FC2ブログ

夢のかよひ路 34

「すごいわ・・・早いのね。」
わたくしが憶えていた最後の場所は・・・三ツ沢に向かう横羽線の上でした。
だとすれば、ここに来るまで有料道だけでなく一般道も走らなければなりません。白いRX7は軽快に前をゆく車をパスしてきたのでしょう。
「休憩しませんか?」
「ええ。でも、こうして普通に起こして下さればよろしかったのに。」
「僕に向かって少し開いた唇を差し出した祥子さんを見たら、こうするに決まっているじゃないですか。」
「もう、いじわる。」
これ以上セクシャルな会話にならないように、わたくしはドアを開けました。
助手席のドアの外は駐車場の端の壁になっておりました。
車から見た駐車場は、さすがにこんな時間だったからでしょう。数台の車が化粧室の近くに停まっているだけでした。他の車はあそこにあるのに、なんでわたくしたちだけ・・・こんなに離れた場所に?
「いきましょう。」
ドアをロックした望月さんに、声を掛けられてわたくしは質問をしそびれてしまったのです。

もう23時をまわっていました。シーズンとはいえ、小さなレストハウスは自動販売機だけが明るかったのです。わたくしは化粧室を出て、自動販売機でブラックの缶コーヒーを2つ買って、車へと戻りました。
「よかったら、これ召し上がってください。」
望月さんは、もう車に戻っていらしてました。
車の前のコンクリート壁に壁に腕をついて、潮騒に包まれながらじっと黒い海をみつめていたのです。真夏の海は、日差しがなくても汗が溢れるような熱気に包まれておりました。
「あっ、ありがとうございます。冷たくて気持ちいいな、いただきます。」
彼はさっそく缶を空けて口にします。
「疲れましたか?運転。」
わたくしは、袂に自分のコーヒーを仕舞うと望月さんの隣に立ったのです。
「いえ、運転は好きですからね。いつもの車よりは楽ですよ。」
美貴に聞かれたら怒られそうですね、と悪戯っぽく笑います。
「ごめんなさい。わたくし隣で眠ってしまったりして・・・。」
「そうですね。お仕置きをしなくてはいけませんね。」
真面目な声で、わたくしを見つめて・・・。
「そちらに行きましょう。」
車の向こう側、助手席のドアの方へとわたくしを押しやるのです。
「ここで?」
「そうです。」
バタっ・・・既にエンジンが掛けられていた車の中からは、エアコンで冷やされた冷たい空気がわたくしに足下に流れてまいりました。
でも、それよりも開けたドアの中、助手席に置かれていた赤い縄が・・・わたくしの背筋を冷たくさせました。

「いや・・・」
後ずさろうとも・・・わたくしの背中は、コンクリートの壁でした。
「祥子さん、ご自分で着物の裾を捲り上げてください。」
「だめ、できないわ。」
「お仕置きですから必ずします。ここでぐずぐずすれば気付かれた誰かに近くに車を停められるだけですよ。さあ。」
束になった縄を、望月さんは二つ折りに捌き直すのです。
「や・・・」
「帯までならFCに隠れて駐車場の他の車からは見られません。それとも、他の車にわかるように、胸縄を掛けてそのGカップを剥き出しにされたいですか?」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
祥子さん、こんにちわ!
「愛と官能の美学」のShyです。
この度は相互リンクいただき、ありがとうございました。
末永くお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。
せっかく来たので、今日も祥子さんの珠玉の文章を読ませていただきます(^^)

2006/11/04 14:05| URL | Shy  [Edit]
えっー、ここで?
祥子さんと同じ驚きと衝撃を隠せません。
ますます楽しみ♪

2006/11/04 14:15| URL | eromania  [Edit]
ちょっとプライベートでバタバタしちゃって・・・お返事遅くなってごめんなさい。
ご教授いただいたとおりにしてますプププッ (*^m^)o==3

わぁ・・・縄・・・あぁん・・・・いいなぁ・・・・Oo。。( ̄¬ ̄*)ぽあぁん
体が硬い割には・・・縛られるの大好きです(;^ω^A テレテレ

2006/11/04 15:01| URL | トン  [Edit]
3連休の中日。テレビは野球やらバレーボールで熱戦が続いているようです。
皆様はいかがお過ごしですか?

Shy様
わたくしの方こそ、リンクありがとうございました。Shy様のHPにご登録なさっている多くの方達にはまだまだ及びませんけれども、出来うる限り<淑やか>な世界を綴ってゆきたいと思っております。
これからもよろしくお願い申し上げます。

eromania様
そうなんです・・・こんなところで・・なんです。
真夏の西湘バイパス。昼間ではないので、さほど停車する車はないのですが、ひっきりなしに通過する車のヘッドライトがわたくしを照らすのです。
どうか、望月さんに許してくださるように・・・eromania様からもおっしゃってくださいな。

トン様
いえ、わたくしの拙い説明でお役に立てたのなら幸いです。
望月さんがどんなお仕置きを考えているのか・・・トン様が身代わりになってくださいますか?

2006/11/04 20:18| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)