FC2ブログ

夢のかよひ路 23

「逝ってください。もっと!」
再び望月さんの力強い抽送が始まりました。今度はわたくしのシルクのストッキングに覆われた脚を両手に抱え込むようにして。
「はぁぁ・・ん・・ふか・いぃぃぃ・・」
「祥子さんを独り占めして愛したかったんです。こんな風に。」
ずん! さきほど彼の名前を憶えさせたように・・・身体で・・もっとも敏感で感じやすい場所で望月さんの肉体を、全てを憶えろとでも言う様に強く突き上げるのです。
「ぁぁあん・・ま・たぁぁぁ・・」
望月さんの大きな・・・すんなりと綺麗なフォルムなのに太くて・長い塊が・・・わたくしの花びらの中を押し広げ・・溢れ出すミルク色の愛液を掻き出してゆくのです。
「犯すんじゃありません。可愛がっているんです。愛しているんですよ、祥子さん。」
脚を左右に大きく広げる様に突き放すと、望月さんはまた被いかぶさって・・・腰の動きはそのままに・・さきほど愛液で濡れた指先を拭った右の乳首を甘噛みしたのです。
「あっ・・ひいぃぃ・・ごめん・・な・さぁぁぁぃぃ」
快感に溶かされた苦痛は、わたくしの全身を淫らにひくつかせるのです。
そして・・また・・・

「こうしたかった、ずっと。31日に祥子さんを迎えに行った時から。別荘の浴室で祥子さんにフェラチオをされたときも、一人きりならためらいもせず愛していました。」
花びら餅だと言われた無毛の白い丘に、しなやかな望月さんの茂みがぴったりと張り付くほどに奥まで・・・全てを・・・彼の大きな塊の全部を納めて・・まぁるく・・小さく・・互いだけにしかわからないほどかすかにわたくしの身体を刺激し続けるのです。
「じゃぁ・・ぁ・・ん・・どぉし・・てぇぇ・んんあぁぁ・・・」
「こそこそと、あなたを抱くのだけはしたくなかった。」
「んくっ・・ん・・」
腰の動きを次第に大きくしながら、望月さんは耐えかねたように唇を貪るのです。
「はぁぁ・・ん・・」
また一段と大きくなった塊の行き来に、わたくしは熱に浮かされたように淫らな声を上げてしまうのです。
「こんな風に祥子さんの魅力的な声を表情を、猿ぐつわやキスで奪うようなことをしてまで、こそこそと自分の欲望だけを満たすなんてことしたくなかった。」
「ぁぁあ・・っくん・・」
また。高まる悦楽に蕩けてゆく声を望月さんの唇が飲み込みます。
「祥子さんのこの声を聞いて、あの方達が我慢できる訳がない。結局またあなたを責め立てる言い訳を与えるだけになってしまうのがわかっていて、抱くことなんてできませんでした。」
離した唇をわたくしの左の耳元に寄せて・・ぴったりとわたくしを抱きしめながら望月さんは訳を聞かせてくれたのです。
「ああっぁぁぁ・・・ゆう・やぁぁ・・・いくぅぅ・・」
彼の胸の中で、わたくしは彼の告白を聞いて・・名前を呼びながらまたも・・上り詰めてしまったのです。

「逝ってください。何度でも。」
望月さんは、なにかを掴む様にシルクのストッキングの中で丸まった足指とピンと反り返る脚が力なく落ちてゆくのを待ってから、わたくしの脚に手を掛けて立て膝の形にさせました。
「祥子さん、僕のを飲み込んだままで起き上がってみてください。」
はぁ・・はぁ・・・と肩で息をするわたくしを長い右腕で抱きとめると、左手をガーターベルトを付けたまま愛液が流れ伝う腰に添えて・・ぐいと上体を引き上げたのです。
「はぁぁ・・・・ふか・いぃぃ」
これだけ突き動かしても果てることのない大きな望月さんの塊を、力をなくしたわたくしの身体は自らの重みでさらに飲み込んで・・・猛々しい男性を軸に彼の膝の上に座らされてしまいました。
「これで祥子さんの胸も唇も・・・勿論ここも。」
望月さんの手が、彼の茂みに密着したままの幼女のように白いのに・・ふっくらと淫らな佇まいをした丘を覆うのです。
ちくちくと剃刀で鋭く切られた先端が望月さんの指先を刺激しているかと思うと・・・やぁぁ。
「眼をそらしちゃだめです。祥子さんこっちを見て。全部愛してあげます。」
「あっああぁぁぁん・・」
わたくしの膝の下で、望月さんの腰が信じられないほどに強く大きく突き上げられるのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
酷いお天気ですね、寒くて風が強い。彼は予定していた山登りに今日から出かけます、心配…。
1週間いなくなる。日曜は秋桜の後愛されたし、心は何も心配ないお出かけなのに。離れると思うと昨夜から、身体が疼いて…。
祥子さんのを読み、朝から蕩けたくなりました。

2006/10/24 09:58| URL | るり  [Edit]
秋嵐という言葉はあるのでしょうか?
せっかくのコスモスもこの雨と風で可憐な花びらを痛めてしまいそうですね。
この時期に山に行かれるなんて、よほど慣れた方なのですね。きちんと装備をなさってらっしゃるのでしょうから、るりさんが信じて待っていて差し上げるのが、一番神様に安全を聞き届けていただける方法のような気がいたします。
山頂はもう冬。
街に冬が訪れるのも、あと少しです。

と・・・いいつつ、まだ夏の物語を書き続けているわたくしです。(笑)

2006/10/24 18:55| URL | 祥子  [Edit]
「こそこそと、あなたを抱くのだけはしたくなかった。」

「こそこそと自分の欲望だけを満たすなんてことしたくなかった。」

この二つの言葉が、逢瀬のすべてを語ってる気がするのは僕だけ?

2006/10/24 21:11| URL | eromania  [Edit]
eromania様
ええ、おっしゃる通りだと思いますわ。
雪の別荘の帰り道、彼が自分の住まいに誘って下さった本当の理由はこの言葉でしたの。
ソファーで聞かせて下さればいいのに・・・こんな・・ベッドの中でなんて。

2006/10/24 22:01| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)