FC2ブログ

外伝2/レンジローバーの帰り道 4

エンジンを掛けたままにしていた車は、あたたかだった。
羽織ることもしなかったコートも荷物と一緒に積む。
「鍵をかけてくる。助手席は俺が座るからな。」
別荘の扉に向かった石塚さんを置いて、私は美貴とリアシートに収まる。
「門外に車を出してくれ。」
「はい。」
運転席からは、少し明るい声の結城くんの返事がした。バックから玄関先に入れていたレンジローバーを、別荘の敷地外へと出す。

ガチャン・・・門扉の鍵を掛ける音がした。
「寒いな・・」 
バッン・・・ 石塚さんが肩をすくめるように助手席に乗り込んだ。
「祥子さんのいないここには用はない。さっさと東京に戻ろう。」
「まったく、身勝手ですね。」
美貴が呆れた様に口を開いた。石塚さんが車内に来て、なんとなく結城くんの持つ張りつめた空気が緩んだ感じがあったからだろう。
「出します。」
結城くんの口から、往年のロボットアニメを彷彿とさせるような台詞が出る。
ララー・スン少尉だっけ・・・。はは、こんなこと言おうもんならまた山崎はおたくだと美貴にバカにされそうだ。
「ああ、頼むよ。」
まるで自分の部下みたいに、石塚さんが答える。
スタッドレスが上がりはじめた気温に緩んだ氷の道を軋みながら動き始めた。

よかった、<祥子さん>はいないんだ。往きみたいな、あんないやらしいこと・・・起きないんだ。よかった。
「ホテルのお正月は満喫できたかな?」
3日間。こんな場所まで連れて来ていながら、ほとんど結城くんのことはひとりぼっちで放置しておいたようなものだ。
往きだって、私達は運転席の後ろにカーテンを閉めてリアシートに祥子さんと閉じこもっていたようなものだった。いくら仕事とはいえ、彼女も淋しかっただろう。
「はい。いいお部屋をご用意いただいて、ありがとうございました。」
「スキーは得意なんだろう。長野の出身だっけ?」
「はい。茅野です。得意というほどではないですが、一応滑れます。」
「あそこのゲレンデは面白かったでしょう。雪国育ちなら少し距離が短くて物足りなかったかな?」
石塚さんだけでなく、美貴までもが彼女に気を遣ってくれていた。
「そんなことは、ないです。表万座までのシャトルバスも出ていたので、あちらでも滑らせてもらいました。」
「そうか。表万座の斜面はスピードが乗るからな。腕があるなら楽しかったろう。ナンパはされなかったのか?」
ああ、よかった。彼女なりに楽しんでくれていたんだ。
と、思った途端に・・・不埒な質問は、勿論石塚さんだ。
「そんなこと・・ないです。」
「ほんとうにそうか?せっかくどんな男を連れ込んでも困らない様にダブルの部屋にしといたんだぞ。」
「えっ・・」
結城くんが固まる。一瞬バックミラーの彼女が私に助けを求める視線を投げたような気がした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
あまりセクシャルなお話じゃなくて・・・
いつも<淑やかな彩>を可愛がってくださってありがとうございます。
いま連載中のスピンオフ物語「レンジローバーの帰り道」いかがでしょうか?
あまりセクシャルなお話じゃなくてがっかり・・・とおっしゃる方は、<shinobi淑やかな彩>にお越しになってみてください。http://syouko8138.blog.shinobi.jp/
いずれはこちらでも加筆訂正してアップする<黒衣の情人>を連載しています。

もちろん、こちらのしっとりとした帰り道のお話にももう少しお付き合い頂けたらと思います。
これからもよろしくお願い致します。


2006/12/01 19:18| URL | 祥子  [Edit]
気持ちが揺れ動く様を楽しむという手もあります。
過激なだけが官能ではないように…。

「shinobi淑やかな彩」も拝見しました。


PS:祥子さんの才能は眠らないのですか(笑)。


2006/12/01 22:23| URL | eromania  [Edit]
eromania様
想い出にも、表情にも、声音にも、エロスは存在するとわたくしも思っております。
深い夢から醒めたあとの、印象深いシーンだけを覚えている・・・そんな帰り道を綴ってみたいと思ったのが、このスピンオフ物語のきっかけでした。

shinobiでいま連載している物語は、いずれパワーアップしてこちらでも連載致します♪
微妙な変化もお楽しみいただければ幸いです。
(才能・・・なんてありません(笑)。ただ、思うまま綴らせていただいたいるだけです♪)

2006/12/01 23:32| URL | 祥子  [Edit]
あまりにもヌケヌケとした、石塚さんの質問。
質問されて戸惑っていたはずの青年(私)も、いつか質問して反応を愉しむおっさんになってしまいました。^^;
初々しくぎこちない、彼女の言動。
忘れかけたものを思い出して、ハッとさせられます。

>想い出にも、表情にも、声音にも、エロスは存在する
そう。
行為だけがすべてではありませんね。
かすかな名残りにすら、すべてをよぎらせる瞬間もあるでしょうから。
こうしたものにエロスが存在しないとするのなら。
私んとこなんか、エロでもなんでもなくなっちゃいますね・・・
え?貴方のところはえろでもなんでもないでしょうって?
よかった。(笑)

2006/12/10 10:00| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
普段はあんなに紳士なのに・・・そんないけない質問をして若いお嬢さんを困らせているんですね。
いけない人♪
エロスを何に感じるかは・・・人それぞれなのでしょうね。
こんな風になににでも感じていただけるなんて、わたくしは女冥利に尽きますわ。

2006/12/11 00:59| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)