FC2ブログ

夢のかよひ路 38

バン・・ わたくしの背中で運転席のドアが閉まる音がいたしました。
RX7のエンジンは掛けられたままでした。路肩に止められた車はヘッドライトとハザードランプを煌々と点けたままだったのです。
暗い山の道は、真夏の夜の草いきれと緑の気配を濃く漂わせておりました。
「ここは、どこなの?」
「修善寺の山の中です。」
「山の中?」
「ええ。」
「何があるの?」
見渡しても、そこにあるのは青々と茂る樹々だけです。車はさきほどから1台も通りません。ただ、少し早い鈴虫の音だけが響くのです。
「何もありません。」
望月さんは、眩しいヘッドライトの向こうから声だけで答えるのです。
「それじゃ、どうして?運転に疲れたかしら」
訳がわかりません。先ほど海沿いのパーキングエリアで車に乗り込む時には、もう目的地まで直行すると彼は言っていたのです。
「祥子さんにお仕置きをプラスするためですよ。」
「いやぁっ」
光の中から近づいた望月さんの手には、引き捌かれた新たな縄が握られておりました。

「やめて・・・っ」
こんな場所で大きな声で抗う訳にはまいりません。
ここからはどんな明かりも見ることが出来ませんが、だからといって人が住まっていないとは言い切れません。もし、近在の誰かに聞かれれば、まるでわたくしが望月さんに暴行を受けている様に思われてしまいまねなかったからです。
「ゆるして・・ 望月さん」
わたくしの本気ではない抵抗など、彼の力の前には何の役にも立ちませんでした。
望月さんはつかつかと近寄ると、わたくしを抱きしめるかのように腕を回し、胸の上にあっさりと縄を回してしまわれたのです。
「ほら、また罰を受けなければならない理由が1つ増えましたよ。」
「あぁ・・ん・・」
シュルッ・・・二つ折りにした輪の部分に縄尻を通して引き絞ります。そのままもう一巻きし、今度は半幅帯の上辺のさらに上に・・・二巻きされてしまいました。
望月さんの着付けの技で、わたくしのGカップの乳房は上手くボリュームを抑えて綿の着物の中に納められておりました。その乳房を今度はもとの質量よりも一層突き出させるための縄を掛けるのです。
わたくしの身体は、2つの相反する綿の力に淫媚な軋みを上げていました。
そしてわたくしの腕には、まるで予告のように・・・今夜シンフォニーの中で長谷川さんが赤ワインで描いたのと同じ場所に・・・赤い縄が掛けられていたのです。
「これで手の自由もききませんね。でもまだ峠道が続きますから、これで最低限身体を左右で支えることもできるでしょう。」
長谷川さんならまず、ためらいもせずに後ろ手に拘束しているでしょう。
望月さんは、わたくしの両腕を体側に垂らした姿のままで着物の上から乳房の上下だけを引き絞るようにしたのです。
きつく食い込む縄は、白勝ちの着物の胸元を赤い縄で縊れ出させるだけでなく、腕の自由も確実に奪っておりました。

シュル・・・ わたくしの後ろにまわった望月さんは、縄尻で上下に平行に掛けた縄を背中で引き絞り、一層きつく食い込ませたのです。
「ぁぁっ・・」 
「祥子さんがいけないんです。僕が話しかけているのにちゃんと答えないから、眠っているのだとおもって玩具を動かさなくちゃならなかったじゃないですか。」
「ちがうわ・・・」
西湘PAで望月さんに腰回りへの縄を掛けられていたせいだったのです。容赦なくFCの振動が送り込む快感にはしたなく反応してしまう身体が、わたくしの理性を奪っていったからです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
早速、読みました。(笑)

いいですね。
前回の私の発言撤回したいぐらいです。
望月の、これから始まる祥子への甚振りに期待大です。(笑)



