FC2ブログ

夢のかよひ路 22

「祥子さん、なにをぐずぐずしているんですか?」
わたくしは、望月さんの前で視線を恥ずかしさから彼に戻すことができずに、望踵から抜き取ったボクサーパンツを膝の上でたたんでおりました。その躊躇を見抜かれてしまったようです。
望月さんはわたくしを優しく咎めたのです。
ごくっ・・・喉に絡まる唾を飲み込む音が頭の上から致しました。
「それを置いて、僕を見て。」
望月さんの声はほんの少し・・・掠れていました。
わたくしはゆっくりと視線を上げていったのです。

彼の足首から膝・・・先端から溢れる粘液でぬめる塊・・引き締まった腹部・わたくしを抱きしめてくださった厚い胸板・・そして欲情に濡れた瞳で見つめている顔。
「は・い・・」
わたくしの声も望月さん同様に掠れていました。
そこに居る男性の存在を目にするだけで、こんなにも<欲しい>と思うことがあるなんて・・・思ってもおりませんでした。
「ゆうや・・さ・ん?」
望月さんの手がわたくしの腋の下に差し入れられ、力づくでベッドの上に引き上げたのです。
「あん・・」
カバーすら外していないダブルサイズのベッドの上にわたくしを仰向けに押し倒すと、望月さんは性急にわたくしの両脚を押し広げ・・彼の大柄な身体を割り入れたのです。
指はたくし上がったスリップを潜り・・・さきほどから押しとどめる茂みがないばかりに・・・はしたなく蜜を滴らせたTバックの細いクロッチの上をなぞります。
「はぁん・・」
「いいですね。」
「あっ・・ああぁぁぁん・・」
わたくしに被いかぶさった望月さんは、独り言のように呟くとクロッチだけを乱暴にずらして、わたくしの返事も待たずに彼の塊を突き入れたのです。
「こんなに濡らして。」
ぺっとりと濡れた指先をわたくしの右の乳首で拭うと、肩先に両手を突いて腰を・・・これ以上は我慢できない・・とでも言う様に抽送をはじめたのです。
「あぁぁん・・だめぇ・・・」
声を堪えることなんてわたくしには出来ませんでした。
ずっと、今朝別荘を出たときから・・いえ昨日望月さんの胸の中で微睡んでいた時から望んでいたことです。
望月さんに・・・こうして・・・あああぁ・・ぃぃ・・・
「っく、そんなに締め付ける。欲しかったんですか?これが。」
淫楽にまるで苦痛を耐えるかのように眉間を寄せるわたくしを真上から見つめて、望月さんが問うのです。
「ゃぁあ・・ぁああん・・」
答えたくても、わたくしを抉る反り返った塊は・・子宮口を分け入るほどに深く・・・押し入ってくるのです。淫らに相手の男性をも狂わせる数の子天井を、ごりごりとこすり立てるのです。
押し寄せる快感に・・・とても、言葉にはなりませんでした。
「祥子さん、答えないと抜きますよ。」
「あ・・ぁぁぁ・・だ・っめ・・」
野生動物の疾走を思わせる躍動的な動きがふっと止まり、ゆっくりと昂りが引き抜かれてゆきます。どれほど締め付けてもう一度、彼を欲しがるはしたない胎内に引き戻そうとしても・・容赦なく。
「ほしかったの・・ずっと・・ゆうや・の・・おっきいのぉ・・」
滑っているであろう花びらから抜け出る寸前に、わたくしは喘ぎを乗せた声でとぎれとぎれにようやくそう口にしたのです。
「もう一度、はっきり」
微妙な位置に腰を置いたまま、望月さんが命じるのです。
「ずっと・・ゆうやだけに・・おかされたかったの。ほしかったの・・ゆうやの・・あうっ」
ずん! 全部の言葉を口にする前に、望月さんは最奥まで一気に彼の塊を押し入れたのです。
「いくっ・・ぁ」
わたくしは一番感じやすい奥に、一瞬の内に受け止めた彼の質量で軽く達してしまったのです。
快感はひくひくと蜜壷を全体で大きな塊を飲み込むように蠢かせてゆくのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
ようやく望月さんと躰を結ぶことができましたね。
初雪から、ずいぶん長いこと待たされたように感じますが、時の流れからゆけば、まだ無毛の時ですね。
どうか思いの丈を、遂げて下さい。
祥子さんの無毛の花びらが、茎で刺し貫かれた様を妄想しています。


2006/10/23 16:34| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
コメントありがとうございました。
お返事が遅くなってしまって申し訳ございません。
望月さんとは・・・セックスはしているのです。
でも、それは他の方と同じ時に・・・。
こうして二人きりで肌を合わせるというのは、実はこれが初めてなんです。
望月さんもこの時を臨んでいてくださればいいのに・・・と思ってしまいますわ。

2006/10/24 18:51| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)