FC2ブログ

夢のかよひ路 58

ガタ・ガタッ・・
床柱を背にした望月さんの動きが伝わってしまったのでしょうか。
竜胆と灯台躑躅の枝が生けられた花瓶が、小さく鳴りました。
玄関も・・床の間も・・・そして化粧室にさえ、生花が生けられてありました。
近頃ではお父様も滅多に使わないと、昨夜まどろみかけたわたくしに望月さんは教えてくださいました。そのことを思えば、この花達はとても贅沢なおもてなしなのです。
が・・・その時のわたくしには、そのおもてなしを楽しむゆとりなど・・・なかったのです。陶器と木のぶつかる音は気になっても、わたくしの意識は眼の前で白い乳房を嬲る望月さんしか見えておりませんでした。

「あぅむ・・ん」
ちゅぱ・・・ 昨日お逢いしてから、何度目でしょう。
望月さんの唇がわたくしの鴇色の先端を啄むのは・・・。
「はぁあぁぁ・・・ん・・」
それでも、望月さんの温かな口唇に愛撫される度に淫らな慄きは身内を走り・・・新たな蜜を湧き出させるのです。
「あぁ・・・」
いつもなら、この濡れた暖かさで・・・快感に導くのはわたくしの役目でした。
口戯に感じて・・・大きな手で黒のロングヘアを鷲掴みにして、頭上から投げかけられる男らしく快感を滲ませた望月さんの声をわたくしはこの度の逢瀬でまだ一度も聞いていませんでした。
Gカップの乳房をねぶられながら・・・わたくしはフェラチオをさせていただいていないことに・・・改めて気付いたのです。
こんなに・・・わたくしばかり・・・・。
「あぁん・・ゆうやぁぁ・・・だめぇぇ・・・」
でも、そんな必要はまったくなかったのです。
目覚めてからいままで・・・望月さんの塊は昂り続け、いまもわたくしの蜜壷の中で更に大きく・・そしてこれでもかとばかりに、突き上げてくるのですから。

「祥子さん キスマークを付けてもいいですか?」
望月さんが先ほどまでねぶっていた乳房を手のひらで支えて・・・わたくしに聞くのです。
それでも、最初はなにを言っているのか・・・わかりませんでした。わたくしの理性は立て続けに敏感になった花びらを抉る快感に・・蕩けきって・・・いたのですから。
かりっ・・・
「あぅっ・・・」
右の乳首を望月さんの前歯が噛む・・のです。
もう甘噛みとは言えないほどの強さの痛みでなければ、わたくしに理性を取り戻させることさえ出来なかったのです。
「もう一度聞きます。キスマークを付けてもいいですか?」
今度は・・彼の言葉は脳裏までしっかりと届きました。
と、同時に・・さきほども同じ質問を繰り返されていたのだ・・・とわかったのです。
「えぇ・・つけ・てぇ・・・」
「いいんですね。」
「ゆうや・の・ぉ・・しるしぃぃ・・・」
きっと胸元の白い肌に・・付けるつもりなのでしょう。
彼がわたくしを1人で抱いた時いつもそこに付ける様に。
他の方が痕を付けたときはその上にもっと濃く・・・ご自分のキスマークで他の方の痕跡を消そうとするかのように付けるのです。
「そうです。祥子さんがたとえ一時だけでも僕だけのものになった証です。」
「あっ・・だめぇ・・・」
それまで顔を伏せていたわたくしの乳房ではなく、望月さんの唇はわたくしの左の首筋に吸い付いたのです。
頸動脈の・・・脈動のするあたりの薄い皮膚に・・・。
「やぁ・・はぁん・・・・」
ちゅぅぅ・・
その唇は首筋を前へと動き・・そのまま胸元へランダムに痕を付けながら下がってゆくのです。
「な・・だめぇ・・・ゆぅ・・やぁぁ・・・」
胸元に吾亦紅を咲かせながら、望月さんは腰の蠢きを止めることはいたしません。一層・・・激しくなさるのです。
困惑と快感と羞恥の狭間で、わたくしは身を捩るしかありませんでした。
左の首筋から左のGカップの乳房の頂きまで。
友禅の附け下げの柄のように左半身に赤い痕跡を点々と付けて、望月さんはようやく顔を上げてくださったのです。

「夏でも真っ白な肌・・・この季節にキスマークがこんなに綺麗に映えるのは、祥子さんくらいなものです。」
望月さんは、まるでご自分が描かれた絵画の出来映えをご覧になるように・・・頭を床柱に預けてわたくしの肩を両手で押しやるのです。
彼の塊を・・・蜜壷に飲み込ませたままで。
わたくしは、望月さんから視姦される恥辱にまた・・一段と彼を締め付けてしまったのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
はじめまして、やってきましたM破門中です。思わず、濃厚な場面に、思わず、熱くなってきました。これからも、よろしくです。リンクはってもよろしいですか?

2006/11/25 16:46| URL | M破門中  [Edit]
M破門中様
ようこそ、お越しくださいました。ありがとうございます。
丁度お話はクライマックスに向っている最高潮のところなんです。お好みに合っておりましたでしょうか?
リンクの件、よろしくお願い致します。
相互リンクは、いましばらくお時間を頂戴できますでしょうか・・・。

2006/11/25 19:13| URL | 祥子  [Edit]
コメントありがとう。

不思議だけど、自分が気持ちよくなりたいより
相手を気持ちよくさせたいという思いが強い時と、
自分が気持ちよくなりたいばかりの時がある。

思う気持ちの強さの違いやろか。

2006/11/25 20:48| URL | eromania  [Edit]
eromania様
どちらかだけ・・・っていう選択肢しかないんでしょうか?
たとえば、男性に口戯でご奉仕をしているとき。
口の中には性感帯なんてないはずなのに、わたくしはとても感じてしまうんです。
男性だけを感じさせる行為ではなくて、一緒に自分も・・・という選択肢。
それって全ての行為にあてはまると思うのです。

ただ1つ例外があるとすれば、精神的に交わっていないときでしょうか。
あまりに虚しくて・・ですからほとんどいたしませんが、身体だけを交わらせている時にそういう想いに至れなくなるときが、わたくしにはございます。

2006/11/25 21:31| URL | 祥子  [Edit]
ありがとうございます。早速リンクしておきます。

2006/11/26 00:05| URL | M破門中  [Edit]
リンクありがとうございました。
こちらからも貼らせていただきました。
よろしくお願い致します。

2006/11/26 08:08| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)