FC2ブログ

夢のかよひ路 59

「やぁ・・・」
「キスマークを付ける度、祥子さんの白い肌を僕が吸い上げるのと同じほど、祥子さんの花びらの奥は僕のを締め付けるんですよ。気付いていましたか?」
「ち・がぁぅ・・のぉ・・」
「いいえ、違いません。首筋の1つは一回目の質問で答えてくれなかったお仕置きでした。でもその後のは・・・あまりの気持ち良さに止めることができなくなっちゃったんです。そろそろ・・・」
「ゃぁあ・・・ぁん」
望月さんの手は、彼に跨がったわたくしの膝を伸ばすように動かします。
太長い彼の塊を蜜壷に飲み込んだままで強制されるこの行為は、片脚を伸ばす毎に一層深く・・・わたくしの奥を責める結果になりました。
「ゆっくり、ですよ。」
わたくしの身体を、後ろにゆっくりと倒してゆきます。
身体を倒すほどに、望月さんのまぁるい傾斜のすべすべとした先端が・・・わたくしの蜜壷の数の子だと言われる壁を強くこすり立てるのです。
身芯を揺さぶられる快感に、わたくしは後頭部から倒れ込む恐怖心を押さえ込まれておりました。
「はぁぅっ・・」
頭がシーツに付き・・背中がエアコンに冷やされた綿の感触に震えたときに、望月さんの塊が抜け落ちてしまったのです。
その瞬間、わたくしはあまりの切なさに・・・はしたない声を上げてしまったのです。
身体の他の部分は・・・たとえば彼の腕はわたくしをこれほどしっかりと抱きとめてくれているのに、まるでただひとり・・決して1人ではたどり着くことのできない愉悦の海に放り出されたような気さえしたのです。

目覚めてから、何度も・・・彼が先に逝ってしまうかと思いました。
なのに、いつもわたくしだけが押し上げられ淫楽の波間を1人漂わされていたのです。
もう・・・限界でした。
幾度もの絶頂はわたくしの身体に緊張を強い続け、もうその状態に駆け上がることさえ・・辛くなっておりました。
「白いシーツの上で、キスマークがとっても綺麗ですよ。祥子さん」
「あぁ・・ん・・・ゆうやぁ・・」
「なんですか?はっきり言ってください。」
わかっているはずなのに・・・なんで・・こんなにいじわるを言うのかしら?
「ねぇ・・・」
「無言のおねだりは聞きません。ちゃんとお願いしてください。」
「おねがい・・・いかせて・・ わたくし・・で・いって・・・」
切れ切れに、わたくしはそれだけを口にいたしました。
それ以上は・・とても・・・たったこれだけの言葉の狭間さえ、それまでの快感のせいで息が弾んでいたのですから。
それに・・・わたくしの花びらは、これだけの言葉を口にする間も彼の塊を求めてはしたなく愛液をしたたらせていたのです。
「わかりました。」
「あうっ・・・」
望月さんは昂ったままの塊を、蜜に塗れ玄関に飾ってあった山百合のめしべよりも紅く染まった花びらに突き立てたのです。
「あぁ・・ぁあああ・・ぁあぃぃぃ・・ぁ」
その後には言葉はありませんでした。
ただ彼の塊だけがわたくしを蹂躙しつくしたのです。
ひと突きごとに揺れる彼のキスマークに彩られた乳房を・・・寄せる眉根を・・・悦楽の涙を一筋流すわたくしの眦を・・・望月さんはただ無言で視姦しつづけ・愛し続けたのです。
「ちょうだい・・・ゆぅぅ・・やぁぁ・・・」
「まっし・ろぉ・・・にぃぃぃ・・・してぇぇぇ・・・・」
「あぁ・・ゆぅやの・・いぃぃ・・のぉぉ・・・」
「せいぃぇ・・きぃぃ・・ちょ・・ぉぉだぁぁぁああ・・・・ぃぃ・・・」
「いくぅぅ・・のぉぉぉ・・・・」
「ゆぅぅ・・・やぁぁ・・・・」
「いっちゃぁ・・・うぅぅぅ・・」
「ひ・いい・・いいぃぃのぉぉ・・・あぁ・・ゆぅやぁぁ・・・・いぃぃ・・・い・っち・・ゃぅぅぅ」
「逝って!祥子さん!!」
「い・・・・・・くぅぅぅぅ・・・・」
「あっ! くっ!!」

haikari_061116_kayoimichi.jpg

喉元まで迫り上がるかと思うほどの突き上げの果てに、望月さんはわたくしの中に・・・熱い迸りを・・・くださったのです。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
ご訪問いただきありがとうございました!
ジャズやクラシックなどが静かに流れる喫茶店での読書は僕も大好きです。
そんな祥子さんのいけない妄想に興奮しました^^;
またゆっくり読ませていただきますね!
また、勝手ながらリンクをはらせていただきました。よろしければ相互リンクをご検討いただけると幸いです。

2006/11/26 11:14| URL | ゆうき  [Edit]
最後の「せいえきちょうだい」に、はまりました。ああ、すっばらしい。
あっ、それから、リンクありがとうございました。

2006/11/26 11:47| URL | M破門中  [Edit]
共に果てる熱情が伝わってきます。
それをテキスト最後の2行が冷ます感じがします。

お見事です!

2006/11/26 17:16| URL | eromania  [Edit]
お風呂の中で、そして翌朝また・・・望月さんの若さもさるものながら、祥子さんの淫らさといったら・・・
完全に我をなくしてしまっていましたね。
望月さんに完全に囚われてしまったようです。
何か約束したのを覚えていますか。本当に、これからは朴先生以外には触れさせないのですか。
大丈夫でしょうか。

2006/11/26 19:48| URL | masterblue  [Edit]
先ほどから降り始めた雨は、どうも冷たい雨の様ですね。
皆様はもうあたたかいお部屋にいらっしゃるのでしょうか?
濡れたりなさらないでくださいね。

ゆうき様
はじめまして。ようこそお越しくださいました。
それにリンクをいただきありがとうございます。
官能小説は、ゆうき様のマッサージと同じで<心と頭>で感じるものなんです。本能だけではない、大人の楽しみをご一緒できたらいいですね。
相互リンクの件、もうしばらくお時間をください。
これからもよろしくお願いいたします。

M破門中様
ふふふ・・・M破門中様はこんなおねだりよりも、もっと命令口調の方がお好みなのかと思っておりました。
楽しんで頂けて何よりです。

eromania様
恐れ入ります。
男性の方と一緒に駆け上がるときのあの一瞬は、これ以上の言葉では表せませんでした。感じ取っていただけてとても嬉しいです。

masterblue様
そんなふうにおっしゃったら恥ずかしいです。
ハリとマッサージの治療は・・・朴先生でないと、だめなんです。ですから他の方にはしていただきません。それは、望月さんにも皆様にもお約束できますわ。

2006/11/26 22:26| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)