FC2ブログ

外伝2/レンジローバーの帰り道 6

車内の音楽は、助手席に乗り込んだ石さんがカチャカチャと操作をして、クイーンのグレイテスト・ヒッツのナンバーに変わっている。勢いのある曲調は結城くんのドライビングにはぴったりだった。
往きに掛かっていたジャズだったら、私の左にいた祥子さんの太ももの感触を思い出してしまっただろう。
「いまは、どのあたりかな?」
「もう、関越は走っているだろう。高坂あたりかもな。」
だれも主語を口にしないが、祥子さんの乗ったセルシオのことだ。
「だとしたら望月くんは相当飛ばしてるね。」
「たぶん、ね。せっかく祥子さんとふたりきりのドライブなのに、どこかのSAで僕たちに追いつかれちゃ台無しだからね。」
「たしかになぁ。もし、セルシオに追いついたらあっちの車に絶対移っちゃうもんな。」
「石塚さん。」
この人は、美貴と私の3人でいるときは本当に素のままだ。あまりに明け透けな言葉に結城くんが気を悪くするんじゃないかと気になって嗜めるように名前を呼んでしまった。
「ああ、運転手のせいじゃないから気にしないでくれ、な。」
ポン、と結城くんの肩を叩く。
「はぁ。」
結城くんの返事に先ほどまでの明るさがない。そんなに、望月くんと比較されることを彼女は意識してるんだろうか。

「だめです。あの車は僕のものですからね。往きだって、二人に祥子さんを譲ったんです。さんざん堪能したんでしょう、2人して祥子さんのこと。SAでセルシオを捕まえることが出来たら今度は僕が祥子さんと帰る番です。」
「もう、美貴まで。」
「山崎だって本音はそうだろう。昨日一晩英気を養ったんだ。祥子さんと二人きりになれるチャンスを逃す訳ないだろ。」
「そりゃ、そうですけど。」
望月くんに祥子さんを委ねている間、彼の胸に甘える彼女を想像するだけで・・・あんなに彼女に吐出したあとだというのに・・・私は幾度も軽く昂った。さすがに石塚さんと同室だったから、自慰することまではしなかったがここに祥子さんがいれば誰にも渡したくないというのが本音だ。
「やっぱり、望月くん1人をセルシオで帰らせて、この車でみんなで帰れば良かったんだよ。」
「リアシートに4人は座れませんよ。」
「いいさ、祥子さんがそこにいて彼女の香りの空気が吸えるだけで幸せだからな、俺は。」
まぜっかえす美貴に、石塚さんが真面目な風を装って切り返す。
「ははは・・・ま、紳士的でいられるのも我慢できなくなるまでだけどな。いざとなれば、そこいらのホテルに入ってもらえばいいだけだしな。」

クッ・・・ ブレーキが踏まれる。
いつもみたいに仕事帰りの夜の車の中でお酒が入ってから交わされる猥談とは違う。普段なら結城くんの前では紳士的でいてくれるこの二人も、まだ祥子さんの余韻に酔っているのだろう、セックスを露に感じさせる会話が結城くんをびっくりさせてしまったのかと思った。
が、どうやら関越道に合流して間もなく渋滞につかまったらしい。
年始のこの時期・・・しかたないことだろう。
「この先で事故渋滞のようです。一度上里のSAで休憩してもいいでしょうか?」
「ああ、任せるよ。君も昼食が取りたいだろうからね、上里で停まろう。いいだろう?」
結城くんの提案に、石塚さんも美貴も首を縦に振った。
ウインカーを左に上げて、結城くんは混雑している上里SAに車を入れた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
往きのときは、背後での濃密な痴儀を聞かされ、帰りには男三人の祥子さんへの賛辞を聞かされる。
結城さんの気持ちがいかばかりか。

密かに思う人も混じってのこういう会話は、官能の経験がない彼女にとって、ないからこそ、さぞ辛いことでしょう。




2006/12/03 08:05| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
そうですね。この帰り道がなかったら、結城さんがお誕生日に想いの丈を山崎専務に告白するということはなかったのだと思います。(外伝/女性運転手 結城)
これからタワーホテルの中華へ到着するまでの時間。
三人は結城さんの存在を意識しながらも、まだまだ会話はエスカレートしてゆきます。
これはもしかしたら・・・結城さんに対する、一種の精神的な責めになってしまうのかもしれないですね。

2006/12/03 09:04| URL | 祥子  [Edit]
なんだか切ない・・・
お誕生日のプレゼントに何がいいかって聞かれて・・・「だいて  ください」と言った結城さん。
精神的な責めは想像以上に辛いものだと・・・・・。


2006/12/03 10:13| URL | 桜草  [Edit]
祥子さんの去った後のお話・・・舞台裏を見てるようで楽しいです・・・・でも・・・やっぱり結城さんが切ないです・・
なんか・・・この外伝で一歩でも思いに近づいてほしいなっ・・って思う悪夢でした・・・・(ノ△・。)

2006/12/03 20:37| URL | 悪夢☆  [Edit]
切なくて・残酷なお話です
桜草様
たとえば、責めていると自覚しての<責め>には手加減があります。
でも、責めている側に自覚がない場合は、際限ない責めにもなるのです。
結城さんだけが一方的に感じてしまう<責め>は、いったいどこまで続くのでしょう。

悪夢様
おっしゃる通りに、舞台裏です。
まだ山崎さんは結城さんの気持ちには全然気づいていない時のお話です。ですから2人の気持ちが歩み寄ることはないのですが・・・いままで知らなかった山崎専務のことを結城さんが知ることにはなるのです。
知って・・・楽になれるかどうかはわかりません。
知ったことで、より苦しくなるかもしれません。

2006/12/03 23:30| URL | 祥子  [Edit]
無自覚ほど、ひとを傷つけるものはないですね。
紳士たちも、きっと・・・あれほどのツアーの帰り道、不覚にも気持ちが弛んでいて・・・女としての結城運転手のことが目に入らなかったのでしょう。
プレイとしての責めには、責める側・責められる側の快楽がありますが。
これはそうした愛の交歓とは、次元のちがうものですね。

そういえば昔のこと。
しかるべき女性のまえでは、他の女性の話などするものではないのだよ。
ある年配者のかたが、いつになく厳しい口調でそう訓えてくれたことがありました。
あれは・・・帝王学だったのですね。

2006/12/10 10:11| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
コメントへの御返事が遅くなって申し訳ございません。

そうですね・・・残念ながら、この3人にとって結城さんは<しかるべき女性>ではないのですね。
もしかしたら<女性>としてさえ意識してないのかもしれない・・・女であることをからかう口調でお話しても。
これはそんな無意識が生む切ないお話なんです。

2006/12/12 00:20| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)