込んだのです。

「ここはどこ?」
同じエリアの少し離れた場所にある贅沢な空間のホテルのことはわたくしも存じておりました。でも、このビルはホテルではありませんでした。たしか・・・住居棟だったはずです。
「私の部屋です。狭いので申し訳ないのですが、寛いでいただけますから。」
どうぞ・・・と、望月さんは助手席のドアを開けてくれたのです。
ご自分はトランクからバッグを1つだけ持って、わたくしを伴ってエレベーターへと向かったのです。

まさか、ご自分のお住まいに招いてくださるとは思ってもいませんでした。
とはいえ、ホテルから別荘へと・・・素敵だけれどどこかよそよそしい空間で時間を過ごしていたわたくしには、ほっとくつろげる場所へ連れてきて下さったことはとても嬉しかったのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
はじめまして
祥子さま、コメント有り難う御座いました。
薔薇の花が素敵なブログですね。
僕のブログはまとまりが無くて雑然としていますが
これからもよろしくお願いします。

2006/10/09 01:07| URL | ふわく  [Edit]
ふわく様
こちらこそ。ようこそお越しくださいました。
丁度、お月見も終わったところですので基本形の薔薇のテンプレートに戻したところです。
今月の後半には紅葉のテンプレートに変更する予定でおります。
<夢のかよひ路>は少し長いお話になりそうです。どうぞゆっくりお楽しみくださいませ。
ふわく様のところにもまたうかがわせていただきます。

2006/10/09 13:25| URL | 祥子  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/10/09 17:07| |   [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)