FC2ブログ

夢のかよひ路 41

「いままでのどんな時の祥子さんよりも素敵です。でも、そろそろ行きましょうか。」
望月さんが近づいてきてくれました。ここで着付け直せなくても、せめて胸縄は解いて、はだけた着物を元に戻していただけるのだと・・・わたくしは思っておりました。
「祥子さんの白い肌を蚊に食われてもいけませんし、あまり遅くなり過ぎてもしんどいですからね。さぁ、行きましょう。」 
なのに望月さんは、わたくしの肩を抱いて車から一旦離れさせると車のドアを開けたのです。
「おねがい・・・解いて・・」
「だめです。お仕置きは終わってないんですよ。」
これ以上、こんな刺激を続けられたら・・・わたくしは理性を保ちつづける自信がなかったのです。
「ああ、そうですね。またこんなに濡らしてしまったら着物をだめにしてしまいます。」
そして後ろにまわって、着物の後裾までも背中にまわる胸縄に挟むと、丁寧に全体を整えはじめたのです。
下半身を露にきものを絡げ上げた状態のままで・・・
「このままで車に乗ってください。さぁ、僕が手伝ってあげますよ。」
「やぁ、ほどいて・・おねがい・・」
「だめです。」
開いたドアへと回り込まされて、目にした助手席のシートにはタオルが1枚敷かれていたのです。
「こんなに魅惑的なフェロモンをまとわりつかせた着物を、知り合いの職人に預けて洗い張りにするなんてことできませんからね。汚さないためにはこうするしかないでしょう。それともこれ以上、誰が通るかもしれない道でこんな風に淫らな姿を晒しているのがいいんですか?まさか、露出することに感じているわけじゃないですよね、祥子さん。」
「いやぁっ・・・」
「なら、言うことを聞いて下さい。」
さあ、と望月さんはわたくしの・・・露になった腰に手を添えて、レカロのシートに後ろ向きに腰を下ろさせたのです。
このまま、ここにこの姿で放置されたら・・・わたくしにはどうしていいかわかりません。膝をぴったりつけて、足先を揃え腰を中心に90度身体を回しました。

「まだ目的地までは、カーブの多い道が続きます。シートベルトをしておきましょう。」
ドア脇のステムについたシートベルトを引き出すと、望月さんはベルトを白い乳房の間に挟み込むように通して、シート脇のストッパーに留め付けます。
「ドアを閉めます。」
わたくしは、まっすぐに前だけを・・・ヘッドライトが照らす白い闇を見つめていました。
俯けば、露になったバストや、その下にはやはり露になった白い下肢が見えるだけなのです。俯いて、瞳を閉じていれば・・・望月さんにまた眠っていると思われてお仕置きをもっと重ねられてしまうかもしれません。
「・・・はい」
消え入りそうな声で返事をすると、望月さんは助手席のドアを優しく閉めてくださいました。
フロントガラスを望月さんが横切ります。
いつも変わらず紳士的で優しく上品な年下の男性。
いつもより少しカジュアルな装いが、彼を年齢相応の若々しさで彩ってみせました。
『僕は、赤い縄で縛り上げた祥子さんを見るのも好きなんです。でも、せっかくこうして二人きりになれたのに縛って無理矢理なんてことはしたくないんです。』
雪の別荘の帰り、彼はベッドの部屋でこんな風に言っていたのです。
あの時は縄など一度も見せることさえせずに、優しく抱いてくださったのです。なのに・・・今回は・・・
バン・・・望月さんが運転席に戻ってらっしゃいました。でも、シートベルトを締めることすらせずに、サイドボックスから何かを取り出したのです。
「もう一つお仕置きをしなくてはいけませんでしたね。」
「もう・・・ないわ。おしおきされなくてはいけないことなんて。」
わたくしには、望月さんが口にすることに全く心当たりがなかったのです。
「二人きりの時に、望月さんなんて他人行儀な名前で呼ぶからですよ。」
そう言うと、真新しい電池パックを開けたのです。帯に挟まれたコントローラーから2つの単三電池を取り出すと、新品の青い乾電池と変えたのです。
「や・・・もうだめ・・おねがい。」
「僕のことはなんて呼ぶんですか?」
「悠哉さん。」
「そうです。忘れないでくださいね。」
それじゃ、いきます。
望月さんはサイドブレーキを戻すと、FCを深夜の山道へと駆けさせたのです。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
今日も読みに来ました。
とりあえず足跡残しておきます。



2006/11/10 08:09| URL | melto  [Edit]
秋らしくなってるね。。。
ところでプロフの画は祥子が爆乳なのを知ってる
からあんなオッパイに描いてくれたの?^^

2006/11/10 12:56| URL | 鬼龍院  [Edit]
優しく抱きしめる…。
激しく情熱的に責める…。

男はどちらかだと思い込みたがるけれど、
女性にはどちらも魅力的なのですね。
奥が深ーい(笑)。

2006/11/10 22:15| URL | eromania  [Edit]
今日は、まるで真夏のような日差しでした。
明日は曇り空から雨との予報ですが・・・皆様のところではいかがでしょうか?

melto様
いらっしゃいませ。こうして足跡だけでも残していただけるのは嬉しいです♪
今度お時間のあるときに、ゆっくりご感想を聞かせてください。

鬼龍院様
いらっしゃいませ。テンプレートが変わって初めてでしたのね。
プロフのイラストを書いてらっしゃるHAIREI様は・・・そうですね、わたくしの身体のことはご存知ですよ♪ですから書いてくださったのです。イラストの方が何倍も魅力的ですけれどね(笑)。

eromania様
ええ♪その奥に真情があれば、どちらもえも言われぬ幸福感をくれるのですよ。
それを同時にされたら・・・、どうなるかはお判りですよね♪

2006/11/10 22:55| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)