2006/11/07 08:44| URL | melto  [Edit]
早くも立冬、でも東京は今日は散歩も気持ち良い暖かな日差しが溢れています。
自分の意思に反したローター振動、拘束された身の不自由さ。それだけでも抗えずに昇ってしまうのに、その上に車中の微妙な律動…。
一番の人に身を任せる快感。
良いですね…、祥子さんの身代わりになりたくなります。

2006/11/07 11:02| URL | るり  [Edit]
はじめまして・・・
さやかさんトコからのジャンプです。
読み応えのある文節・・・思わず、熱くなってしまいました。(恥)
ウチにもいくらか、リンクさせてますので、よければ、是非♪

2006/11/07 13:00| URL | かなみ@管理人  [Edit]
 (;´ー`)┌いやいや、祥子さん
そこで、そんな言い訳なんかしなくても
そんな事、望月さんだってわかりきってますって・・・。
しかし、やっぱり祥子ワールドの男性の中では
望月さんって「若い」男の子だったのね。
 ( ̄― ̄)(―_―)( ̄― ̄)(―_―)ウンウン

2006/11/07 18:33| URL | さやか  [Edit]
蒼い空の後は、少し風も冷たくなってまいりました。
みなさまは、暖かくお帰りになれましたか?

melto様
よかったです。ご納得いただけて♪
望月さんはもともと真性のSではないですから、melto様のお眼鏡に叶うかどうか・・・ですが。
この物語は56話くらいまで続きます。
この先もどうかお楽しみになさってください。

るり様
るり様からコメントをいただいた時刻は、わたくしの眼の前の窓に秋とは思えないほどの強い日差しが差し込んでおりました。
特別なものの必要のない望月さんの責め。
るり様ならお望みになれば再現は可能かもしれませんよ♪

かなみ様
さやか様の露出のコメントからいらしてくださったのでしょうか。
コメントをお見かけしてすぐ、かなみ様のブログにもお邪魔させていただきました。
喜んで頂けて嬉しいです。今度はわたくしがかなみ様の物語にお邪魔するようにいたしますね♪

さやか様
ふふふ、「言い訳は必要な二人には最高のドルチェ♪」なんですよ。
そうなんです。望月さんは・・・そうですね、さやか様からみれば立派なお兄様ですけれどわたくしからみたらとても<若い男の子>なんです。
世代の違う女性を、どちらも虜にしてしまうあたり・・・望月さんの実力♪でしょうか。

2006/11/07 20:31| URL | 祥子  [Edit]
祥子さん、こんばんは。
私の拙い小説に感想残して頂きまして、ありがとうございました。
祥子さんの書く文章にふれていると、なぜか、以前、片思いしていた
女性を思い出します。その女性は人妻さんで当然、なんの進展もない
ままでしたけど(泣笑)きっと思い出なので美化されてるんでしょう(笑)
で、そんな気分で詩?書いてみました。

  【あなた・・・】

淑やかな
あなたが見せる微笑みが

大丈夫かな?
憂えるあなたの優しさが

浅はかな
僕にはとても心地良く

モテてるのかな?
僕は有頂天


でも、気付いたよ
あなたの妻の顔を見た時に

でも、切なかったよ
あなたの妻の笑顔を見た時に

でもやっぱり、口惜しかったよ
あなたにあなたと呼ばれる人がいる事が

でもやっぱり、嬉しかったよ
あなたに出会えたことが・・、ありがとう・・

かなりのスペース使ってしまってすいませんでした。
不具合でしたら削除お願いします。

2006/11/07 20:50| URL | えいと  [Edit]
えいと様
素敵な詩をプレゼントしてくださってありがとうございました。
素敵な方でしたのね、その女性。
ふと俯いた時の、綺麗な貝殻のような耳の薄い堅さを想像してしまいました。

こちらにいらしてくださって、こんなふうにインスピレーションを感じていただけるなんてとても嬉しいです。
ありがとうございました。

2006/11/07 23:48| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)