FC2ブログ

夢のかよひ路 48

「セルシオにお迎えした時から、祥子さんからは・・・まだ燻り続けているフェロモンが溢れ出していて僕は目眩がしそうでした。」
望月さんの手が、わたくしの髪を解きはじめました。
「祥子さんの髪から立ち上る潮の匂いが石塚様の残り香のようで、苦しかったんです。」
はら・・っ ストレートの黒髪が、肩から湯の表面へ闇を切り取ったように広がってゆきました。
「リアシートに腰掛けて一生懸命前を見ている祥子さんの瞳は濡れたままで、僕が話しかけてもちっとも焦点を結ばない様子で・・・そしてとうとう返事をしなくなった。」
「それは・・」
「祥子さんにあんな表情をさせるほど、石塚様はどんなに激しく愛したんだろうと思っただけで、気が狂いそうになりました。」
望月さんの右手が、わたくしの左の乳房に優しく被せられました。
「石塚様が大好きなこの髪に今夜はどんな風に触れたんだろう。僕と二人きりになって悠哉と呼んでくださっても消えない艶が、石塚様によってもたらされたものだと思ったとき、どんなことをしてもそれ以上のことを・・・祥子さんのことをめちゃくちゃにしたくなってしまいました。」
彼の左手がわたくしの腕を・・・胸の上に掛かっていた縄の軌跡を滑ってゆきます。
「痛くありませんでしたか?」
「大丈夫よ。」
わたくしは、今夜の望月さんの変貌に得心がいってようやく優しく答えることが出来たのです。
「もう、いいの?気は済んだの?」
「はい。」
「あのね・・・」
「祥子さん、もういいんです。」
わたくしのこめかみに、少しちくちくとお髭の感触のする顎を押し当てて望月さんはそうおっしゃいました。石塚さんとのことは、聞きたくないということなのでしょう。

「ううん、違うの。」
わたくしを抱きしめていた望月さんの腕が少し緩みました。
「悠哉さんが迎えにきてくださったでしょう。」
「ええ。」
「渋滞でとろとろと進む車の中でわたくしが考えていたのは、あなたとはじめて二人で過ごした日のことだったのよ。」
「えっ。」
「雪の別荘で過ごした帰り、今日みたいに悠哉さんのお部屋にわたくしを連れてってくださったでしょう。それで、あなたのベッドで何度も何度も愛してくださったでしょう。」
「はい。あの日はどうしても祥子さんを独り占めしたくて。独り占めした祥子さんをあの方達の誰よりも感じさせたかったんです。4人の男性に3日間責められ続けてくたくたになっているのを解っていても、止めることができなかった。」
「うれしかったわ。セルシオのリアシートで、わたくしを夢見心地にしてくれていたのは・・・誰でもないあなただったのよ。」
「祥子さん・・・」
「ん・・ぁ・・・」

檜の香りの浴槽の中でわたくしの上半身だけを膝の間で振り向かせると、激しく唇を貪ったのです。そして・・・彼の右手はふとももの狭間へ、左手は感じやすい左の乳房をつよく揉みしだきはじめました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
いつもクールに見える望月さんの豹変は、嫉妬のなせる業だったのですね。心の熱い方!
今日も空は晴れています。昨夜みたいな鰤起こしの様な雷になりませんように…。

2006/11/16 07:49| URL | るり  [Edit]
うわっ、甘~い! 甘すぎる..
心がトロトロに蕩けそう..

肉体から始まる鋭い快感も捨てがたいですが、
こんな風に心から蕩けるような始まりも素敵ですよね。


2006/11/16 08:25| URL | melto  [Edit]
う~・・・・。
この時間で、もぅ、2コメ??
皆さん、モジモジ(。_。*))) してない?

2006/11/16 10:21| URL | かなみ  [Edit]
このごろ突然の雨が多いですね。
ゆうべはたまたまこの週末に結婚をするおともだちにブーケを届けに行っていて、わたくしは雨を逃れる事ができました。
もう一雨ごとに、寒くなってゆく季節なのですね。

るり様
望月さんがSに豹変した理由があったのですね。
それがわたくしのせいだったなんて・・・想いもしませんでした。
誤解が解けたら、もう優しくなってくださるのでしょうか?

melto様
ふふふ、あまあまですよね。
女性はこういうあまあまなの・・・好きなんです。
男性もこんなお時間が好きだって言っていただけてほっとしております。
この物語は、暑い夏の盛りですが・・・これからの季節こんな時間を過ごせたらと、思ってしまいますね。

かなみ様
もう、2こ目ですか?
こちらを朝の通勤電車の中で、携帯で読まれている方もいらっしゃるので・・・もしかしたらあやしくモジモジしてらっしゃる方もいらしたかもしれませんね。

2006/11/16 11:09| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)