FC2ブログ

外伝2/レンジローバーの帰り道 8

「他言無用ですよ。」
祥子さんから、約束を守らない男だとは思われたくなかった。美貴にはきちんと口止めしておかなくてはならない。
「わかってるよ。望月にも内緒にするさ。それならいいだろう。」
「ほら、これだよ。」
私が頷いたのを確認して、石塚さんはご自分の携帯を美貴に差し出した。
2インチの小さな画面には、黒革のロングブーツにパンティストッキングを直履きしてシャドーフォックスのコートを羽織っただけの祥子さんと石塚さんが寄り添って映っているはずだ。
「また、記念写真ですか?」
一見は、美貴と別れてホテルを出たときの彼女の姿と何も変わらない。ただ、良く見るとコートの襟元から覗くはずのインナーは祥子さんの白い・・・Gカップの乳房へつづく素肌に変わり、コートからほんの少し出ているはずのスカートの裾が全く見えてはいないのだから。
そして一番の特徴は、祥子さんの羞恥に染まった匂い立つような表情と、不自然に掻き寄せられた、コートの前・・・なのがわかるはずだ。
「ただの記念写真じゃない。なぁ、山崎。」
「ええ、そうですね。」
「これを見ればわかるな。」
美貴の手元から携帯を受け取り2・3キーを操作する。
そうして渡した写真は、私があえて1枚だけ撮ったこの時の祥子さんの表情のアップに違いない。

Fur02.jpg

「なにをしたんですか?」
美貴の声が少しだけ上ずった。気付いたらしい。
あのアップの写真は、私が外した毛皮のコートのスナップのせいで祥子さんの胸の谷間が少し見えているはずだから。
「わかったか。」
「ここは、どこなんです?」
「甘楽のパーキングエリアだよ。」
「そんなところで、もう祥子さんに・・・。」
お待たせいたしました 珈琲を届けてくれたウエイトレスを気にして美貴は言葉を切った。
その表情には、その場に居られなかった悔しさと写真の祥子さんの表情に掻き立てられた淫情がただよっていた。きっと、ホテルのメインダイニングで美貴の携帯に閉じ込められた赤い長襦袢の祥子さんの写真を見せられたときの私も、同じような表情をしていたことだろう。

石塚さんは気が済んだのだろうか。
届けられた珈琲を飲んでちょっと顔を顰めた。
「望月くんといると、舌が肥えてこまる。」
「旨いでしょう、望月の煎れる珈琲は。」
「ああ、望月くんが女で祥子さんに出逢ってなかったら、間違いなく女房にしたいタイプだな。」
「よかったです。望月が女性秘書じゃなくて。石塚さんの毒牙にかからなくて済む。あんな優秀な秘書はなかなかいないんですから、手を出さないでくださいよ。」
「美貴が羨ましいよ。でも、そろそろなんだろう、望月くんに会社の1つも任せるのは。」
美貴がただ、望月くんを都合のいい優秀な秘書として使っている訳ではないことを私と石塚さんだけは聞かされていた。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
早速のリンク有難うございます
祥子さんのブログを覗くようになって、3日ほどたちますが、女性描写は本当に参考になります。
 ちなみに、リンクを貼っていただいて本当に有難うございます。さらに過激になる様相を呈していますので、ご不快の際にはさっさとリンクを外してくださって結構です。
 ただ、祥子さんのブログを覗きにくることだけは許してくださいね。今後の展開を楽しみにしております。

2006/12/05 10:24| URL | missjenny  [Edit]
missjenny様
恐れ入ります。
リンクさせていただいている他の方達の中にはmissjenny様以上に過激な表現をなさっているところもございます。よほどのことがない限りリンクを外すということはないと思いますのでご安心になってください。
今後ともぜひ宜しくお願いします。
お運びいただければうれしいですわ♪

2006/12/05 17:37| URL | 祥子  [Edit]
物書きネット

support@monokaki.net

はじめまして  

あなたの作品をぜひうちのサイトで発表してくださいませんか。誰もが気軽に作品を無料で発表したり、販売することができるサイトを12/1よりオープンしました。

作品を販売していただく場合の印税は書籍価格の80%で、どのオンライン出版社よりも有利な条件となっています。もちろん無料でご利用いただけますので、どうぞ一度お越しいた
だき、ご参加をご検討くださいますようお願いいたします。詳細は「物書きネット」を検索ください。

http://monokaki.net/

ご訪問をお待ちしております。


2006/12/05 20:40| URL | 物書きネット  [Edit]
物書きネット様
ご丁寧なお声掛けありがとうございました。
お目にとめて頂いて、幸いでございます。
後ほど、貴HPを伺わせていただいて詳細をお聞きしたいと思います。
これからもよろしくお願い申し上げます。

2006/12/06 00:08| URL | 祥子  [Edit]
こらこら・・・・
 楽しいのは分かりますが・・・
本人のいないところで何してるんですか。
もう、困った人たちですねぇ。


2006/12/06 05:33| URL | さやか  [Edit]
さやか様
そうです。この方達のこと怒ってください。
でも、きっとご一緒にいたら・・・もっと酷いことされていたような気がします。
このころ、わたくしは本当に高坂SAでゴールデンレトリバーと戯れる望月さんとご一緒だったわけですから♪
これくらいの悪戯は・・・大目にみてあげるしかないですね。
(美貴さんに見せた写真がこれで、ほっとしました。もっとあられもないものも・・・あった訳ですから。)

2006/12/06 07:12| URL | 祥子  [Edit]
甘楽のワン・シーン。
本編のなかでももっとも印象深いもののひとつでした。^^
旅の帰りは観光写真で思い出を反芻・・・(違)
いけないですね。あまりはしゃいでは・・・
さやかさんに叱られてしまいます。^^;

2006/12/10 10:21| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
ある意味正しい写真の使い方をなさってますわね、この方達は(笑)。
それでも、ちゃんと出し惜しみをする。
男性でもそうなのですね♪

2006/12/12 00:26| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)